ピクシブ百科事典

武則天

ぶそくてん

唐(武周に改号)の五代皇帝。高宗の皇后。中国史上唯一の女帝で有名。圧政を敷いたことでも有名 623年(武徳6年) - 705年(神龍元年11月26日)
目次[非表示]

武則天〈武则天〉(ぶそくてん)

世没:623年(武徳6年)? - 705年12月16日(神龍元年11月26日)
の五代皇帝高宗の皇后。諱は武照(武曌)。中国史上唯一の女帝となり、武周朝を建てた(在位:690年10月16日 - 705年2月22日)。
日本では則天武后と呼ばれることが多いが、この名称は彼女が自らの遺言により皇后の礼をもって埋葬された事実を重視した呼称である。最近の中国では彼女が皇帝として即位した事実を重視して「武則天」と呼ぶことが一般的になっている。

圧政を行ったでも有名であり、代の呂后代の西太后とともに「中国三大悪女」の一人に数えられる。高宗に讒言して寵愛を競ったライバルの王皇后や蕭淑妃を惨い方法で処刑したとされ、高宗の死後は皇太后として実権を握り、皇族たる李一族の反乱を次々に打ち破って皆殺しにする。

しかしながらこの悪評については「男優位の儒教社会で、女の身で皇帝になった」ことに対する儒教徒たちの反発というのが一因でもある。実際には彼女の統治は非常に優れたものであったともされ、彼女の政治に反乱を起こすほどの不満がなかった庶民たちからは李一族の造反への賛同がほとんどなかったともいう。結局、殺されたのは庶民の気持ちから離れた私欲で皇位を狙った皇族たちだったのである。

また多くの有能な人物を地位を問わずに抜擢しては信任していた。特に老宰相・狄仁傑からは数々の諌言を受け、彼女もそれを受け入れていた。来俊臣などの酷吏を使って恐怖政治を敷いた面もあるが、最終的には彼女自らそうした酷吏を一掃している。人を見る目については後代の歴史家も認めるほどで、彼女が晩年に抜擢した人物の多く(姚崇・宋璟など)は、のちの玄宗皇帝の治世を支える立役者ともなっている。さらにそれまで政治に関わる官僚たちが家柄や血統によって優遇されていた風習を、試験や実績で測る方向へと転換させたとされており、古い習慣で固められた王朝政治に新たな方向性を示すきっかけとなったともされる。

余談

  • 在位中の〈元号〉を頻繁に変えたことでも有名。

元号

  • 光宅:684年
  • 垂拱:685年 - 688年
  • 永昌:689年
  • 載初:689年 - 690年
  • 天授:690年 - 692年
  • 如意:692年
  • 長寿:692年 - 694年
  • 延載:694年
  • 証聖:695年
  • 天冊万歳:695年
  • 万歳登封:695年 - 696年
  • 万歳通天:696年 - 697年
  • 神功:697年
  • 聖暦:698年 - 700年
  • 久視:700年 - 701年
  • 大足:701年
  • 長安:701年 - 704年

関連項目

女王 女傑 独裁者
韋后:息子の嫁。こっちは本物の悪女として名高い。


武則天(Fate)
武則天(LoV)

pixivに投稿された作品 pixivで「武則天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145662

コメント