ピクシブ百科事典

アイズ・ドーパント

あいずどーぱんと

アイズ・ドーパントとは、Vシネマ「仮面ライダーエターナル」に登場するドーパントである。
目次[非表示]

※ネタバレを含むため、閲覧には注意

概要

世界各国から誘拐した超能力者をクオークスと呼ばれる兵士に育成する施設「ビレッジ」の管理者ドクター・プロスペクトがアイズメモリを咽喉に挿して変身したドーパント
眼が強化され、優れた動体視力で敵の動きを先読み出来る。攻撃時は光線を発射できる2つの異なる色をした眼球を出現させて攻撃する。複数の眼球を出現させて対象の額に張り付けてお互いを監視したり、ビレッジの外部に出た対象者を殺害する事も出来る。
しかしその能力のために眼が疲れ易く、頻繁に眼薬を差す必要がある。

自分に反旗を翻しビレッジを脱出しようとしたミーナやクオークス候補者達を皆殺しにするが(ミーナだけは奇跡的に生還)、このことで大道克己の人格を変貌させてしまい、仮面ライダーエターナルとの戦いの末エターナルレクイエムによってメモリブレイクされ、プロスペクトは直後に死亡している。死亡した理由については、エターナルレクイエムの性質上変身解除されながら強烈なダメージを受けたためと思われる。

外見

「アイズ」を冠する名前なのに顔面には眼球の意匠は見られないが、これはデザイナーによる逆転の発想である。
前作「仮面ライダーアクセル」に登場したコマンダー・ドーパントのデザインが地味だったため、派手なカラーリングがされている。

派生作品

天下分け目の戦国MOVIE大合戦』では武神鎧武軍の怪人として登場。大阪城と思しき城に住まうヒデヨシ照井竜に激似)を襲撃するが、駆け付けた武神ダブルサイクロンジョーカーエクストリームに倒されてしまった。
しかしこいつ含む4との戦いで消耗した武神ダブルはウツボカズラ怪人にすぐに吸収されてしまったため、捨て石として見れば(そもそも武神鎧武軍の怪人は神木そのものを破壊しない限りいくらでも量産される)役に立ったということになる。

備考

『W』シリーズにおいて、風都以外の場所(東南アジア?)で活動した唯一のドーパントである。
声と人間態を演じた春田純一氏は仮面ライダー剣でも眼に関する能力を持った怪人を演じている。

関連タグ

仮面ライダーW 仮面ライダーエターナル 大道克己 NEVER(仮面ライダーW)
ドーパント 加頭順

pixivに投稿された作品 pixivで「アイズ・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4796

コメント