2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仏教説話に登場する、百の禽獣の頭を持つ怪魚。別名「百頭魚」とも呼ばれる。
かつてはカピラという名の優秀なバラモンであったが、経典の読み間違いをする僧たちに対し「猿頭」「馬頭」などと罵倒を繰り返していた。
その前世の業(カルマ)のために輪廻転生したのがこの魚だといわれる。
釈迦が立ち寄った漁村で漁師によって引上げられ、寿命が尽きる前に自身の罪を語り、安らかに息を引き取ったといわれる。

百頭


カピラとは、同名であるバラモン教サーンキャ学派の開祖であるとの説もある。

創作での扱い

百の頭を描写するのが大変なため、そのままの姿ではあまり登場しない。
ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「幻獣辞典」でも紹介されている。

水木しげる作品

『幻獣辞典』や『妖鬼化(むじゃら)』に繊細なタッチで描かれたイラストと解説が掲載。

サンサーラ・ナーガ

インド神話風の世界が舞台のロールプレイングゲーム。カピラという名の深海魚のようなモンスターとして登場した。特殊攻撃として頭の発光器官の点灯で眠らせてくる。食料にもなり食べると知恵が上がった。なお監修の押井守作品では魚はロゴスの象徴であるという。

カピラがあらわれた!
カピラにであってしまった!


その他の百頭

関連タグ

幻獣 妖怪 怪魚 多頭
仏教 バラモン 輪廻転生 
ゴータマ・シッダールタ/ゴータマ・シッタールダ/釈迦

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1936

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました