ピクシブ百科事典

手の目

てのめ

手のひらに目がある妖怪。鳥山石燕の画集『画図百鬼夜行』に描かれている。
目次[非表示]

概要

その名の通り、手のひらに目がある妖怪。『画図百鬼夜行』では両手に目のある座頭の姿で描かれている。強盗に殺され、恨みを残した盲人が化けたと言われている。

石燕の創作妖怪だとされているが、江戸時代の怪談集『諸国百物語』には、墓場へ肝試しに行った男が手の平に目玉のある老人の化け物に襲われ、近くの寺に匿ってもらったが、結局は追いかけてきた化け物に食い殺されてしまったという話が残されている。

高橋葉介の漫画『夢幻紳士』とそのスピンオフ作品『もののけ草紙』には主要人物として登場する。

関連イラスト

手の目



関連タグ

妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「手の目」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165003

コメント