ピクシブ百科事典

孝謙天皇

こうけんてんのう

イラスト左の人物。第46代及び第48代天皇。重祚して称徳天皇とも称される。
目次[非表示]

概要

718年〈養老2年〉- 770年8月28日〈神護景雲4年8月4日〉
父は聖武天皇。母は藤原氏の血を引く光明皇后(光明子)
即位前の名は「阿倍内親王」。生前に「宝字称徳孝謙皇帝」の尊号が贈られている。

日本史上6人目の女帝。道鏡を寵愛していたことで知られる。

略歴

阿倍内親王には兄弟や他に有力な男子がいなかった。
そのため749年、父・聖武天皇の譲位により孝謙天皇が即位。大臣である藤原仲麻呂に政務の補佐が任された。

758年、母親の看護を理由に孝謙天皇は信用していた淳仁天皇に譲位し、自身は上皇となった。後に自分も病に伏せるようになるが、このとき看病に当たったのが道鏡である。

上皇は道鏡を次第に寵愛するようになり、これを不審に思った淳仁天皇や藤原仲麻呂と対立するようになる。

764年、上皇は軍を派遣して藤原仲麻呂を殺害。山村王に命じて淳仁天皇から鈴印(朝廷における軍指揮権を示す宝具)を奪い、淳仁天皇を廃して淡路公に封じて流刑した。
皇位に復帰。後世では称徳天皇と呼ばれる。皇太子を置かず、寵愛していた道鏡を法王に任じて儀礼や仏教政策を任せるようになる。

765年、称徳天皇は佐伯助に命じ、憎んでいた淡路公(元・淳仁天皇)を暗殺した。

769年、異母妹・不破内親王と氷上志計志麻呂らを次々と流刑にした。
同年、「道鏡が皇位に就くべし」との宇佐八幡宮の託宣が報告された。しかし、これが後に虚偽であったことが勅使の和気清麻呂によって発覚。怒った称徳天皇と道鏡はこれを認めず、和気清麻呂を左遷したうえで、暗殺しようとしたが失敗した。

770年、平城宮西宮寝殿で崩御した。宝算53。
称徳天皇の没後、彼女によって流罪にされた多くの皇族や臣下が赦免されたり朝廷に復帰した。

人物

飾りが多い歴代女性天皇の中でも政治に積極的なほうで、女性の地位向上に尽力し、有能な女性に対し積極的な位階勲などを与えた。

一方で為政者として、その人格には難ありな点が多く、暴君的な一面もある。
孝謙天皇は自分に反抗的な人物に卑しいアダ名をつける趣味があった(彼女は言霊信仰を持っていた)。また、残虐な刑を好み、些細な罪で極刑に処することも多く、多くの皇族に冤罪を被せて流罪にした。

母の光明皇后が孝謙天皇を説得することが多く、淳仁天皇や藤原仲麻呂らとの関係も取り持った。しかし母が亡くなると、孝謙天皇を諫める者がいなくなってしまう。

奸臣の道鏡を重用して政治の混乱を招き、最後までその過ちを認めなかった。
道鏡を寵愛した理由に、彼の巨根に惚れたからという俗説が平安時代からあるが、さすがに創作の模様。

関連項目

女性天皇

関連記事

親記事

歴代の天皇 れきだいのてんのう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「孝謙天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 719

コメント