ピクシブ百科事典

聖武天皇

しょうむてんのう

日本の第45代天皇。初めて仏教に帰依した天皇である。

概要

奈良時代日本の第45代天皇文武天皇の第一皇子で、母は藤原不比等(ふじわらの ふひと)』の娘・宮子。即位前の名は『首皇子(おびとのみこ)』。 尊号(諡号)を『天璽国押開豊桜彦天皇(あめしるしくにおしはらきとよさくらひこのすめらみこと)』『勝宝感神聖武皇帝(しょうほうかんじんしょうむこうてい)』『沙弥勝満(しゃみしょうまん)』とも言う。

日本に仏教が渡ってきたころ、日本人釈迦を『インドの神様』と捉え、インドを拝んで良いものかと、賛成する蘇我氏と反対する物部氏の間で論争がおこり、当時の欽明天皇が一度試してみることとし、その後、天皇家の間でも意見が揺れ動いた末に、聖徳太子の父である用明天皇が、天皇で初めて仏教を信じ学ぶようになった。

そうして聖武天皇の代において、聖武天皇は自らを『三宝の奴』(仏・法・僧の三宝に供養するため身を捨てて仏教の奴隷となること)と称し、歴代天皇で初の出家者となり、これ以降仏教は日本に広まっていくこととなる。
聖武天皇は、日本人行基良弁インド人菩提僊那(ボーディセーナ)、とともに、東大寺『四聖』として祀られている。

関連タグ

天皇 天皇家
皇室 神道 仏教

pixivに投稿された作品 pixivで「聖武天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1138

コメント