ピクシブ百科事典

目次[非表示]

バブル期」は、1985年プラザ合意に端を発する「バブル景気」により80年代終盤から90年代初頭までの景気が良かった時代を指す。

単に「景気が良かった」というだけでなく、土地への無謀な投資が流行する、今からは考えられない狂った時代ともいえる。戦後日本の繁栄の絶頂期であったが、過度の株や土地への投資が不良債権(銀行は借り手がつかない余り無担保、無価値な担保での融資も平気で行っていた)となり、総量規制を契機として不況に転じた。

世相

第二次世界大戦の焦土から復興した日本は、その勤勉な国民性による下からの技術革新と朝鮮戦争の特需によって、ついには世界にも稀な高度経済成長の波に乗った。日本社会もまた、古き良き昭和レトロの原風景から少しずつ変貌していった。二度のオイルショックは高度成長を止めたともいうが、世界的に見れば経済混乱に苦しんだ諸国に比べて日本の被害は軽く安定成長が続く。かくして米国などへの輸出産業がさらに成長し、ついには(米国に次ぐ)世界第二の経済大国と呼ばれるまでに至った。こうして対日貿易赤字に苦しむ米国主導で円高ドル安誘導による対日赤字圧縮が試みられた。日本国内が円高不況に陥ったため日銀は長期的な金融緩和に踏み切り、だぶついた資金が株と土地に流入してバブル景気という好況が始まった。当時の爛熟した社会と文化をバブル期と呼ぶ。

当時、日本の経済力・資金力は圧倒的であり、アメリカの社会学者ヴォーゲルの著書題名である『ジャパン・アズ・ナンバーワン』が日本の代名詞となった。土地価格が急上昇し、東京都区部の住宅地公示地価は1987~1988年のわずか2年間で2倍以上に急騰する。87年末の地価総額は米国の4倍となり、「東京を売れば米国が買える」とすら言われた(読売新聞昭和時代プロジェクト『昭和時代 1980年代』pp.350-351)。暴力団が介入した恫喝や暴力を伴う土地買い取りと立ち退き要求、「地上げ」も横行した。金融では、1986年には個人投資家が2000万人を突破し、この年13000円余りから始まった東証ダウ平均株価は1989年大納会には38915円に達する(古川隆久『昭和戦後史 下 崩壊する経済大国』)。財テクが流行となり、貯金をマンション購入や投資信託に投じて利ざやを稼ぐことも盛んとなった(ただしこれは当時の地価高騰によって一戸建て住宅が入手困難となったことも影響している)。1987年には民営化されたNTT株が上場されてこれも急騰する。額面わずか5万円の株券が約120万円で売りに出されてそれでも抽選倍率6倍を越える申し込みが殺到し、翌3月までさらに価格が上昇してついに300万円を突破した。円高によって海外製品が割安になり、ワインブランド品の輸入が盛行した。海外旅行も安くなったため盛んとなり、1987年~1989年に海外旅行客は年間550万人から960万人に激増した。大学生の就職も容易な売り手市場となった(以上迄古川、同書)。

文化を見てみよう。芸能界はアイドルの黄金時代となった(読売新聞昭和時代プロジェクト『昭和時代 1980年代』pp.362-365)。小泉今日子中山美穂らが活躍し、さらにフジテレビが「夕やけニャンニャン」を放映すると、番組から元は素人の女子高生たちをおニャン子クラブというアイドルグループに育て、次々とデビューさせた。男性アイドルでもこの頃少年隊男闘呼組光GENJIといったジャニーズ事務所のグループが次々とデビュー、活躍した。80年代に「ノーパン喫茶」「夕ぐれ族」などが登場してイメージを変えてきた性風俗では、家庭用ビデオの普及に伴ってアダルトビデオが人気を集めてAV女優も一般的な職業としての認知度を高めていった。文学では1987年に村上春樹が『ノルウェイの森』を刊行、吉本ばななの『キッチン』と共にミリオンセラーとなり「春樹・ばなな現象」と呼ばれた。さらに各国版に翻訳され、大切なものを喪失した世界の若者たちの共感が両作を支えた(以上迄読売プロジェクト、同書)。

日本国内では捌ききれない資金力は海外でも猛威を振るい、三菱地所ニューヨークロックフェラー・センターを買収し、ソニー米国の代表的な映画会社であったコロンビア映画を買収するなど、各国の不動産・企業が巨額で買収されていった。日米の貿易は日本側の圧倒的な黒字であり、日米貿易摩擦が激化した。こうして米国ではジャパン・バッシング(日本叩き)という反日感情の高まりも生じた。例えば1987年の東芝ココム事件では、東芝が共産圏に米国産技術を売ったとして連邦議会議員が東芝製品をホワイトハウス前で破壊するパフォーマンスを行った。

繁栄の絶頂期は長続きしなかった。1989年大納会に最高値を記録した東証平均株価は1990年には20000円を切る大暴落となり、その後数年も20000円前後に低迷する。バブル崩壊である。やや遅れて地価も低下を始め、2005年ごろまでには半値程にまで下落する。大学生の就職は一気に困難となり、就職氷河期と呼ばれた。混乱は政治にも及び、リクルート事件が発生して多くの逮捕者が出た自民党長期政権は崩壊する。元号が平成に代わった日本は「失われた10年」もしくは「失われた20年」と呼ばれる混乱と停滞、そして改革の時代に進んでいった。

性欲に狂って日本人のモラルが崩壊した時代などとも言われ、顧みられることの少ないバブル期だが、下記のような正の側面もある。

  • グルメブームで料理人の技術が向上し、日本のフランス料理イタリア料理が本場と比べても見劣りしない水準に達した。
  • 軽音楽やアーティストの水準が段違いに高かった。ジャニーズ事務所所属のアイドルのダンスパフォーマンスはこの時期が最高とも評される。長く愛される名曲も多数生まれ、現代の若いアーティストが当時の曲をカバーすると「オリジナルの足元にも及ばない」と評価される場合が多い。
  • 家電自動車バイクなどの工業製品に名機を多数輩出した。耐久性が桁違いであったり、性能が現代でも通用するなど。特に自動車の作り込みは大衆車レベルでも非常に豪華であり、同一車種でもバブル期とバブル後に設計されたモデルを比較すると前者の方が高品質な場合が多い。後の時代になって再評価が進み、当時の人気製品は中古品に高値がつくようになった。

なお、バブル期というとジュリアナ東京でギャルが扇子を振って踊っているイメージが強いが、ジュリアナ東京はバブル崩壊期にできたものであり、当時ディスコと言えばキング&クイーンや芝浦GOLD、マハラジャであった。この時代の文化をのちにパロディとして取り入れた近年の作品もある。

今では全く見られない風習として、特に都市部ではタクシーを拾うのに万札を掲げるというのがあった。運賃と思われがちだが、実はこれタクシー運転手へのチップなのである。

バブル期の出来事

バブル拡大期(1985年~1989年)

円高不況。『夕やけニャンニャン』が放送開始(1985年)
フリーター」が流行語に。『風雲!たけし城』が放送開始(1986年
国鉄分割民営化、JR発足 ブラックマンデー リゾート法制定(1987年
青函トンネル瀬戸大橋開通 ドラゴンクエストⅢ発売(1988年
昭和天皇崩御 消費税導入 大納会で日経平均株価がピークに(1989年)

バブル崩壊期(1990年~1995年)

国際花と緑の博覧会(花博)開催、東京都庁舎完成、スーパーファミコン発売、日経平均が半値近くまで暴落(1990年
湾岸戦争 ジュリアナ東京開店。SMAPがデビュー(1991年
就職氷河期到来、モツ鍋流行、路線価ピーク・以後2005年までに約半値に下落(1992年
皇太子ご成婚 細川護煕内閣発足、55年体制崩壊 (1993年
週刊少年ジャンプ』の売り上げがピークの653万部に 松本サリン事件発生 ジュリアナ東京閉店。プレイステーション発売(1994年
阪神大震災 地下鉄サリン事件発生 オウム真理教の一連の事件が明るみに出る(1995年
※90年代前半はバブル崩壊が分かりにくく、90年代半ばに明るみに出る。

バブル期の同時代世相を背景とする文化

バラエティ

オレたちひょうきん族
夕やけニャンニャン
天才・たけしの元気が出るテレビ!!
風雲!たけし城
ねるとん紅鯨団

ドラマ

積木崩し
男女7人夏物語
教師びんびん物語
101回目のプロポーズ
東京ラブストーリー

漫画

シティーハンター
ハイスクール!奇面組
めぞん一刻
タッチ
おぼっちゃまくん

バブル期の服飾

1980年代前半には原宿ホコ天こと歩行者天国にて、原色の派手な衣装でディスコサウンドの流れるラジカセを囲み踊る竹の子族が現れた。1979年にロックンロールバンドの横浜銀蝿がデビューし、リーゼントサングラス革ジャンといったツッパリファッションで人気を集めた。彼らは不良ではなく女性ファンが多いアイドルであったともされるが、いわゆる不良のヤンキー暴走族が若者に多く活動していた時代でもあった。また神戸を中心とするニュートラ、横浜を中心とするハマトラという海外高級ブランドを取り入れたお嬢様風ファッションも流行していた。

80年代中頃にかけては、国産のファッションデザイナーが企画を主導するデザイナーズブランドとアパレル経営者がコンセプトを決めて主導するキャラクターズブランド、合わせてDCブランドが隆盛した。コム・デ・ギャルソンイッセイ・ミヤケなどがその代表である。マハラジャなどの当時のディスコはドレスコードで80年代前半に流行っていた不良ファッションを店から締め出し、財布をはたいてDCブランドのスーツで入店する男性たちも増えた。海外ブランドも隆盛し、アルマーニベルサーチグッチプラダなどが人気を集めたが、初めて国内ブランドが海外勢と肩を並べて競う時代となった(谷川直子「ファッション」斎藤美奈子・成田龍一『1980年代』)。

80年代後半にかけて女性たちの間で、DCブランドの中でも特に身体に密着した素材を使ったボディコンシャス・スタイル、略してボディコンが流行した。フロントから後ろまでを同じ長さに切りそろえるワンレンという髪型と合わせて、ワンレン・ボディコンでディスコに集う女性たちは、バブル期を象徴するファッションとなった。80年代末には渋カジが登場する。渋谷で流行するカジュアルファッションのことであり、DCブランドではなく主にアメリカ製のミリタリーやワークウェアのアイテムが用いられた。ブランドではリーバイスのジーンズやヘインズのTシャツなど。

バブル期パロディの作品

  • 平野ノラ バブル期OLパロディのソロコント作品多数。
  • 登美丘高校 上記の平野のコントを元ネタにしたダンスプログラムで全国準優勝。
  • DanceMyGeneration バブル期の遊び人男性パロディの歌。


関連タグ

歴史 経済 昭和 昭和モダン 昭和レトロ 平成
バブル時代 1989年
ランバダ 東京ラブストーリー
バブリー 80年代風 儚い

オイルショックバブル景気/バブル期バブル崩壊/就職氷河期

関連記事

親記事

平成 へいせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バブル期」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120392

コメント