ピクシブ百科事典

死亡説

しぼうせつ

死亡説とは存命の個人に対し死亡した(している)と流される噂のこと。
目次[非表示]

概要

まだ存命である個人に対し巷で「実は亡くなっている」と流されるのことを指す。日本では特に芸能人に関して流布されることが多く、都市伝説の一つとして考えられることもある。
対義語は「生存説」。

どうしてこのような説が生まれるのか?

噂の原因の一例として以下が考えられている。

  • 「以前はよく見かけていたのに最近メディアでは見かけなくなった」という事例(実際には話者がその情報に接していないだけ、ということも)
  • 情報が限定された状況で活動が確認されていない状態
  • いつ死んでもおかしくはない、と思われる状況
  • それらが噂話として尾ひれが付いて行く。
別パターンとしては以下のものが存在する。
さらに信ぴょう性が増すような囁かれ方として「死後一定期間は公表されない(だから報道されていない)」がある。渥美清のように実際にこのような形で訃報が扱われるケースも存在するため信じ込まれやすい。
また海外の政治家活動家等の場合、所在どころか生死すら不明となったことから「死亡したのではないか?」と深い根拠もなく囁かれることがある。
ちなみにこれらの噂を流された当の本人が自身の死亡説を知って驚くといったことも多いが、逆に当の本人が面白がってネタにする事もある。

死亡説が流れた有名人

  • マルクス・アウレリウス・アントニヌス 五賢帝に数えられるローマ皇帝。病没したとの虚報により配下の将軍が謀反を起こしている。生存が伝わると首謀者は暗殺され沈静化した。この例に限らず情報伝達手段に乏しい時代には統治者の戦死、病没の虚報を受けての叛乱、挙兵は少なくない。
  • 徳川家康 戦国時代を生き抜く中で多くの危難を乗り越えてきた人物だが「実はあのとき死んで影武者と入れ替わっていた」との説が複数ある。これら「影武者説」は同時代の情報錯そうの結果というより後世の創作上の要請とみる方が妥当だろう。
  • 伊藤律 中華人民共和国にて投獄後の1955年以降度々死亡説が流れた。それが誤りと分かったのは1980年のことである。
  • ポール・マッカートニー 1969年に死亡説が流れた。詳細は該当記事参照。背景としてビートルズが解散に向かっていたこと、ポールがスコットランドに引き籠っていたことなどが挙げられる。
  • 金日成 北朝鮮の情報は制限されていることから1986年頃に日本その他で死亡説が流れ、平壌空港に姿を現すまで続いた。
  • 金正日 2000年代に入り体調を崩しがちだったが、実際に死去した前にもともと国内の大きな式典にも欠席しがちだった事や外遊の少なさで何度か死亡説が囁かれた。
  • 志村けん 1990年代後半頃に流れ話題となったことで死亡説の中でも有名である。この頃に看板番組が深夜帯へと移り、またゴールデンタイムに番組で見かけなくなっていたことが一因とされる。同時期志村はコント以外の番組をあまり得意としておらず露出減に繋がっていた(この時期は志村の低迷期と重なっている)。またドリフターズの中で志村だけ死亡説が語られたことへの有力な説明として「志村健」という名前が東村山近辺での「おくやみ欄」に載っていた説栃木県のがんセンターに「志村けん」と同姓同名の人物が入院していたという説がある。なお志村の本名は志村康徳である。
  • 志茂田景樹 メディアに顔出ししなくなってからは度々死亡説が出ているという。彼が小説執筆を控えて別の活動に力点を移したことも遠因とされる。
  • 田代まさし 服役中に獄中死の噂が流れた事がある。
  • 高倉健 生前は私生活をほとんど明かさない人物故に死亡説が流れたことがある。
  • 高橋名人 どちらかといえば「逮捕説」が有名だが、死亡説が流れたこともある。
  • チョー(長島雄一) 『たんけんぼくのまち』終了後、「長島雄一」の名前で声優を中心として活動し顔出しの機会が少なくなった為か、死亡説が流れたことがある。のちに芸名をなじみ深い「チョー」としている。死亡説を「チョーさん生きてるよ!」とネタにしたこともある。
  • つぶやきシロー 2001年頃に死亡説が流れていた。『ボキャブラ』終了あたりからテレビでの露出機会が減ったためか。なおつぶやきの芸風からTwitterアカウントを開設しており、ナレーション活動もして健在。
  • 桂歌丸 大喜利で死亡ネタの掛け合いがあった彼にも2001年頃に流れたらしく、日本テレビの報道部が裏取りをしてきたことに『笑点』スタッフ一同が仰天し歌丸の妻にまで確認する事態となった。ちなみにこれまで死亡説は二度流れ、それらはネット上(2ch)のデマが大元とされている。なお『笑点』の司会は体調問題があり降板したが、その後2017年に肺炎で入院したその日にTwitter上で死去のデマが流された。流した人物には「洒落にならない」との非難がなされた。なお、彼は2018年7月に落語に捧げた生涯を全うしてこの世を去った。
  • 木梨憲武 2014年頃?にTwitterのトレンドワードに突如「木梨憲武死去」が現れて一時騒然となるが、ほどなくして沈静化。原因は過去に「とんねるずのみなさんのおかげです」で盲腸(虫垂炎)手術から復帰した時のオープニングでの追悼番組パロディをやらかした時のものが動画サイトにあった事がネタにされたのを真に受けたこれを知らない世代間で騒がれたとされる。なお、このオープニングは放送当時でも騒然になり、ネタばらし後にフジテレビに苦情が殺到した逸話がある。
  • 三木道三 2001年に『Lifetime Respect』が大ヒットし有名なレゲエ歌手。ブレイクした同年に新譜を一切出さなくなり、それ以外の活動も2003年の全国ツアーを最後に10年近く行っていなかったため「エイズで死亡した」などの死亡説が流れていた。実に10年以上のブランクを経た2014年に「DOZAN11」と改名し活動再開を発表したことからデマだとはっきりした。また、その噂は本人の耳にも入っており、Twitterで「ネットの情報はあてになんないよ〜」と言及している上、「俺の死亡説に接した人〜!俺の冥福を祈ってくれましたか…?」など割とノリノリでネタにしてたりする。
  • 槇原敬之 96年頃に死亡説が流れた。この時期喉のポリープを治療したばかりで活動が低下していたため。これをネタに「まだ生きてるよ」をリリースした。
  • 江沢民 2011年香港のテレビ局が入院中の江死去の一報を伝え、それを日本では産経新聞が大々的に報じた。数か月後に公の場に江が姿を現したことで誤報と確定している。産経は唯一電子版号外を出すなどマスコミ各社の中でも突出して報じていたが、のちにほとんど裏付け取材を行っていなかったことが判明している。なお、その後も定期的に江沢民死亡説は海外メディアを中心に流れ続けている。
  • ノロドム・シアヌーク ポル・ポト率いるクメール・ルージュ体制下で厳重に拘束されていて動静不明になったため、西側では死亡説が流れていた。当人は生存したもののポル・ポト体制下で彼の妻子に多くの犠牲者が出ている。
  • 山川純一 匿名作家の死亡説であり特殊な事例。そもそも山川は消息不明後、時間がかなり経ってから「くそみそテクニック」等がインターネットの一部で注目され著名となった漫画家であり、著名人が消息不明となって死亡説が生じたここまで列記したパターンとは異なる。当時の掲載誌『薔薇族』の編集長伊藤文學は山川と面識を持つ数少ない人物の一人であるが、その伊藤でさえ山川の個人情報(本名や住所すら明かしていなかった)も消息も把握できていないことから、個人の見解として死亡説を口にしたことがある。伊藤は「編集長以外の編集スタッフから作風が嫌われていた」「そのせいで作品が制作されても掲載されないことがあったが、それでも伊藤は原稿料を払っていた」「それを気にしてかある日を境に姿を消した」点を挙げ、セクシャルマイノリティの世界で理解を得られない苦しみ等で自ら命を絶つ同性愛者を何人も見てきたことなどもあり、可能性の一つとしてこうした見解を示している。
  • 銀河万丈 詳細(外部リンク)釣りとして追悼スレが頻繁に2ちゃんねるに立てられたことと、ギレン・ザビの葬祭がニコニコ動画で放送されたことなどから勘違いが発生した模様。


どちらも性病で死んだとされているが、ドラゴン田中は生存説も流れている。

※他にもありましたら追加をお願いします。

フィクション作品における死亡説

上記の死亡説とは少々違う性質があるのだが、フィクションの登場人物にまつわる死亡説がまことしやかに語られる事があるが、続編といったもので大抵覆りやすい為、死亡説でありながら生存説の性格を持っている事になる。

 劇場版必殺!」の最終作「主水死す!」。
 劇中では生死不明のまま終わったが、2000年代版「必殺仕事人」シリーズで続投していた。しかし、藤田まことの逝去で「2010」において西方への異動となって物語から再び姿を消した。あくまでも「異動」であるが藤田氏の追悼色が強い演出となっている。ところが2018年に過去アーカイブスを使用した映像合成で再登場している。
  • 矢吹丈の真っ白に燃え尽きた姿。
 あしたのジョーで最も有名な最終回のジョーのその姿が命尽きたように見える為。様々な憶測が流れた。
 なお、原作者の梶原一騎による当初の構想や作画のちばてつやの発言でも明確に死を語っていない。ボクシングに青春と生き甲斐を見出しそれに全力を尽くした故に燃え尽きた姿であるとされる。
 リングにかけろの最終決戦前にパンチ・ドランカーになっていることが判明し、対決後、ウェディングドレスを着て待っていた姉・とともに教会で深い眠りについていたため、当然のように死亡説が流れたが続編で……
 サザビーのコクピットブロックを抱えたνガンダムと共にアクシズを押し出しどちらも行方不明になっている。監督を勤めた富野由悠季はハッキリ「死亡した」と述べた事もあるが真相は定かではない。
 なお、その後が舞台である「機動戦士ガンダムUC」では両者が死亡した事を前提に話が作られている。
 登場人物の死の描写が織り交ぜられている為、補完された人々もそう見えるのだが正確には補完された人々は液状化と魂の同一化である。
 補完された人々が個を思い出すと再びヒトの姿を取り戻すらしいが……。
 本編クリア( 殿堂入り後 )にカントーへ行けるようになり、最終的に行ける「シロガネ山」にいる前作主人公・レッドが実は死亡して幽霊として存在している……と語られたもの。
 元々彼は無口である為セリフが「・・・。」しか発しない上に勝利後に姿を消す為か。
 なお、HGSSBW2と立て続けに死亡していないことを仄めかすネタが展開され、サンムーン完全に否定された。
 もしかして→厨二病
 ラストが墓所で倒れる終わり方だった為。確かに彼の場合は死に近い状態だったのだが……。
 どう考えてもラストからしてありえないはずだが、都市伝説で語られた。

関連タグ

 都市伝説 生存説 行方不明 失踪 消息不明
死亡 誤解 勘違い
影武者
死ぬ死ぬ詐欺
風評被害

参照

wikipedia:同項目

コメント