ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

生まれたばかりの赤ちゃんは何もすることができないので、などの保護者が赤ちゃんを育てる義務がある。その一連の行為。

おっぱいを与えたりおむつを替えたりする。


幼児期以降も含める場合は子育てと呼ばれる事が多い。


育児は本当に大変

育児を始めてからその大変さに気付かされることも多い。


まず赤ちゃんは話ができない為に意思伝達手段が泣く事しかできず、しかもその泣き声は聴いているものに焦りを与えるようなものになっている。逆に心地よいものだとスルーされてしまうので、不快な音になっているとされている。言う事を聞かないのは言わずもがな。


生まれてしばらくは昼夜問わず三時間置きの授乳を必要とし、体内時計がうまく出来ていないため夜でも起きる。「赤ちゃんは殆どの時間を寝て過ごす」とされているが当然個人差があり、しかも一度の睡眠でぐっすり寝る訳ではなく、成長するまでは浅い眠りを何度か繰り返すケースも多い。夜泣きで寝不足に苦しめられる親も大勢いる。


また赤ちゃんは安全面からひとりにはできない上に、授乳時間と赤ちゃん自身の体力の関係で長時間の外出も困難。赤ちゃんと遠くに出かける時は哺乳瓶やミルクやおむつに着替え等、大人の倍以上の荷物が一緒について回る事になる。完母でも出かけ先に授乳室があるか確認が必要で、赤ちゃんの授乳時間にあわせて移動するようである。当たり前な話で親は誰かに預けない限りは、どこに行くにも子どもが常について回るのである。そのため親はなかなか自由に外出することができず、出産してから美容院にすら行けない母親たちもザラにいる程。赤ちゃんが大人の都合の良いように合わせる事はできない。我慢するのは赤ちゃんではなく大人の方なのである。


赤ちゃんが生まれた後は親は自由な時間を取れないし、育児がうまくいかなくてイライラしてストレスを溜めてしまう事も決して少なくない。残念な話だがこうした事が夫婦関係の悪化や虐待に繋がってしまうケースも多い。赤ちゃんも触覚や聴覚が備わっている為、声のトーンや緊張感で親の苛立ちを感じているとされている。たとえ言葉がわからなくとも、苛立った声や怒鳴り声は赤ちゃんにとっても「怖いもの」なのである。

そのため限界を迎える前に周りの助けや、市区町村の一時預かりサービスの利用などが推奨されている。


しかしこれも、子育てという長いスパンで見ればまだまだ始まりに過ぎない。

成長してからもいろいろとお金はかかるし、反抗期で対立が起きてしまう事もある。

統計上でも「子供がいると幸福度が下がる」というデータがあるのは、この子育ての大変さを踏まえれば納得である。

これを聞いて結婚や出産を敬遠する者もいるが、勘違いしないで欲しいのは「子供がいると不幸になる」のではなく「子育ては幸福度が下がってしまうほど大変」という事である。幸福の価値観は人それぞれである以上、幸福度が下がったからといって必ずしも不幸とは限らないのだ。事実、子育ての辛さを経て尚「子を産んでよかった」と思う親も多くいる。

裏を返せば、子育ては軽い気持ちで挑んではいけない、大きな責任と覚悟がいる事なのである


全てのお父さん・お母さんは本当に立派です

我々も、育ててくれた労いと感謝の気持ちをいつまでも忘れないでいよう


関連タグ

赤ちゃん 子供 親子 保育士 育メン

実録 日記 シチュエーション 疑似家族

生活 家事 授乳 だっこ おんぶ

哺乳瓶 おしゃぶり おくるみ おむつ おまる

ベビーカー 乳母車 ベビーベッド ゆりかご おもちゃ

赤ちゃんと僕 ママはぽよぽよザウルスがお好き ママは小学4年生

関連記事

親記事

日常 にちじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82550665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました