ピクシブ百科事典

千手観音

せんじゅかんのん

千手観音とは、観世音菩薩の変化身のひとつとされる菩薩。合掌する腕以外に四十臂もの腕を持ち、一臂で二十五の世界の衆生を救うとされる。
目次[非表示]

千手観音とは、仏教菩薩の一尊である。

概要

梵名を「サハスラブジャ・アーリア・アヴァローキテーシュヴァラ(सहस्रभुजआर्यावलोकितेश्वर sahasrabhuja ārya avalokitezvara])という。「千の手の聖なる観自在菩薩」という意味。別名に「十一面千手観音」「千手千眼観音」「千臂千眼観音」などがある。

観世音菩薩の変化身の一つとされ、一切の世界の衆生を漏らさず救済しようという観音菩薩の大きく深い慈悲の心が反映された姿とされる。

六観音(七観音)の一尊とされ、六道のうち餓鬼道に対応する。
また干支のの守護仏尊ともされる。
梵字は「キリーク」。

千手観音に言及した密教経典『千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼經』に収録された「大悲心陀羅尼」は禅宗でも広く唱えられている。この陀羅尼は青頸観音という別の変化身に関する陀羅尼が取り込まれたものと言われている。

語源

「千の手」を意味する異名はインド神話における高位の神も持っている。
例えば『スカンダ・プラーナ(Skanda Purana)』の「Avantya Khanda」という巻に列挙されたヴィシュヌの千の名には「千の手」という意味の「Sahasra baahuh」がある。そのすぐ手前には「千眼」に対応する神名(Sahasraaksha、Sahasravadanojjwala)の記載もある。
シヴァは神話において、ダクシャが彼にかけた侮辱に抗議して妻サティーが抗議の自殺をしたのをうけ、ヴィーラバドラ(Veerabhadra)という千の腕を持つ荒ぶる分身を生み出している。『バーガヴァタ・プラーナ』ではこのエピソードにおいてこの分身を「ルドラ」と呼んでおり、シヴァ自身の別の相ともとれる。
カーリーも「サハスラブジャ・カーリー(Sahasrabhuja Kaali)」という別名を持つ。『ラーマーヤナ』のヴァリアント『アドブタ・ラーマーヤナ(Adbhuta Ramayana)』では千の腕を持つカーリーが登場し、ラーヴァナと戦う。

腕の数

『千手』とは言うが、作像・描写される場合、腕の数は三昧蘇嚩羅訳『千光眼観自在菩薩秘密法経』等で指定された42臂であることが多い。
これは胸前の合掌する両腕以外の40の腕が一臂に付き25の世界の衆生を救うからであるとされ、25×40=1000の世界を救うという意味から『千手』と呼ばれている。またこの千手のにはが存在し、その目を以って千の世界を見渡し苦しむ衆生を見つけ出して救い取るとされている。
密教においては「蓮華王」と呼ばれ、観音菩薩の変化身の中でも最も徳の高い姿であるとしている。

『千光眼観自在菩薩秘密法経』等では合掌する二手のほか、同じく何も持たない一手でむすばれる印相、三十八の持物について解説されている。持物の中には武器も存在する。が、千手でなくとも四十二本の腕と三十八の持物を仏像や仏画で再現するのはまさに職人技の世界であり、一般人がそうそう作れるものではない。職人に発注するにせよ、完全再現しようとすれば費用がかさむことになる。そのため石仏などにおいて腕の数を減らしたり、描写・造型する持物の数を絞り、残りを無手にする例がみられる。

なお、奈良県の平城京で唯一当時から現存している建造物である唐招提寺にある千手観音は本当に千本腕として建造された。ただし現在ではいくつかが欠損してしまっている。

持物

伽梵達摩訳『千手千眼觀世音菩薩廣大圓滿無礙大悲心陀羅尼經』の終盤部分で千手観音の持物、印相、特徴が説かれている。記載順通りに書くなら以下の通り。

記載順持物(漢訳での表記)特徴
1如意珠あらゆる願いを叶えるとされる如意宝珠(チンターマニ)。
2羂索不空羂索観音不動明王も持つロープ。投げ縄。
3寶鉢へそのところで掌を上向きに重ねた両手で持たれる托鉢用の
4寶劍金剛杵(三鈷杵)のような持ち手の直剣。三鈷剣。
5跋折羅ヴァジュラ、金剛杵の意だが、こちらは三鈷杵として表現される
6金剛杵意味としては跋折羅と同じだが、こちらは独鈷杵として表現される
-施無畏手何も持たない手で印相の一つ「施無畏印」をつくる
7日精摩尼太陽の宝珠。『千光眼観自在菩薩秘密法経』では「日輪」
8月精摩尼の宝珠。『千光眼観自在菩薩秘密法経』では「浄月輪」
9寶弓
10寶箭
11楊枝の枝
12白拂払子。といったを殺さず(不殺生)に追い払うための道具。大量の長い毛を束ねて柄をつけたもの。
13胡瓶ペルシャ風の水瓶
14旁牌ぼうはい。置き石弩を使う兵士が用いた設置式の盾
15斧鉞手斧、まさかり
16玉環玉(宝石)の輪
17白蓮華白い蓮華。
18清蓮華青蓮華とも。
19寶鏡
20紫蓮華紫の蓮華。
21寶篋小さな
22五色雲吉兆とみなされる虹色、五色の雲。仏菩薩はこれに乗って現世に降臨する。
23軍遲軍持。サンスクリット語の「グンディ」の音訳。インド風の注口つきの水瓶。
24紅蓮華赤い蓮華
25寶戟訳文であてられた「」とは中国の槍状武器。絵や像においては三叉戟の形で表現され、インド側のトリシューラとフォルムが似ている。
26寶螺ヴィシュヌも持物とする、法螺貝を加工した楽器。
27髑髏杖先端に髑髏のついた杖。髑髏単体が持物になっている例もある。
28數珠数珠
29寶鐸堂や塔の軒下などに吊される大型の風鈴
30寶印仏教寺院で用いられるハンコ。梵字や真言、仏教のシンボル等が彫り込まれる。
31倶尸鐵鉤宝鉤。先端に鉤がある武器。一言に宝鉤といっても形態の幅が広い。
32錫杖仏僧、修行者が持ち歩く錫杖。地蔵菩薩も持つ杖。
-合掌祈りや同等・目上の相手との挨拶の際に両の掌をあわせるポーズ。
33化佛仏の姿。仏像や仏画においては手に乗るサイズの仏像、という塩梅でデザインされる。
34化宮殿浄土にある宮殿。仏像や仏画においては手乗りのミニチュアという塩梅でデザインされる。
35寶經お経。巻物タイプか折り本タイプかは作例によって異なる。
36不退金輪宝輪とも。不退とはいちど得た悟り境地を失わない事を意味する。
37頂上化佛もう一つの化仏。観音および諸変化身は顔の頂上に阿弥陀仏の姿を戴く。
38蒲萄ひと房のぶどう。インドにはインダス文明の時代にペルシャを介してブドウが伝来している。

配置

『千手千眼觀世音菩薩廣大圓滿無礙大悲心陀羅尼經』には胴体から見てどちら側に持物を配置するかの記述はないが、『千光眼観自在菩薩秘密法経』ではそれぞれに左右どちら側の手に持つかの記載がある。
その箇所の漢訳の文は以下の通り。

左定持日輪 右惠淨月輪
左理持宮殿 右智五色雲
左定執戟鞘 右惠持錫杖
左理羂索形 右智寶劍手
左定寶弓形 右惠寶箭形
左理紅蓮華 右智紫蓮華
左定白蓮華 右惠青蓮華
左理軍持瓶 右智執胡瓶
左定執玉環 右惠持金輪
左理寶篋形 右智寶經典
左定鐵鉤形 右惠鉞斧形
左理金剛杵 右智持三劍 ※1
左定寶螺形 右惠蒲桃形 ※2
左理白拂形 右智楊柳枝
左定寶鈴鐸 右惠寶智印
左理如意珠 右智施無畏
左定化佛尊 右惠頂上佛
左理寶鏡珠 右智髑髏杖
左定榜排形 右惠持念珠
理智持寶鉢 定惠蓮華合

※1:「三剣」という名称については詳細不明。独鈷杵と対とした三鈷杵として解釈されているのか、前者を左手側、後者を右手側の持物として解されているのが確認できる。ちなみに甘粛省瓜州県楡林窟の壁画にある千手観音画では一つの柄から三つのピック(ニードル)が飛び出したような形状の持物が確認できる(ウィキメディアにある画像の左側を参照)。
※2:「蒲桃」は日本語では「フトモモ」と読み、この場合葡萄とは別種の(ブドウ科とは異なるフトモモ科の)木になる果物を指す。フトモモの実の房はパッと見、ブドウのそれと似ている。

顔の数

『千光眼観自在菩薩秘密法経』では顔の数は十一面となっており、四十二臂十一面は千手観音のバリエーションとしてもっともよくみられるものである。

千手観音はこの他にも様々なバリエーションに分かれる。顔が一面(中国・上海の龍華寺や重慶の大足石刻宝頂山での例)、三面(河北省の普宇寺など)、二十四面(福井県の妙楽寺など)、三貌十一面(和歌山県の補陀洛山寺)、胎蔵界曼荼羅での姿である二十七面などがある。
また、メインの顔の左右に顔を持つ場合、左(こちらから見て右側)の顔が恐ろしげな顔をしている千手観音像(上述の妙楽寺の像が代表例)も存在する。メイン顔の両側に別の顔がある「三面」形式の千手観音像は『千手観音造次第法儀軌』(善無畏訳)に基づいている。これによると、穏やかな右の顔は蓮華面、いかめしい左の顔は金剛面という(那谷寺の像のように右側が金剛面である三面像もある)。蓮華面は青碧、金剛面は紺白色とされている。『千手観音造次第法儀軌』では顔は三面とだけ指定されている。法性寺や妙楽寺の像は左の顔が金剛面という点から『千手観音造次第法儀軌』の流れを汲むとみることもできるが、その顔数はメイン本面の両サイドの顔+αとなっている。なお、胎蔵界曼荼羅verの二十七面千手観音も、そのうち二面を本面の両サイドに配置するが、両方とも穏やかな顔である。

脇侍

日本における観世音菩薩、およびその変化身に多い毘沙門天、不動明王のほか、以下のような例がある。

毘沙門天と地蔵菩薩(音羽山清水寺):地蔵側は尊名は「地蔵菩薩」だが武将形で勝軍地蔵に近い。
毘沙門天と勝軍地蔵(神秀山満願寺)
不動明王と降三世明王(大内山仁和寺)
婆藪仙人と大弁功徳天(吉祥天):二人は千手観音の眷属「二十八部衆」のメンバーでもある。
日光菩薩月光菩薩(天音山道成寺):両菩薩は薬師如来の脇侍として知られる。
達磨大師聖徳太子(片岡山達磨寺):「片岡山飢人伝説」に基づく。

化身・垂迹とされる神・人物

歴代ダライ・ラマ(チベット仏教)千手観音のうち「十一面千手観音」の化身とされる。
蔵王権現修験道)千手観音が釈迦如来弥勒菩薩と共に蔵王権現に化身したと伝わる。
イザナミ・熊野牟須美大神(飛滝権現)・事解之男神(熊野大社・那智大社)
タケミナカタ・八坂刀売神(諏訪大社下社・秋宮)上社の祭神でもあり、こちらは普賢菩薩が本地とされる。
佐田彦大神伏見稲荷大社中宮)
大山咋神荒魂(日吉大社上七社・牛尾神社)
大己貴命大黒天(日光二荒山神社・男体山)
高麗王若光(高麗神社)高句麗の王。神産巣日神と同一視された。
トヨタマヒメ(若狭姫神社)
天忍穂耳、伊豆山権現法体(伊豆山神社)
白専女(元山上千光寺)蔵王権現を感得した役行者の母。
八王子権現(山王信仰)日吉山王権現や牛頭天王の眷属である八人の王子。
富士浅間大菩薩(浅間信仰):木花咲耶姫と同体とされる富士山の神。大日如来本地説が主流だが、『真名本 曾我物語』巻第七では千手観音の垂迹と記される。
弟橘媛(吾妻神社)
好玄(『梅花無尽蔵』)天満大自在天神の都率天(兜率天)での姿

御利益

除災、開運、健康など、あらゆる現世利益にお応え下さる
また恋愛成就や夫婦和合など、にまつわる悩みにも応じて下さる珍しい菩薩様。
年の守り本尊。

御真言

オン バサラ タラマ キリク

関連イラスト

大千手観音様 「With a thousand hands」
千手観音



Danmaku Ping-Pong Meiling
氷室先生華麗に受け止める


腕が無数に生えているように見えるイラストにも付けられる。

関連タグ

仏教
菩薩 観音菩薩 多腕 手の目

関連記事

親記事

六観音 ろくかんのん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「千手観音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 876268

コメント