ピクシブ百科事典

天武天皇

てんむてんのう

第40代天皇。舒明天皇の第二皇子。天武天皇2年(673年)即位、朱鳥元年(686年)崩御。
目次[非表示]

概要

第40代天皇。名を大海人皇子という。
生没:舒明天皇3年(西暦631年)?~朱鳥元年9月9日(686年)
在位:天武天皇2年(673年)~朱鳥元年9月9日(686年)

生涯

 舒明天皇皇極天皇斉明天皇)の第二皇子で、中大兄皇子の皇弟。
 斉明天皇6年(660年)9月、日本と親交のあった百済新羅が連携して侵攻したとの報がもたらされ、百済国王が捕虜となったとの報がもたらされる。
 この凶報に斉明天皇は百済救援を決断、皇太子・中大兄皇子、大海人皇子、大田皇女、鸕野讃良皇女らとともに軍勢を率いて博多の磐瀬行宮を経て朝倉橘広庭宮へと入った。
 
 斉明天皇7年(661年)7月24日、斉明天皇が朝倉宮において崩御、朝倉神社の神木を伐採して宮殿建設に用いたことによる雷神の祟りだといわれている。
 この間、中大兄皇子は皇位に就くことなく称制のまま、対朝鮮戦略の指揮をとり、百済の王子・豊璋に織冠を授け、百済再興のために多くの軍勢・水軍を次々に派遣したが、天智天皇2年(663年)、ついに白村江において戦端が開かれ、日本軍は唐の大軍に惨敗を喫した(白村江の戦)。
 
 天智天皇3年(664年)、飛鳥京に帰った中大兄皇子は官位制の改正などによる官僚組織の整備、唐・新羅の来寇を恐れて対馬、壱岐、筑紫に烽や防人を設置し、水城を築くなど国防の強化に乗り出し、天智天皇6年(667年)3月には人心一新を図るため、都を大和の飛鳥から近江に遷した。

 天智天皇7年(668年)1月、内外の懸案を処理したのか中大兄皇子はようやく即位し(天智天皇)、大海人皇子を皇太弟に定める。
 天智天皇7年(668年)10月、内大臣・中臣鎌足が病のため亡くなった。天智天皇は皇太弟・大海人皇子を鎌足邸に遣わして大織冠と「藤原」姓を授けた。跡を継いだ不比等藤原氏の祖となり、息子たちとともに朝廷に勢力を拡大させていくこととなっていく。

 天智天皇10年(671年)、病に伏した天智帝は大海人皇子を呼び皇位継承を促したが、大海人皇子はこれを辞退して出家、吉野に移り、その年のうちに天智帝は崩御した。
 
 天武天皇元年(672年)、大津京(近江朝廷)にあって実権を握る大友皇子(天智天皇の皇子、皇位にあったとの説が有力視され、明治3年(1870年)、弘文天皇と追号された)と吉野にある大海人皇子との対立が先鋭化、大海人皇子は家臣達とともに挙兵を決意、美濃において兵を集めて攻め上り、弘文帝を擁する近江朝廷軍との戦いに勝利した(壬申の乱)。

 天武天皇2年(673年)、飛鳥宮で即位し、妃に天智天皇の皇女・鸕野讃良皇女(後の持統天皇)を迎える。卓越したリーダーシップにより天皇を中心とした強力な統治体制(律令国家)の確立を目指し、天智帝が制定した近江令をさらに整備しようと、新しい法典の制定を宣言、こうして作られたのが「飛鳥浄御原令」であり、外国に示す国号も、それまでの「倭」から日本(どちらもやまとと読む)に変更された。またそれまで大王と呼ばれていた称号も「天皇」に定まったのもこの頃と言われる。
 八色の姓や新冠体制に位階昇進制度の制定、豪族層の官人組織化、土地と人民の公的支配などを進められた。また、大嘗祭を設け、神道の振興を促し仏教を保護し、貨幣の流通を望み(富本銭)、『古事記』『日本書紀』の編纂が進められた。
 都造営には最後まで苦慮し、複都制を考え、信濃難波が候補に上がり、奈良盆地の藤原京の建設を進められたが、完成を見ることなく、朱鳥元年(686年)5月崩御、有能さを評価された天武帝の長子・高市皇子の母の身分が低いことから、妃の鸕野讃良皇女(持統天皇)が即位、皇位継承をめぐって長く物議をかもすこととなった。

人物

神仏を厚く信仰し道教も詳しく、占いにも通じてたとされる。
万葉集の歌人・額田王と関係があったと言われ、天智帝との三角関係になったという説もある。
忍者を多く使役していたとされ、自身も忍者同様の活動をされたとも言われる。
なぞなぞが趣味で、庶民の芸能も好んで見たと言われる。

関連タグ

天皇 日本史 飛鳥時代 壬申の乱
天智天皇 額田王 大友皇子 弘文天皇 藤原鎌足 持統天皇

pixivに投稿された作品 pixivで「天武天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4379

コメント