ピクシブ百科事典

百々目鬼

どどめきもしくはどうめき

日本に伝わる妖怪の一種。
目次[非表示]

概要

日本の妖怪
伝承により姿は様々だが、その漢字が表す通り全身に百(無数の意)の目を持つのが特徴的であり、鳥羽石燕の『今昔画図続百鬼』を始めとして、多くは以下のように伝えられている。

百々目鬼は元々人間の女性だった。しかしながら、生まれつき手癖が悪く、金と見るや盗みを働いてしまうどうしようもない人間だった。ある日彼女はその腕に無数の目が生えていることに気が付き、身体を見渡すと、そこらじゅうに眼球が埋め込まれていた。彼女の盗んだ金に宿る精霊たちが、目玉となって彼女の身体を蝕み、人間から化け物へと変えてしまったのである。

栃木県宇都宮市には、百目鬼が退治された場所として「百目鬼」という地名が残る。そして、この百日鬼が百々目鬼の由来になったという説もある。

創作ではキモい妖怪の筆頭として挙げられる事が多く、石燕の図では顔が見えないものの美女の姿で描かれることが多い。

とくに害を為さないが、目玉の一つが空中を追いかけてきて驚かすという伝承もある。

百頭と呼ばれる似たような特徴を持つ怪魚も伝わっている。

創作における百々目鬼

ゲゲゲの鬼太郎

鬼太郎とひとみさん。


ぬっぺふほふのような身体を持つ「百目」とは別の妖怪として登場。
第5期では第8話に人間から変化したばかりの新米百々目鬼「ひとみ」が登場する。

妖怪ウォッチ2

百々目鬼ちゃん


百々目鬼(妖怪ウォッチ)を参照。

無双OROCHIシリーズ

CV 岡本寛志 武器 籠手

無双OROCHI魔王再臨で追加された遠呂智軍の固有グラフィック持ちの一般武将。
モーションは風魔小太郎のものを元としているが、細部が異なっている。
ただし、PCとして使う時には百々目鬼だが一般武将としての登場は百々目鬼タイプの一般武将という扱いである。
ちなみに、このタイプの一般武将の一人(?)だった渾沌無双OROCHI2袁紹をよいしょしたほか、拡張版の無双OROCHI2ultimateでは完全別グラフィックの無双武将に昇格した。

荒神

宮部みゆきによる原作では「目がない」ことが一つの特徴だったが、テレビドラマ版ではワニやオオサンショウウオを百々目鬼風にしたような容姿であった。

女神転生シリーズ

初出は日本の妖怪が多く登場した『デビルサマナー』。種族は”鬼女”で腰から下を布で隠した、体中に目玉がある女悪魔である。

地獄先生ぬ~べ~

才女であると期待されていた6年生の篠崎愛の体に目玉ができる怪現象が起きるのだが…

関連項目

目目連 百目 
蓮コラ

pixivに投稿された作品 pixivで「百々目鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92792

コメント