ピクシブ百科事典

インディアン

いんでぃあん

英語で「インド人」のこと。或いはエスキモーとアレウト人を除く、アメリカ大陸の先住民(原住民)族の総称。
目次[非表示]

概要

ヨーロッパよりの白人到達前からアメリカ大陸にいた民族の総称。一口にインディアンといっても、宗教も言語も文化もさまざまな民族がいる。イギリス人やフランス人をひっくるめて「ヨーロッパ人」と呼んだり、日本人や中国人やタイ人をひっくるめて「アジア人」と呼ぶ感覚に近い。

インディアン (Indian) は英語インド人のこと。

ただし、コロンブスが南北アメリカ大陸をインドと誤認したことから、アメリカ大陸の先住民族(原住民族)を指す言葉にもなっている(ただし、アメリカ大陸とユーラシア大陸に跨って居住するエスキモーとアレウト人はインディアンと呼ばれることはない)。インディアンは北米での呼び名であり中南米ではインディオと呼ぶが、英語読みとスペイン・ポルトガル語読みの違いで、北米と中南米の先住民に隔たりがある訳ではない。

歴史

ヨーロッパ人到来以前のインディアンたちに同じ民族という認識は無く、部族によって言葉も習慣も全く異なり、部族間の戦争も多く発生している。
ただ、人口密度が非常に少なかったので土地を奪い合う必要がさほどなく、馬などの移動手段がなかったため戦争は狭い範囲に限られ、石器しか知らなかったため互いの被害も少なかった。
ヨーロッパ人たちが銃や馬、近代的な戦術を持ち込むと、インディアン同士の抗争も激しいものとなった。

ヨーロッパ人が到来した時、これに敵対するインディアンもいたが、基本的にはこの新しい住人たちを歓迎した。ヨーロッパ人もまた、当初はアメリカ大陸の自然を知り尽くしたインディアンたちと友好関係を結び、互いに助け合った。
しかし、大量に入植者がやってくると、インディアンとの間に軋轢が生まれ、抗争が勃発した。
戦いは近代的な武器や戦術を有していた入植者側の有利に進んだ。
また、入植者たちは、指導者の指揮で集団的に戦うことに慣れていたが、インディアンの価値観は徹底した個人主義であり、族長といえど部族民に戦いを強制できず、参加は個人の意志に任せられ、戦闘集団としてのまとまりを欠いた。
入植者たちの間の戦闘でも、敵対関係にある部族がそれぞれの味方について争うこともあった。
入植者の横暴に耐えかねたインディアンが反乱を起こした場合も、敵対する部族が邪魔したり鎮圧したりする事があった。
後に成立したアメリカ合衆国との戦争でも多数のインディアンが殺され、わずかに残ったインディアンは居留地に押し込められた。
他民族との混血が繰り返され、民族的独自性の多くを失った。
近代になって「インディアン」全体の人権を守るための活動が活発になるまで、彼らは一枚岩になることはなかった。

公民権運動以降のアメリカ合衆国では侮蔑的呼称とされ、「アメリカ合衆国の先住民」の意で「ネイティブ・アメリカンズ」に言い換えられているが、これにはエスキモーイヌイット民族とユピク民族の総称)やアレウト人、太平洋島嶼のアメリカ領先住民なども含まれる。
そのため、1974年に結成されたインディアンの人権団体『国際インディアン条約会議』は当初から「ネイティブ・アメリカンズ」こそが侮蔑的呼称であると見なし、1977年の国連会議で「アメリカインディアン」が自分たちの種族名であると宣言した。「インディアン」と言う呼称に抵抗のある人たちからも「ネイティブ・アメリカンズ」以外の呼称の制定を望む声が上がっている。
このように、インディアンの名称は非常にデリケートな問題となっている。

カナダでは「ネイティブ・カナディアンズ」を経て「ファースト・ネーションズ」が定着した。

社会・文化

地域毎に文化風俗信仰などに著しい違いがある。
狩猟・採取、漁業、農業(トウモロコシタバコカボチャなどの栽培)が行われていた。元から家畜としてを飼育をしていたが、それ以外は入植者から入手したものである。
信仰は多様だが、シャーマンを通じて自然の精霊や祖霊を崇めることに共通点がある。
政治体制は旧大陸とは異なる点が多く、「『酋長』は政治的リーダーではなく、部族内への強制権を持たない」「土地の所有権の概念が異なる」などの特徴を有する。

現在、一部のインディアンは先住民族としての権利を手にし、居留地で自治を行って伝統と民族の継承を図っている。北アメリカ・ニューヨーク州北部のオンタリオ湖南岸とカナダにまたがって保留地を領有する6つのインディアン部族(タスカローラ族モホーク族カユーガ族オナイダ族オノンダーガ族セネカ族)は、部族国家集団イロコイ連邦を結成した。

鳥の羽飾り(ウォーボンネット)をつけてに乗って草原を走るというイメージは、アメリカ西部のラコタ族のものだが、西部劇の影響で、他の部族にも鳥の羽飾りが広まっている。

起源

彼らの先祖の少なくとも一部は、最終氷期の後期(25000年~14000年前)にアジア大陸から、海面が100m程低下して地峡だったベーリング海峡を渡ってアラスカに到達した。インディアンの民族的多様性は、アジアから何度もモンゴロイドが渡ってきたことに由来するとも考えられている。

言語的には350ほどの言語がある(死語を含めると1000以上)が、ルーツを共にする言語をまとめると10数個の語族からなり、語族間の違いは、移住した年代の違いと考えることができる。アジアの言語との関連は長らく不明だったが、2008年にインディアン諸語のひとつナ・デネ語族と北アジアで話されているエニセイ語族が類縁関係にあることがわかった。

Pixiv百科事典に記事のあるインディアンの部族


インディアンをモチーフとしたキャラクター

特撮

漫画

ゲーム

アニメ

キャラクターのモチーフとしての扱い

ウォーボンネットトーテムポールカチーナをモチーフにしたデザインが多い。

関連イラスト

現実のインディアンより、インディアン的なイメージをモチーフにしたものが多い。

インディアン
Patung Kachina
北西海岸インディアン風シャチ
センシティブな作品



関連タグ

民族衣装 オートバイ ドリームキャッチャー タバコ モヒカン トーテムポール 西部劇
トマホーク カチナ/カチーナ ココペリ(北米伝承) 
イクティニケ ハオカー マニトゥ ネミッサ ピアサ
サンダーバード ジェロニモ ポカホンタス メタセコイア ペヨーテ
インディアン座 タイコンデロガ級 アチェリ 
第四の黙示録 ソウルハッカーズ アサシンクリード3 
インディアン(バイク)

クリーブランド・インディアンス・・・「インディアンス」のチーム名と共に球団ペットマーク等に使われている「ワフー酋長」を使用していたが、『人種差別的だ』としてその意匠廃絶を求めて激しい抗議が半世紀近く行われ、2018年にキャラクターは廃止。
ワシントン・レッドスキンズ
こちらはNFL(アメリカンフットボール)のチーム。インディアンズと同じくペットマークに「赤い顔の先住民」を使っており、先住民を侮蔑する意味を持つ「赤い肌」をチーム名としているが、大口スポンサーからの「改名しないならスポンサー契約を打ち切る」という姿勢には逆らえず、改称を検討。
シカゴ・ブラックホークス - アイスホッケーNHLのチーム。チーム名は先住民の族長に由来しており、ペットマークはその横顔。上記2球団と違い「球団の尊厳に関わる」として改名しない意思を示している。

アトランタ・ブレーブス(MLB)
カンザスシティ・チーフス(NFL)

何れもチーム名がインディアンに関連している。

関連記事

親記事

民族 みんぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「インディアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1257367

コメント