ピクシブ百科事典

ポル・ポト

ぽるぽと

ポル・ポトとはカンボジアの政治家。
目次[非表示]

出生からカンボジア内戦

1925年、または、1928年、現在のカンボジア・コンポントム州の富裕農の家に産まれる。兄であるサロト・スオン曰く、虫も殺せないような優しい子だったという。
フランス留学中に共産主義に目覚めフランス共産党に入党。帰国後、クメール人民革命党での活動を開始する。その後、クメール・イラサクに参加。1967の武装闘争開始頃から中国共産党の支援を受け、毛沢東の影響を強く受けたとされる。

ベトナム戦争から4月17日

ベトナム戦争に中立的だったカンボジアだったが、戦争の余波を受け親米派政府軍(クメール・イラサク)とシアヌーク国王派(サンクム)による内戦に陥っていた。シアヌーククメール・ルージュは協力し、4月17日、ついに政権を奪還したが、すぐにクメール・ルージュが政権を掌握。シアヌークを監禁。国名をフランス風の「民主カンプチア」に変更し、自らも「ポル・ポト」と名乗る。やがて首相となり事実上のカンボジアの独裁者となる。

カンボジア大虐殺

資本主義や知識層、旧体制を否定する苛烈な政策を行うようになり、国民に強制的な移住・集団生活・結婚・労働などをさせた。また、子供たちを家族から引き離し、工場や軍隊で働かせ、学校や病院、宗教を禁止した。
医師・教員・技術者・帰国留学生・対立派・僧侶などを弾圧・虐殺。1976年の毛沢東の死により激化。大多数の国民が殺されていき、1979年のプノンペン陥落時には、国民の85%が14歳以下であった。なお、正確な死者数は不明である。
また、アンコールワットを筆頭に、多くの寺院・文化財も破壊された。

カンボジア・ベトナム戦争

1978年1月には隣国ベトナムに侵攻し、戦争となったが、ベトナムに亡命した反体制派(カンプチア救国民族統一戦線。KNUFNS。)がベトナムの支援を受けベトナム軍とともに反撃し、ポル・ポトは政権を追われジャングルに敗走していく。コード87はこのころの暗号名である。

死去

1998年4月15日にポル・ポトは死去。公式には病死とされているが遺体の爪が変色していたことなどから毒殺を疑われる。彼の政権下で行われた虐殺長引いた戦争は今もカンボジア社会に大きな影を落としている。
諸外国の独裁者に比べると表に出ることをあまり好まず、贅沢などもしていた形跡が少ない。実際面会した相手にも「礼儀正しく誠実」と評される面もある。常軌を逸した大虐殺を行った真の理由は不明な部分が多いが、彼の妥協を許さない理想主義的な面、猜疑心の強さなどが理由として推察されている。

言葉

ポル・ポトによる子供たち向けに掲げたスローガン
「我々は独自の世界を建設している。新しい理想郷を建設するのである。
したがって伝統的な形をとる学校も病院もいらない。貨幣もいらない。
たとえ親であっても、社会の毒と思えば微笑んで殺せ。
今住んでいるのは新しい故郷なのである。我々はこれより過去を切り捨てる。
泣いてはいけない。泣くのは今の生活を嫌がっているからだ。
笑ってはいけない。笑うのは昔の生活を懐かしんでいるからだ。」

名前

サロト・サル

本名。サロット・サルとも。
「サル」はクメール語で白の意。中国的な白い肌であったことから父が名づけた。

khmaer da'em

ペンネーム。本来のクメール人の意。
パリ留学中に発行されていた内部機関紙Khemera Nisitの1952年8月号に寄稿した際のペンネーム。フランス、ロシアと第一次国共合作について述べた記事を書いた。

バン・チー・モイ

クメール・イラサク連合で独立闘争に加わっていたころの偽名。クメール語で長兄の意。
厳密に言うと次兄となるが、カンボジアには長男は悪霊が攫っていくとの伝承があり、長兄を次兄として悪霊を欺くという風習があるためである。

アン・ハイ

ベトミンに居た頃の偽名。ベトナム語で長兄の意。
バン・チー・モイとは違い、素直に長兄の意。

プーク

偽名。クメール語で緩衝材の意。詳細を忘れたので、わかる方、編集してください。

ポル

ポル・ポトの一つ前に使っていた偽名。政治の意。

一の同志

偽名。詳細を忘れたので、わかる方、編集してください。

ポル・ポト

政治の可能性(Political Potential)の意。首相就任時に使い始めた。

バン・ポー

年長者の意。使っていた時期を忘れたので、わかる方、編集してください。

コード87

ヘン・サムリン政権成立後に使ってた暗号名。主に文書に使われた。

コード90

コード87同様、ヘン・サムリン政権成立後に使ってた暗号名。主に文書に使われた。

なぜ、偽名を使ったか

敵を欺くためである。実際、首相就任時、ポル・ポトが何者かわからずポル・ポト=ラト・サムーン説がでた。

関連人物

クメール・ルージュ関係者

キュー・サムファン:カンプチア共産党中央委員。国家幹部会議長。国家元首。
イエン・サリ:副首相兼外務大臣。次兄。義弟。
イエン・チリト:社会問題相。イエン・サリの妻。
キュー・ポナリー:民主婦人連合会長。ポル・ポトの妻。イエン・チリトの姉。
タ・モク:南西部地域書記兼党中央委員会常務委員。屠殺屋の異名をとる。
ソー・ピム:党中央委員会常任委員兼東部地域書記。国家幹部会第一副議長。拘束直前に自殺。
ソン・セン:国防担当副首相。銃殺後、トラックで轢かれた。
ヌオン・チア:副書記兼中央委員会常務委員。国会議長。存命。
ケ・ポク:北部地域司令官兼国防相顧問。
ラト・サムーン役職を忘れたので、わかる方、編集してください。イエン・サリの親友。
ペン・トゥオク:経済担当副首相。粛清。
ノン・スオン:農業委員長。粛清。
カン・ケク・イウ:S21所長。
ラト・サルーン:護衛隊長。
ルーン:料理人。嫌疑がかかっても粛清されないあたり最強かもしれない。

友人

ケン・バンサク:民主党の事務局長補佐。留学時代の友人。
ロン・ノン:イラサクの内務大臣兼外務大臣。高校時代の親友。
メイ・マン:高校時代の親友。

親族

サロト・スオン:兄。王宮で書記官をしていた。
サロト・ルーン:姉。モニヴォン王の側室。モニヴォン王を看取った。
サロト・チャイ:兄。クメール・ルージュのジャーナリスト。プノンペン占領直後に死亡。
サロト・ネプ:弟。父から家を継いだ。
ルク・クン・メアク:従姉。モニヴォン王の側室。シソワット・コサラックの母。
ミヤ・リム:後妻。
シット:娘。名前はカンボジアの昔話のヒロインから。

その他

ノロドム・シアヌーク:王。モニヴォン王を外祖父に持つ。

関連タグ

カンボジア 独裁者 共産主義
地雷:「完全な兵士」と賞賛し、国境付近に無計画にバラ撒いていた。いまだ撤去が完了しておらず、カンボジアではこの地雷により四肢や命を失う人が後を絶たない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ポル・ポト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11117

コメント