ピクシブ百科事典

目次[非表示]

Pixiv内では「サンドマン」タグでの使用が多い。

概要

SBRレース参加者の1人。アメリカの開拓により土地を失ったネイティブ・アメリカンの一族。
部族の誇りを尊重しているが、同時に「敵から身を守るには敵のことも知らなくちゃいけない」という事も良く理解しており、禁を破って白人社会についても良く勉強し、部族の古い考えはこれからの社会には通用しないことも悟っている。

しかしそういった柔軟な対応は保守的な部族には受け入れられず、(思い込んだら他人と協調しない生来の性格もあり、)SBR冒頭では危うく処刑もされかけるほどであった。白人がもたらした新しい価値観――「金」で先祖から受け継いだ土地を守るべく、賞金目当てでSBRに参加する。
家族に姉が1人居る。姉には弱いらしい。

レースには馬を用いず、自分の足のみで優勝を目指す。
しかしながら地形を活かした特殊な走法、馬には通れないショートカット等を駆使し、馬に負けずとも劣らないスピードで各ステージを突破している。特に第一ステージにおいてはジャイロの反則による繰り上げもあったとは言え、暫定一位で通過していた。

だが後に大統領に出会い、彼の命令に従って遺体を回収する方が目標の達成のために手っ取り早いことに気付き、ジョニィとジャイロの前に立ちはだかる。
Dioとの共同戦線を張り、互いのスタンド能力を組み合わせた戦法で2人をあと一歩のところまで追い詰めるが、act2に成長したタスクの反撃を受けて敗北、死亡した。

先祖の地


名前の元ネタは恐らくメタリカの曲名「Enter Sandman」。この曲が収録されているアルバム「Metallica(通称:The Black Album)」のジャケットには蛇のイラストがデザインされているが、サンドマンの両肩には蛇の刺青が彫られている。

スタンド「イン・ア・サイレント・ウェイ」

サンドマン (SBRより)


インディアンのような装飾を纏った人型スタンド。
擬音を具現化し、触れた者、あるいは物に、擬音から連想される現象をもたらす。

エコーズAct.2によく似た能力だが、こちらは音が直接物理的な破壊をもたらす点で異なっている。(エコーズはあくまで「感覚」を伝えるだけ)
またエコーズAct.2と違い、同時に複数の音を出すことが可能で、空中に浮いた擬音を盾にしたり、その上に乗るといった芸当もでき、戦闘向きの能力といえる。

作中ではディエゴ・ブランドーの恐竜とのコンボ技を披露した。
小型恐竜が斬撃を運搬する「バカラ」、翼竜が炎を運搬する「メラメラ」、取り囲んで水中に切断音を流し込むタイプなどがある。

砂男?

本人曰く、「サンドマン」は白人が勝手に聞き間違えた名前であり、本名は「サウンドマン(音を奏でる者)」らしい。
しかし、7部冒頭で部族の仲間も思いっきり「砂男」と呼んでいたりするため良く突っ込まれる。

まあジョジョでは良くある話ではある。
ちなみに初期はスタンドのデザインや能力も相当違う。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 SBR

関連記事

親記事

SBR すてぃーるぼーるらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サンドマン(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 619

コメント