ピクシブ百科事典

雍正帝

ようせいてい

清朝第5代の皇帝 治世13年と先帝より短かったが、清国全土の行政に皇帝が介入する政治・軍事体制を作り上げ、徹底した合理一本化政策を実施。〈内務皇帝〉
目次[非表示]

概要

雍正帝
(ようせいてい・イロンチェン・ディ)
生没:1678年12月13日 - 1735年10月8日〈57歳〉
在位:1722年12月27日 - 1735年10月8日〈13年〉
清朝第5代の皇帝廟号は世宗。在位1722~1735。(13年)康熙帝(玄燁)の四男。
治世13年と先帝より短かったが。清国全土の行政に皇帝が介入する政治体制を作り上げ、徹底した合理化一本化軍事政策を実施した。

玉座から行政改革

熾烈な後継者争いに勝ち抜き、1722年に康煕帝の遺言により皇帝に即位した。
雍正帝はさっそく行政改革に着手し、土地税と人頭税を一本化して税収を安定化させた。

非常に倹約家で宮廷の女官や宦官など使用人の数を数百人まで減らし、宮廷費用を抑え財政に余裕を持たせ減税をたびたび行った。
在位期間中は睡眠時間4時間で挑んだとされ、歴史上もっとも勤勉だった皇帝と評価されている。

その反面、行政介入による治世は苛烈で過失や失敗があれば近臣や清帝国皇族・弟分であっても極刑やそれに近い処罰をおこない恐怖政治にもたとえられた。
雍正帝自身は一度も戦争に赴くことはなかったが、将軍を派遣し青海・チベットを征服、外交にも積極的でロシア帝国とキャフタ条約を結んで国境線と貿易関係を確定し、フランス王国・ヨーロッパ諸国などとも国家間関係を持った。

関連

愛新覚羅 血滴子

(四代皇帝)康熙帝← →乾隆帝(六代皇帝)

関連記事

親記事

清朝 しんちょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雍正帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3298

コメント