ピクシブ百科事典

騎馬民族

きばみんぞく

日常生活や戦争などに騎馬(馬)を用いる人々。

を使うことが基本の民族であるが、遊牧民と同一視もされている。
主に東アジアから東欧までのユーラシア大陸で広く分布し、世界史に多大な影響を及ぼした。
放牧や交易などで暮らし、シルクロードを東西に結び、文物と人々を運んだ。
とくにチンギス・ハーン率いるモンゴル民族は支配領域を広大な版図に拡大させ、フビライ・ハーンの頃にはユーラシアの大部分を支配下にした。
大航海時代の頃には勢いが衰え、近代には近代化に遅れ、現代では騎馬民族生活は減少している。
一時期、日本の大和朝廷と皇室は大陸から渡来した騎馬民族が日本を征服したことで成立した王朝とする学説が注目され、手塚治虫漫画火の鳥 黎明編』ではこの説を取り上げている。

pixivでは(当然だが)馬と共に描かれた作品が多い。

関連タグ

 騎馬 乗馬 民族 遊牧民
欧州史 世界史 アジア

pixivに投稿された作品 pixivで「騎馬民族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25863

コメント