ピクシブ百科事典

西太后

せいたいごう

清の咸豊帝の妃で、同治帝の母。光緒帝の後見人などを得て、清末期の中央政治を牛耳った女傑。太后は太上皇帝と同じ位である。
目次[非表示]

概要

通称:西太后(せいたいこう〔ごう〕)〈孝欽慈禧端佑康頤昭豫荘誠寿恭欽献崇煕配天興聖顕皇后〉
正式名:慈禧太后(じきたいこう・ツーシーコウゴウ)
世没:1835年11月29日 - 1908年11月15日

満州・旗人(鑲藍旗人)の葉赫那拉氏の出身。
清朝咸豊帝に嫁ぎ、同治帝を生む。清末期の前人未到の女最高権力者
中国の人に西太后と聞いても解からないことがあるらしいので、慈禧太后と言った方が良いようだ。
同治帝が即位したため、太上皇帝と同じ位である太后を名乗り、後見人として最高権力者となる。その後にあたる光緒帝の後見人などを得て、清末期の中央政治を牛耳った。
1908年、に死去。享年74歳。
彼女の死後数年で、清王朝は滅亡の時を迎える。 

冠位は太上皇太后〈太上皇帝の上の官位〉 
称号は聖母皇太后・老仏爺皇后・〈老仏爺・老ブッタ釈迦の意味〉・敬称 陛下 Her Imperial Majesty

創作では

日本で彼女を題材とした作品として有名なものとしては、浅田次郎『蒼穹の昴』があげられる。
本書での西太后は、史実での豪奢な面や権力者としての面も描かれつつも、傾きゆく清朝を支え続け、そして清朝、ひいては皇帝という仕組み自体を自らの代で終わらせることを決意した女性として描かれている。

余談

代の則天武后前漢呂太后代の妲己と並んで中国三大悪女のひとりとされる。
もっとも妲己については伝説面もあり、近年はこれに中華人民共和国江青を加えて中国四大悪女と呼ぶこともある。

関連記事

親記事

咸豊帝 かんぽうてい

pixivに投稿されたイラスト pixivで「西太后」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「西太后」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32090

コメント