ピクシブ百科事典

少年アシベ

しょうねんあしべ

『少年アシベ』とは、森下裕美による漫画作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

1988年1994年にかけて、週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載された、ゴマフアザラシ赤ちゃんゴマちゃんと、その飼い主・芦屋アシベの日常を描いたギャグ漫画
1990年代前半にアニメ化されてヒットし、ゴマフアザラシ・タテゴトアザラシの赤ちゃんブームを作ったと言っても過言ではない。
2000年~2004年には、続編にあたる「COMAGOMA」が週刊ヤングジャンプで連載された他、まんがタウン(双葉社)で、「少年アシベセレクション」刊行に合わせた『少年アシベ』より抜き再掲が、4色カラーに改稿した上で行なわれた。
単行本は本編が全270話で既刊は全8巻、セレクション版が全2巻、続編が全6巻とそれぞれ刊行中。

2016年には、20年ぶりの再アニメ化された。それに合わせる形で、新装版が春より双葉社から数ヶ月おきに発売されている。
2017年からは「青少年アシベ」が月刊アクション(双葉社)にて連載されているが話と構図は森下、作画は森下が選んだ笑平が担当。
2020年には作者が直々に続編「小3アシベQQゴマちゃん」の連載を漫画アクション(これまた双葉社)にて開始した。

あらすじ

芦屋アシベ(あしやあしべ)は、近所に住んでいた同級生の阿南スガオ(あなんすがお)ととても仲が良かったが、小学1年のある時、大工職人のアシベの父ちゃんが、建築中の家を火の不始末で燃やしてしまうという大事を起こしてしまう。その為、それまで住んでいた一軒家を引き払うこととなり、父ちゃんの実家付近である目黒区のアパートへと転居。同時にアシベも急遽転校することとなる。
アパートに転居して間もない頃、道路を歩いていたアシベの目の前を通りかかったトラックから白い物体が落下。大きな魚だと思ったアシベは夕飯として食べるつもりで家まで連れ帰った。
父ちゃんが台所で切りさばこうとするが、魚ではなさそうだとして動物図鑑で調べてみると、ゴマフアザラシの赤ちゃんだとのこと。父ちゃんが「食って食えないことはないが(アザラシの赤ん坊が)かわいそうじゃないか」と言った直後、アシベの「じゃあ、こいつ飼おうぜ!」という一言で、アシベが『ゴマちゃん』と名付けて芦屋家の家族の一員として飼うこととなる。
一方、アシベと離ればなれになったスガオは悲しみに暮れる毎日。その上、父の転勤に伴いネパールへ一家転住。山から下りて来たイエティや、学校に行けないスガオの為に家庭教師を依頼した元修行僧などが次々と家に居座ったり、ネパールからフランス領コラコラ島(架空)へとさらに配転になるなど問題が多発。
しかしながらも、阿南家はようやく日本に戻ってこれることになり、アシベとスガオの2人は、クリスマスの日に無事再会を果たす。

登場キャラクター(声優は新アニメ/旧TVアニメ/OVAの順)

芦屋一家


アシベの父ちゃんの仕事仲間

アパートの住人

アシベの祖父母
  • アシベのじいちゃん(父方)(CV:岸尾だいすけ/中博史)
  • アシベのじいちゃん(母方)
  • アシベのばあちゃん(母方)

芦屋商事とその関係者

吉田食品
  • 吉田社長
  • 三好礼子

アシベの友人とその家族

小学校の人々とその関係者

阿南一家

ネパール

コラコラ島
  • ボラ
  • ボア
  • チュリー
  • ギーコ

王々軒とその関係者

アニメ

これまで3度の映像化がなされており、ポニーキャニオンより先行制作されたOVAとその発売後に発表されたTVシリーズに分けられる。

1991年4月から12月まで『少年アシベ』、1992年10月から1993年3月まで『少年アシベ2』のタイトルで、2期に渡って、TBSほかで放送された。

元々は木曜19時台前半・全国ネットでの放送だったが、TBSの経営悪化の影響で、わずか半年でローカルセールス枠に移動してしまったため、1期の途中で放送をやめてしまったテレビ局も少なからずあった。最も当初は2クール全25回の放送予定だったのが、スポンサー側の要望で放送延長となったのだが。
2期はTBSの経営悪化に伴う92年再建計画の直撃を受け、ローカルセールス枠での放送を余儀なくされた処か、短命に終わった。

それでも90年代当時、アニメに消極的と言われたTBSを始め、主に東日本地区を中心に各系列局でも再放送される程の人気と支持を受け、1995年から1997年に掛けて毎日放送でも、不定期で再放送されていた。これは海遊館の宣伝とタイアップから起きた出来事であった。
TBSの経営悪化が無ければ後数年続いたかも知れなかったと言う意見もあれば、製作プロが小規模だったら土台無理だったと言う意見もあった。

OVA版とTV版ではアシベ役とアシベの父ちゃん役の声優が変更されている。(アシベ:高山みなみ、アシベの父ちゃん:OVA初期が石丸博也)

2016年1月に、20年ぶりとなるアニメ化決定が発表された。
Eテレの子供向け教育番組『Let's天才てれびくん』内のアニメ枠にて、『少年アシベGO!GO!ゴマちゃん』のタイトルで放送。同年4月5日より毎週火曜日、18時45分~54分の枠で開始。2019年12月17日まで計4シリーズ放送された。
TBS時代との繫がりはなく、原作と旧アニメのブラックユーモアと一部キャラが大幅にカットされる一方、『GOMAGOMA』の要素も取り入れられている。
この20年の間に現実のネパールで発生した幾多のゴタゴタ(最後の国王の独裁と民衆の王政転覆による共和国化)の影響もあり、阿南家の転勤先がネパールから架空国・アスニクル共和国へと変更されている。
作品が双葉社に移行していた事と、最終シリーズでアニメの製作会社がシンエイ動画に変わったからかクレヨンしんちゃんとコラボグッズが発売された。

オープニングテーマ

『リトル・ダーリン』(アシベ1、#1 - #5)
作詞:松本隆/作曲:平井夏美/編曲:井上鑑/歌:田村英里子(東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)/イーストワールド)
『まかせて!チン・トン・シャン』(アシベ1、#6 - #37)
作詞:中田有博/作曲・編曲:馬飼野康二/歌:田村英里子(東芝EMI/イーストワールド)
『愛にSUNキュー』(アシベ2、#1 - #25)
作詞:大沢直行/作曲・編曲:平井光一/歌:日下ひかる(東芝EMI/TMファクトリー)

エンディングテーマ

『愛のナイチンゲール』(アシベ1、#1 - #5)
作詞:松本隆/作曲:山口美央子/編曲:井上鑑/歌:田村英里子(東芝EMI/イーストワールド)
『リトル・ダーリン』(アシベ1、#6 - #37)
作詞:松本隆/作曲:平井夏美/編曲:井上鑑/歌:田村英里子(東芝EMI/イーストワールド)
『まかせて!チン・トン・シャン'93』(アシベ2、#1 - #25)
作詞:中田有博/作曲:馬飼野康二/編曲:平井光一/歌:ACB(アシベ)ファミリーバンド(東芝EMI/TMファクトリー)

制作スタッフ

※OVA版

原作森下裕美「少年アシベ」(集英社刊)
監督石黒昇
キャラクターデザイン進藤満尾 柴田則子
音楽荒川敏行
アニメ制作有限会社ライフワーク

※TBS旧TVアニメ版
原作森下裕美「少年アシベ」(集英社刊)
監督石崎すすむ
シリーズ構成東多江子
キャラクターデザイン進藤満尾 柴田則子
音楽荒川敏行
アニメ制作有限会社ライフワーク(製作協力・日本アニメーション
製作日本映像 日映エージンシー TBS
※2016年の新作のスタッフ
原作森下裕美「少年アシベ」(双葉社刊)
監督近藤信宏
シリーズ構成竹内利光
アニメ制作ブリッジ(第3シリーズまで)→シンエイ動画(第4シリーズのみ)
製作Team Goma

余談

  • TBS版アニメに関しては当初は「ちびまる子ちゃん」の裏に編成する構想もあったが、スポンサーが難色を示し頓挫したと言われる。さらにどちらも(当時の)版元が同じだったため同士討ちを避けるために断念したともされているが・・・・・・・ほなら本作と「ちびまる子ちゃん」と同様のケースである「神風怪盗ジャンヌ」(一部系列局除くテレビ朝日系列局)とスタジオディーン版「HUNTER×HUNTER」(フジテレビテレビ西日本テレビ長崎他)とか、出版社ばかりか掲載誌まで同じであった「境界のRINNE」(NHKEテレ)と「電波教師」(日本テレビ系列局ほか)どないなるねん!?
    • 実はこの2例については、雑誌社の指針変更があったからとされる。「ジャンヌ」と「HUNTER×HUNTER」はターゲットが違うから被害は少ないと見積もったからのようだった。一方の「境界のRINNE」と「電波教師」は「電波教師」が最初から半年の放送予定だったので版元側がそれを承知で編成したと考えられる。
      • だが「HUNTER×HUNTER」は結局「ジャンヌ」のターゲットであった女子中高生にも受け入れられ、「ジャンヌ」からそれらを奪い取ってしまった。
  • スーパーロボット大戦X-Ωの2019年4月の限定イベントで、何とゴマボで参戦し、ガルガンティアと共演した。ゴマボの武装は作者の発案書き下ろしで、アシベの作者も太っ腹だなと言うユーザーも居た。


関連タグ

原作森下裕美 週刊ヤングジャンプ まんがタウン 集英社 双葉社 ギャグ漫画 日常系
シリーズ(時系列順に構成)KOMAGOMA小3アシベ青少年アシベ
同系統作品ちびまる子ちゃん 三丁目の夕日 おもひでぽろぽろ ママは小学4年生 クレヨンしんちゃん コボちゃん みかん絵日記 ムカムカパラダイス 
アニメ2016年春アニメ


外部リンク

『少年アシベ』 -wikipedia

関連記事

親記事

週刊ヤングジャンプ しゅうかんやんぐじゃんぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「少年アシベ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「少年アシベ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1045190

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました