ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1992年1月から同年12月にかけて、日本テレビ系列局の一部に加えてフジテレビ系列局・テレビ朝日系列局各約1局ずつにて放送された(ただしネット局によって放送時期がややずれ、1993年に入って最終回を迎えたところもある)。全51話。


15年後の未来からやってきた自分の赤ちゃんを小学4年生の少女が育てるという、タイムパラドックスを設定としたホームドラマ。「天真爛漫な赤ん坊に振り回される子供たちと、その子供たちにさらに振り回される大人たち」というコメディタッチを基調にしつつ、親子の愛情や育児仕事の両立などのテーマが織り込まれている。

株式会社サンライズによる女児向け作品は『アイカツ!』が製作されるまでの約20年間この作品のみだった。『アイカツ!』はゲームが原作のため、現状サンライズが手掛けた唯一の女児向けのオリジナルアニメである。


またSF作品としての要素は薄いものの、1993年日本SF大会にて「星雲賞」メディア部門に選出された。「アニメディア」92年9月号付録には短編ノベライズを掲載。

本作のオープニングストーリーボード(絵コンテ)は富野由悠季が担当。


あらすじ

1992年、水木なつみは夢が丘小学校に通う小学4年生の女の子。両親の都合でロンドンに引っ越すことになったが、急な都合で両親は先にロンドンに向かわなくてはならなくなり、なつみは1人で夜を過ごすことになる。

雷が鳴る嵐の夜の中、震えながらリビングでテレビを見ていると、突然の激しい落雷とともにテレビの画面から赤ちゃんが現れる。

慌て驚いているところに、一緒に現れたコンパクトから母親らしき人からの声がする。

翌日再び聞こえてきたその声の話によると、何と彼女は15年後の2007年のなつみ自身であり、赤ちゃんは未来の自分が産んだ娘だというのだ。

不思議な出来事だが、なつみは赤ちゃんに「みらい」と名付け、無事に未来に帰れる日まで、日本に残って育てることを決心する。

こうして赤ちゃんと小さなママの成長ストーリーが始まった。

みらいちゃんが起こす騒動に振り回されるなつみだが、喧嘩仲間の大介や親友のタマエとえり子、未来から来た育児アイテム、文句を言いながらも根は優しいいづみおばさんなどの助けもあって、経験のない育児の中でいろいろなことを学んでいく。

だがある日、週刊誌ライターに赤ちゃんの存在を嗅ぎ突かれてしまう。

マスコミに「10歳のママ」として取り上げられ、なつみの周辺に危機が迫る。折しも自称天才科学者江地さんのタイムマシンが完成間近となり、タイムスリップが起こるのはクリスマスの夜であることが判明した。

マスコミや周囲の大人たちの悪意の中、なつみたちはみらいちゃんを無事に未来に返せるか。


登場キャラクター


主題歌

オープニングテーマ

愛を+ワン

作詞 - 岩谷時子、作曲・編曲 - 樋口康雄、唄 - 益田宏美


エンディングテーマ

「この愛を未来へ」

原曲 - モーツァルト作曲《ピアノソナタK.545》、作詞 - 岩谷時子、作曲・編曲 - 樋口康雄、唄 - 益田宏美


ぴょんぴょん版

ぴょんぴょん』において、中森衣都が手掛けたコミカライズで1992年1月号から10月号まで連載された。連載話数は10話分だが、全話数は特別編を含めて全12話。


ストーリーは全体的に漫画版のオリジナルとなっており、キャラデザは中森の画風が反映したためにアニメ版よりも微妙に「ふっくら」(あるいは「ぽっちゃり」)している。


単行本は小学館「ちゃおフラワーコミックス」より、全2巻で発刊された。1巻には1話から7話まで、2巻には8話から11話まで及び特別編(後述)を収録。

なお、単行本収録にあたってはページ数の都合から第1巻にはパニックギャグマンガ『ハニワくん大パニック』第2巻にはバトルヒロイン作品『宝石の騎士スタージュエル』がそれぞれ併録されている。


雑誌連載での最終回「みんな みらいのパパとママ」は赤ん坊を亡くした女性がみらいを誘拐するも改心して、なつみにみらいを返し、なつみとみらいの絆がより深まるというストーリーでみらいが元の時代に帰るまでは描かれなかった。


ただし、みらいの元の時代への帰還の物語は単行本書き下ろしのオリジナルストーリとして補完されており本編の11話目「サンタの日」として執筆収録されている。

未来世界のなつみ夫妻がタイムスリップ現象を逆算してクリスマスイブの日に「揺り戻し現象」によって再び水木家に時間移動のワームホールが開く事を突き止めて過去世界(現在)のなつみに教え、それを受けたなつみが開いたホールにみらいを帰す事に葛藤する物語となっている(つまり、ぴょんぴょん版では原作アニメ版や後述の小四版に出てくるようなタイムマシンは登場しない)。

最終的になつみは自ら無理矢理に理屈立てて納得しようとして、クリスマスイブにみらいとの最後の時を過ごそうと町内会のクリスマスパーティーへの参加を断ってしまい、その様を大介に目撃されて不審がられる。

みらいと最後の晩餐と言わんばかりの大宴会を繰り広げたなつみは覚悟を決めて家に開いたワームホールに、みらいを託すのだが、みらいは自らがワームホールに引かれていく事で、なつみが離れていく事に不安がってぐずり出し、その混乱の中で咄嗟になつみを「ママ!」と呼び、救いを求めた。

その事実に動揺したなつみは、みらいと離れたくなかった本心が溢れ出てしまい、思わずみらいを追ってワームホールに特攻。ワームホールの向こうで、みらいに再会して涙を流しながら喜ぶ未来の自分の姿を目撃するが、その瞬間、何者かにワームホールから引っ張り出される。

なつみをホールから引っ張り出したのは、彼女の不審な行動を気にして様子を見に来た大介であった。なつみは大介にすがり「みらいが行ってしまった」と大号泣する。泣き続けるなつみだったが大介は「メソメソすんな、なつみサンタ!」と檄を飛ばす。今日なつみはサンタクロースになったのだと、みらいには本当の両親を、みらいの両親にはみらいを、それぞれ会わせるクリスマスプレゼントをしたのだ、帰っていったみらいのために、それを胸を張って誇れと、ぶっきらぼうながら元気付ける。

そして一緒に町内会のパーティーに行こうと誘う大介の姿に、なつみはワームホールで一瞬見た光景を思い出す。それは未来の自分の横にいた、みらいの父、自分の未来の夫の姿だった。その姿は逆光で見え辛かったものの、その耳には見覚えのあるモノが輝いていた。それは大介のピアスだったのである。

ピアスなど量産品。それ(未来の自分の夫)が未来の大介とは限らない。なつみは「まさかね…」と思いながらも大介のぶっきらぼうながらも優しい姿を意識せずにはいられなかったのであった。


なお小学館から出されたアニメムック「ジス・イズ・アニメーションスペシャル『ママは小学4年生:みらい絵日記』」では、中森による後日談が掲載されており、そこでは、弟の子守りを巡って未来のなつみに叱られた10歳のみらいが、弟を巻き添えにして再び小学4年生のなつみの元にタイムスリップしてしまう話が展開された(この話も単行本収録されている)。

母親に叱られた事で、親の愛情を疑ってしまったみらいが小学4年生のなつみ(と大介)に出会い、彼女の思いを知ることで自らが本当に愛されていることを再確認して未来へと帰還する物語となっている。ちなみに、みらいはなつみの正体に気付いたが、なつみはみらいの正体に(少なくともみらいが未来に帰るまでは)気付かなかった。

また、この後日談において、なつみはみらい恋しさに、もういらないはずの「おせわバッグ」を常に(自身が成長して、みらいと別れた悲しみが癒える時まで)持ち歩いていた事が明かされており、未来のなつみに叱られたみらいの不機嫌と、みらいと別れた過去のなつみの癒えぬ哀しみと未来にいるみらいを心配する想いが共鳴して、この奇跡が起こった事がほのめかされている。


物語一覧

話数タイトル掲載備考
1赤ちゃんがふってきた!!1月号
2バレちゃった秘密2月号
3みらい学校へ行く3月号
4ピクニック・パニック4月号
5がんばれ!純くん5月号
6なつみが不良に!?6月号
7みらいは未来の大女優!?7月号
8宝さがしで大冒険8月号
9夏だ まつりだ!!9月号
10みんな みらいのパパとママ10月号連載最終話
11サンタの日書き下ろし最終回
特別編ママ大好き!ジス・イズ・アニメーション後日談。みらいが10歳

小学四年生版

ぴょんぴょん版同様に漫画版オリジナル展開によるコミカライズで『小学四年生』において、竹之内淳子が手掛け、1992年4月号から1993年1月号まで連載された。全10話。


最終回はみらいの帰還が本作独自の展開で描かれた。


未来の世界で開発されたタイムマシンを未来なつみが送ってくることになったのだがなつみはみらいを返すことを拒み、さらになつみを迎えに来たるり子にみらいのことを信じてもらえず、なつみはみらいを連れて、家を飛び出してしまう。


車に轢かれそうになった2人は追ってきたるり子が身代わりになったことで命拾いし、病院でるり子の手術が行われる中、なつみは母の愛を改めて知ったことでみらいの本当の母である未来の自分の許にみらいを返すことを決めた。


いづみはるり子の付き添いで病院に残り、なつみとみらいは大介と共にタイムマシンが送られてくる神社に向かい、なつみはみらいにるり子が編んでくれたセーターを着せ、タイムマシンでみらいを未来に送り出すのだった。


余談

最終回は放送時期が放送時期なだけにクリスマスを題材としたものだった。ところが、12月に入って内閣改造があったために1週休止に追い込まれた。だが最終回の内容が内容なだけに日程をずらす事が出来なかったため、休止翌週に再放送枠を融通した上で1時間枠での2話連続放送と言う形式で何とか乗り切っている。


日本テレビ系平日夕方アニメ・特撮枠の金曜夕方5時台前半枠のアニメはサンライズが手掛けてきたが、本作が最終作になった(後番組『ミラクル☆ガールズ』の制作はジャパンタップスである)。


関連動画


関連作品

バック・トゥ・ザ・フューチャー:モチーフとなったロバート・ゼメキス監督のSF映画

ムカムカパラダイス谷田部勝義監督且つ日本アニメーション製作のママは小学4年生のオマージュ作品

関連記事

親記事

株式会社サンライズ かぶしきがいしゃさんらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 646358

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました