ピクシブ百科事典

カチナ

かちな

カチナとはインディアンのホピ族が信仰する精霊のような存在。
目次[非表示]

概要

インディアンのホピ族が信仰する超自然的な精霊のような存在で、アリゾナ州にある聖なる山に住んでおりカチーナとも呼ばれる。
なおインディアンの図像として有名なココペリもカチナの一種である。

元々は不可視の存在であったが、ホピ族の人々が旱魃によって滅ぼうとしていたときに人間的な姿をとって降臨したと伝わる。
様々な知恵を授けてくれたために人々の生活は楽になったが、そのために堕落した者が増えてきてしまったために村から去って行ったという。
しかし、儀式を行えば再び現れることを約束してくれたので、ホピ族は数百年間決まった時期に正しい儀式を行いカチナの助けを得ているという。

種類は分かっているだけで400以上いるといわれており、現在も姿を模ったカチナドール(カチナ人形)という木彫りの人形が作られている。

創作での扱い

カチナドールは非常にユニークな姿をしているため、キャラクターデザインのモチーフとして使われることがある。

関連イラスト

Honau Kachina
Tootsa Kachina
Mongwhu Kachina
Letaiyo Kachina
Patung Kachina
空と大地と
*****
****


関連タグ

インディアン 精霊 カチーナ 
ココペリ(北米伝承)

関連記事

親記事

インディアン いんでぃあん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カチナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78

コメント