ピクシブ百科事典

志貴皇子

しきのみこ

奈良時代に実在した皇族の一人
目次[非表示]

生涯

天智天皇の皇子(御子)。7男。
叔父天武天皇吉野行幸する際、天武、天智両名の子息とともに
皇位継承のさい争いをしませんという盟約を誓う(吉野の盟約という)。

姉であり天武天皇の妻でもある持統天皇の時は任官の記録がなく、不遇な扱いを受けていたという
文武天皇のとき大宝令制定に際して官位を与えられる。

元明天皇が即位すると再び天皇の兄妹となり官位も上がっていった。
元正天皇期の霊亀2年8月11日に崩御。

壬申の乱を機に天武系統が力を持ったため皇位継承に対する関心は薄れ
歌人として生きる人生だったという。自然鑑賞に優れていたといい万葉集に6首
新古今和歌集や勅撰和歌集にも5首登録されている。

関連項目

皇族 天智天皇 歌人 

道鏡・・・一説には皇子の落胤ともいわれている。









その後

皇位継承や政治よりも歌人として文化をたしなみ優れた歌を多く残した彼が亡くなって50年余り
突如、春日宮御宇天皇というものを授かる。
これは自身の6男・白壁王が光仁天皇として即位したためであり御陵所から田原天皇ともいう。
光仁天皇の子で彼の孫が桓武天皇であるため今の皇室の系統は彼の系統になる。

pixivに投稿された作品 pixivで「志貴皇子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388

コメント