ピクシブ百科事典

雍正帝

ようせいてい

清朝第5代の皇帝 治世13年と先帝より短かったが。清国全土の行政に皇帝が介入する政治・軍事体制を作り上げ、徹底した合理一本化政策を実施。〈内務皇帝〉

雍正帝
(ようせいてい・イロンチェン・ディ)
生没:1678年12月13日 - 1735年10月8日〈57歳〉
在位:1722年12月27日 - 1735年10月8日〈13年〉
清朝第5代の皇帝廟号は世宗。在位1722~1735。(13年)康熙帝(玄燁)の四男。治世13年と先帝より短かったが。清国全土の行政に皇帝が介入する政治体制を作り上げ、徹底した合理化一本化軍事政策を実施した。
玉座から行政改革
 1698年にべイレ(第三爵旗人〈高級貴族〉)に封ぜられる、1709年に雍親王(皇族)となる。その後熾烈な後継者争いに勝ち抜き1722年に康煕帝の遺言により皇帝に即位した。雍正帝はさっそく行政改革に着手し、土地税と人頭税を一本化して税収を安定化させた。軍事行政の一部所だった軍機処を常設し政治行政も同時に行うようにし、軍機処を内閣に代わる国政の軍事・行政の最高機関とした。また行政上発生する地方からの不満や陳情の報告文〈上奏〉全てに自ら目を通し赤字を入れ返書した。大体の程度にもよるが皇帝は玉璽だけを押すだけで、あとは担当臣(宦官)に任せるということが慣例化しており、康熙帝もどっちかというとそういった統治であった。雍正帝の場合は、与党の幹事長〈この場合は雍正帝自身〉この場合が全ての国への意見陳情〈上奏に当たる〉を一本化と各省庁の事務次官(上司)への書類にすべて指示書を返した後、省庁の(上司)以外の下級役人全員から秘密裏に情報を聞き出したという。〈密奏という〉(これは後代の中国共産党的統治手法に近くなってきているのか?。)
 上記のように膨大な(〈上奏〉内閣の臣官および軍機大臣〉とさらに膨大な(〈密奏〉全土の下級役人・行政官)にすべて指示したとされるので、歴史上もっとも勤勉だった皇帝と評価されている。(当然執務も膨大であり雍正帝自身が在位期間中は睡眠時間4時間で挑んだといわれる。)長年の帝位争いは官僚や役人の不安を招き不満や流言が、各地に蔓延したがそのような不安を解消するために地方行政の把握にも努め、功のあった官吏には恩賞を下賜して賞賛を惜しまなかった。また非常に倹約家で宮廷の女官や宦官など使用人の数を数百人まで減らし、宮廷費用を抑え財政に余裕を持たせ減税をたびたび行った。
 しかし、その反面雍正帝の行政介入による治世は苛烈で、過失や失敗があれば近臣や清帝国皇族・弟分であっても極刑やそれに近い処罰をおこない恐怖政治にもたとえられた。雍正帝自身は一度も戦争に赴くことはなかったが将軍を派遣し青海・チベットを征服した、外交にも積極的でロシア帝国やとキャフタ条約を結んで国境線と貿易関係を確定し、フランス王国・ヨーロッパ諸国などとも国家間関係を持ったようだ。
その他

  • 水銀を薬として飲んでいた。
  • 性格は気難しく、人を信用しない上1人でやらないと気がすまなかったという。
  • そこまでして皇帝に仕事を集中させたのは、かつて明帝国を腐敗させたのは宦官たちにせいと見ていたようで。とにかく雍正帝は宦官というものを信用しなかった。もともと宦官を信用しないというのは異民族だったので虚勢者に耐性がなかったともされる。

関連

愛新覚羅
清朝 恐怖政治

内務省・・・内政などを主にする中央省庁、雍正帝は後代の〈内務省的〉な政治スタイルを行ったように思う。

(三代皇帝)康熙帝← → 乾隆帝(四代皇帝)

pixivに投稿された作品 pixivで「雍正帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1136

コメント