ピクシブ百科事典

同治帝

どうちてい

清朝第十代皇帝 西太后の子供 5歳で即位 19歳で崩御 もっぱら〈西太后〉の言いなりで政治を行った。

同治帝
(どうちてい・ドっッチー・ディ)

生没:1856年04月27日 - 1875年1月12日〈19歳〉
在位:1861年11月11日 - 1875年1月12日〈11年〉
中国清朝の第10代の皇帝で、諱は載淳。廟号は穆宗、在世時の元号を取って同治帝と呼ばれる。
母は摂政でもある西太后。摂政の西太后に信任された李鴻章により政治と軍隊の洋化が進められ対外政策にも柔軟な対応を見せた(洋務運動)。
また族軍隊により捻軍の乱を終結させたこの時期に僅かながら清の国勢は復活し、同治中興と呼ばれる事もある。
1864年に道光帝以来続いた太平天国を滅亡させることに成功する。
1874年、大日本帝国政府西郷従道率いる日本軍台湾を武力占拠する事件が起こるが、翌年の1875年に同治帝は19歳の若さで崩御。台湾出兵への対処は次代の光緒帝(西太后)が行うことになった。
死因は、天然痘ともお忍びで遊郭に出向いた際に罹患した梅毒とも言われる。ほとんど西太后の操り人形〈傀儡〉で、自発的に理念・政策をうち出したことがなかった皇帝だった。同時に紫禁城政府の中央政治の全実権は西皇后が持つことになり、皇帝であっても西太后の決定にはそむくことはできなくなった。以降の清帝国では西太后を脅かす政敵はついに現れなかった。
このような経緯から、西太后は武周の女帝則天武后と比べられることになる。

関連タグ

清朝 愛新覚羅 道光帝 西太后

(九代皇帝)咸豊帝← →光緒帝(十一代皇帝)

pixivに投稿された作品 pixivで「同治帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント