ピクシブ百科事典

概要

大仏とは、大きな仏像を指す通称。中国などアジア仏教圏では、天然の岩壁を彫刻した磨崖仏などが古くから造られてきた。日本においては、律令制における朝廷の権威を知らしめるために、聖武天皇東大寺に奈良の大仏(東大寺大仏)を造立。以降、現代に至るまで、大きな功徳を求めた願主によって各地に大きな仏像が造られてきた。

タイのワット・ポー寺院の涅槃仏など、東南アジアの仏教国にも
巨大な仏像はあるが、こちらが大仏と呼ばれることはあまりない。

関連タグ

仏像 観音菩薩 鎌倉 奈良 建築 老人Z

pixivに投稿された作品 pixivで「大仏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65848

コメント