ピクシブ百科事典

リィンカーネーションの花弁

りぃんかーねーしょんのかべん

「リィンカーネーションの花弁」とは、小西幹久による漫画作品。
目次[非表示]

概要

小西幹久による漫画作品。略称は『リィンカネ』。
月刊コミックブレイド2014年7月号から連載開始したが、同誌が同年9月号にて休刊になったため現在は月刊コミックガーデンに移籍して連載中。
同社のWEBコミックサイト『MAGCOMI』でも配信されている。

コミックスは2019年12月時点で10巻が発売され、第11巻が2020年1月10日発売予定。
2019年1月にシリーズ累計100万部を突破した。

あらすじ

天才だった兄と比べられ蔑まれた過去から才能を渇望する高校生・扇寺東耶
ある日、東耶は首から「花弁」を散らせた奇妙な殺人鬼に遭遇。東耶を救ったのは、クラスメイトで天才剣士の灰都=ルオ=ブフェットだった。

突如ナイフで自らの首を掻っ切ってしまう灰都だったが、その身体からは殺人鬼と同じく「花弁」が舞った。
灰都は前世から才能を引き出した「廻り者」を名乗り、宮本武蔵の剣才で殺人鬼アルバート=ハミルトン=フィッシュの廻り者に立ち向かっていく。

呼び起こされた「前世の才能」に魅せられた東耶は倒れた灰都の囮となり、同じく廻り者のノイマンの助けを借りて見事敵の攻撃を生き延びる。
そして灰都から「輪廻の枝」を手に入れた東耶は廻り者となり、数々の戦いに巻き込まれてゆく事になるのだった。

用語

  • 輪廻の枝

自らの首を掻き切る事で前世から才能を引き出す事の出来るナイフ。
だが当然ながら前世に才能が無ければただの自害にしかならず、歴史的偉人や英雄だけでなく歴史的な殺人鬼や独裁者などの才能をも引き出してしまう。

  • 廻り者
輪廻の枝で自らの首を掻っ切る「輪廻返り」により、前世の才能を引き出した者たち。
人外の域にすら達する超常的な能力を発揮できる。
繰り返し輪廻返りすることで、やがて輪廻返りが解けない「完全な廻り者」となる。

また才能のみを後天的に得るため、性別などは必ずしも前世と一致しない。

  • 偉人の杜(いじんのもり)
灰都やノイマンが所属する「偉人格」の廻り者たちの集団。
才能に呑まれ人々に害をなす「罪人格」の廻り者の排除を目的としている。

登場人物

偉人の杜

  • 扇寺東耶(せんじ とうや)/???
「才能」


主人公。16歳の高校生。
天才だった兄と比べられた過去から才能を渇望するも、あらゆることに「才能がある」と言えるだけの成果を出せずにいる。
輪廻の枝を手にし廻り者となるが、その才能は…
本人が協力的であることなどを理由に、罪人格ながら偉人の杜のメンバーとして迎えられる。

  • 灰都・ルオ・ブフェット/宮本武蔵

灰都さん


灰髪灰眼の東耶のクラスメイト。
養護施設から剣道の道場の師範に引き取られ、父への恩返しのために廻り者となる。
未だ不完全な廻り者だが、怪我を負った父の道場を再開させるという夢を持つ。
才能「歪二天礼法」は二刀を用いた変則刀法。

  • ノイマン
ジョン・フォン・ノイマンの廻り者の、車椅子に乗った少女。
19歳。「小さい」や「可愛い」は禁句。
偉人の杜の初期メンバーの1人であり、才能の関係もあり指揮系統を一手に引き受けている。
才能「予測演算」はあらゆるデータから未来を予測するほどの計算力・思考能力を発揮する。

舩坂弘


軍服を着た坊主頭の青年。真面目で堅実な性格で、軍人口調で喋る。
才能「不死の兵」はどんな傷を受けても再生する不死の体。

  • アインシュタイン

初描きアインちゃん


アルバート・アインシュタインの廻り者の、緑のスーツに長いピンクの髪の女性。
通称アイン。偉人の杜の初期メンバーの1人であり、胸に歯車のような模様がある。
性格は所謂ツンデレだが、女性に対しては甘い。
とある過去のせいで「男は嫌い」と公言しているが、ニュートンにはからかわれその度に殴っている。
才能「空間転移」は座標を登録した場所へ一瞬で転移する事が出来る。

  • ニュートン

秋ニュートンと春アイン


アイザック・ニュートンの廻り者の、リンゴ頭の白衣を着た男。アインシュタインに殴られる度にリンゴの品種名を叫んでいる。
普段はふざけたような態度が目立つが、実が頭がかなり切れる上に優しい。
リンゴジュースになるよりはせめてジャムになりたいらしい。
才能「重力の実」は顕現させたリンゴから半径4メートル以内の重力を自由に操る事が出来る。

  • ナイチンゲール

ナイチンゲール様


フローレンス・ナイチンゲールの廻り者の女性。偉人の杜の初期メンバーの1人。
長い前髪で目が隠れており、十字のついたワンピースに手足には包帯のようなものが巻かれている。
才能「癒の天使」は傷を一瞬で癒すが、実はそれだけではなく…。

  • ドリーシュ
ハンス・ドリーシュの廻り者の、七三分けでスーツを着た男性。
才能「複製者」は自分の分身を作り出す事ができ、複数人での人海戦術を得意とする。

  • ピカソ
ユニークな仮面を付けたパブロ・ピカソの廻り者。
偉人の杜の初期メンバーの1人で、昔は仮面を外していた。
まだ子供だからなのか、壁やキャンパスによく絵を描いている。
才能の詳細は未だ明かされていない。

海外遠征組

罪人軍との決戦で召集された、世界各地に散らばったメンバーたち。

  • 柳生十兵衛
ポニーテールで眼帯を付けた、剣豪・柳生十兵衛の廻り者の女性。18歳。
視覚限界使用の才能「一寸の極」から独自の流派「柳生新陰流勢法」を編み出した。

  • ライト姉妹 ライト兄弟の廻り者で、髪を1つに縛っているオーヴィルと髪を2つに分けて縛っているウィルバーの姉妹。
2人とも強烈なシスコンで、いつでもベッタリしている。
空を飛ぶことを愛し、「世界で初めて人間だけで飛行した」と日頃から嬉々として語っていたらしい。
才能「空の人」はお互いの片手が翼のように変形し、空の範囲であればどんな気候・気圧でも飛行が可能。

  • ファーブル
ジャン・アンリ・ファーブルの廻り者で、輪郭の形のみ描かれている廻り者。
多くの野生動物、昆虫の観察に由来する才能「観察者」により、視覚情報をはじめ音・匂い・振動など全てが無効化され常時完全なステルス状態となる。
完全な廻り者となる前に会っていたノイマン以外は誰も姿を見た事がない。
一人遊びの熟練者でテトリスなどのゲームはすごく上手いらしい。

  • ダーウィン
目深にかぶった帽子と長い髭が特徴的なチャールズ・ダーウィンの廻り者。
才能「進化論」は自身の体を既存の生物の姿に進化させ、最適な生物の部位を結集することができる。

  • シュレーディンガー

シュレディンガーさん


猫の頭と尻尾を持つ、エルヴィン・シュレーディンガーの廻り者。
スーツには猫と死んだ猫のシルエットが対照的に描かれている。
才能「猫は観察者」はあらゆる確率を目視し、それらを自由に選択・実現させることができる。

  • フィッシャー
白と黒に分けられた髪とスーツを着た、ボビー・フィッシャーの廻り者。
才能「神に届く白軍」はあらゆる戦術を想像でき、チェスの駒を模した兵士を使役する。

  • シモ=ヘイヘ
白いコートを着たシモ・ヘイヘの廻り者。フードで顔を隠していたが、実は女性。
狙撃の才能のほか、雪原に相手を引きずり込む才能「白い地獄」を持つ。
強力な才能故に直ぐに疲れて寝てしまうので、MY枕をいつも持ち歩いている。
愛銃の名前は「雪娘(スネグーラチカ)」。

  • カエサル
短い髪と丸い目が特徴的な、ガイウス・ユリウス・カエサルの廻り者。
頭には月桂樹の冠を付けている。前世の影響か女好きで、灰都やアインを始め色々な女性を口説いては失敗している。
才能「英雄の証」は軍として1000人以下の味方を統率でき、自身もあらゆる武器を召喚し最高練度で使用出来る。

罪人軍

偉人の杜を前に集結した罪人格の廻り者たち。
一部、偉人格の廻り者も参加している。

  • 項羽

項羽


項籍の廻り者の、重瞳の男性。罪人格の廻り者たちを束ねる王であり、かつては偉人の杜の初期メンバーであった。
才能「万象儀」は自身から滲む黒い闘気を意のままに操り、他者を傷つけさえすれば何でもできる。

  • ダルモン

ダルモン


マリー・アンヌ・シャルロット・コルデー・ダルモンの廻り者の情勢。長い髪と格子のような模様が特徴で、頭の上の輪や羽など服装は天使そのもの。
才能「暗殺天使」は任意の対象1人に自分と同じ傷を付ける。

  • ノストラダムス
ペストマスクと黒い帽子を被った、ノストラダムスの廻り者。年寄り口調だが謎が多い。
才能「大預言者」は予言書に浮き出る文字から未来を知り、それを書き換えることができる。
的中率は70%で案外外れるため、日常的には天気予報くらいにしか使用していなかったらしい。

  • ポル=ポト
褐色の肌と細く鋭い目を持ったポル=ポトの廻り者。長い髪は過去は下ろしていたが現在はオールバックにしている。
全く何も喋らず、ヒトラーとだけはその才能で意思疎通を図っていた。
才能「腐食果実」は自分を中心に最大半径50メートル以上を腐食させる事が出来る。

腐食が制御出来なかった頃にヒトラーの足を腐食させてしまったため、ヒトラーと共に行動している。

  • ヒトラー

リィンカーネーションの花弁/ヒトラー


軍服を着たアドルフ・ヒトラーの廻り者。性別不明。
上記の理由で足が不自由なため、移動の際はポル=ポトに椅子ごと運んでもらったり抱えてもらったりしていたらしい。
才能「掌握者」は鉤十字に接触している生物の視覚や聴覚をシェアでき、視線を合致させた者の心底が分かる。
人気キャラランキングではヒロインや主人公などを抑えて堂々の1位を獲得し、さらに名場面ランキングでもヒトラーの写っているシーンが1位となるほど凄まじい人気を持つキャラ。

  • ハスコック

ハスコック


白い羽に包まれたカルロス・ハスコックの廻り者。右手と左足以外は鳥のようになっており、鉤爪のようなものが手先、足先に生えている。
才能「緑の地獄」はヘイヘと同じ強制的に1対1の状況に引きずり込む才能だが、場所が熱帯林になっている。
前世の主戦場の影響か暑さには強いらしい。

  • ルーデル

ミルクを飲んだら出撃だ


マントを身に付けたハンス・ウルリッヒ・ルーデルの廻り者。
右腕にはスツーカの機銃を、マントの下からは「ジェリコのラッパ」と呼ばれる広範囲を攻撃できる250㎏爆弾を出して戦う。
才能「不死鳥」はどんな攻撃も無効化される体と生身で急降下爆撃が可能になるほどの跳躍力を発揮する。

人間

  • 北束斎

28歳の若き自衛隊特務部隊隊長。項羽にさえも「強い」「暴威の鬼みたいな奴だ」と一目見ただけで思わせるほどの武術の天才であり、輪廻返りした灰都すらを組み伏せた色々凄い人。機械音痴らしい。

  • 南穀
丸眼鏡とソバカスが特徴の男性。
中学、高校を飛ばして海外の大学へ行った北束とはまた種類の違う凄い人。
輪廻の枝の分析およびを廻り者への対抗策の研究を行っている。

その他

  • フィッシュ

アルバート・ハミルトン・フィッシュの廻り者の男性。
偉人の杜に才能への渇望を認められ輪廻の枝を貰い受けるも、殺人鬼の才能が蘇ったため排斥対象となり、東耶を襲ったところで始末された。
才能「食人累加」は人肉を喰らうことで身体能力を強化できる。

  • アラン・スミシー
輪廻の枝の"製作者"を名乗る男。「アラン・スミシー」は「偽名」という意味。
顔にはぽっかりと穴が開いている。
単行本のカバー裏漫画では既に退場した様々な廻り者との接触が描かれている。

関連イラスト

作者がpixivユーザーであるため、作者本人のイラストや漫画が投稿されている。

リィンカーネーションの花弁 一話
2ページでわかる リィン1


リィンカーネーションの花弁 一巻 購入者特典サンプル



関連タグ

アクション ファンタジー ホラー / オカルト

外部リンク

リィンカーネーションの花弁 |MAGCOMI
wikipedia

関連記事

親記事

月刊コミックブレイド げっかんこみっくぶれいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リィンカーネーションの花弁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46026

コメント