ピクシブ百科事典

大日如来

だいにちにょらい

大乗仏教の信仰対象である如来の一尊。大日如来の体・言葉・意識は虚空に存在し、かつ、万物の内に存在するという。

仏教密教)の様。梵名はマハー・ヴァイローチャナ毘盧遮那仏(ビルシャナ)とも。
身近な例を挙げれば、「奈良の大仏」の別名。しばしば太陽神と習合し、中世の日本では天照大神と同一視されるに至った。

宇宙の真理を体現する象徴的な法身の仏であり、大日経などの密教経典の説き手とされる。
不動明王を化身、あるいは使者とする。それにとどまらず全ての仏菩薩の本体とも言われている。こうした壮大な教義のせいで超越神・ブラフマン的なものと誤解されることも
あるが、誤りである。密教の伝統によれば大日如来もまた一切皆空に外れる存在ではない。

仏像として造型される場合、如来では珍しく菩薩のように装飾を多くつけた形をとる。(ただし、金剛峰寺にある作例のように簡素なデザインもある)如来の中でも際立った立場をあらわすものとも言われる。

インド神話に登場するアスラ神族ヴィローシャナやその息子マハーバリゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーを起源とする説がある。

名前の解説

その名は光明が遍く広く照らすという意味であり、
それに尊称である偉大なを意味する「マハー」と付く。


関連項目

仏教 密教 奈良の大仏
不動明王 東大寺 大仏 仏像 曼荼羅
本地垂迹 天照大神

pixivに投稿された作品 pixivで「大日如来」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19192

コメント