ピクシブ百科事典

定朝

じょうちょう

平安時代中期の仏師
目次[非表示]

生年不詳~天喜5年(1057)

概要

仏師康尚の弟子で、11世紀の京都を中心に活躍した仏師、和様彫刻の完成者とされる。
藤原道長が創建した法成寺や火災で焼失した興福寺の復興など、朝廷藤原氏のための造仏を数多く行い、仏師として初めて法橋に叙された。

彼の弟子たちは後に円派院派慶派といった分派を作り、活躍していく。

作風

天平彫刻に学び、瞑想的でかつ円満な面相、柔らかな体躯、薄く流れるような衣が醸し出す穏和で典雅な様式が特徴。
当時の貴族たちからは「仏の本様」「尊容満月のごとし」と絶賛され、彼が作り上げた様式は「定朝様」と呼ばれ、その後一世紀以上にわたって仏像様式の主流となった。

作品

上記のとおり多くの造仏を行っているが、現存する確実な作品は、天喜元年(1053)の平等院鳳凰堂の本尊、阿弥陀如来坐像の一体のみである。

関連タグ

仏像 平安時代

コメント