ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仏教における装身具の一つ。
数珠とはが貫通した多くの珠にの束を通しにした法具のことである。
祈りを捧げるときに用いる。

使い方

腕に通し、手首で保つ。
祈る時には親指に掛けて、手に巻き付けるように掲げる。
右中指と左人差し指に輪を通し、手をすり合わせることで音を鳴らす作法もある。
首からネックレスのように掛けることもある。

構造

最も大きな「母珠(もしゅ)」を起点に、一回り小さい「子珠(しじゅ)」を繋いでいき、母珠の下から房を2束垂らしてある。
その数は煩悩の数に合わせた108を基本とし、ほかに仏道修行における「菩薩修行五十四位」を意味する54・42・21、二十七聖賢に由来する27観音菩薩の信念を意味する「十四無畏」に肖った14など、宗派や教理によって繋ぐ数は様々である。

由来

諸説あるが、その起源はバラモン教にまで遡るという。
これをブッダ(釈迦)がそれに倣って使用し、日本には中国を通じて伝来した。

関連キャラ


関連タグ

水晶 祈り 宗教 ロザリオ 数珠繋ぎ

関連記事

親記事

仏具 ぶつぐ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「数珠」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「数珠」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 399745

コメント