ピクシブ百科事典

クメール・ルージュ

くめーるるーじゅ

クメール・ルージュはかつて存在したカンボジアの政治勢力、及び武装組織。
目次[非表示]

概要

この団体は当初ノロドム・シハヌーク( 政治家国王 )政権が縁故社会主義に陥った際、これに反対する武闘左翼勢力を指す言葉であったが、その後民主カンプチアの支配を行い、カンプチア人民共和国やカンボジア王国への抵抗を行った勢力の総称として用いられ、特にポル・ポトを中心としたポルポト派と呼ばれることがある。

歴史の流れ

シハヌーク政権

ノロドム・シハヌーク政権成立後、これに反対する極左勢力は武装し、反政府闘争を開始、当時は隣国であるベトナムにてベトナム戦争が発生しており、影響は出始めていたが、まだこの団体はそれほどの力を持っていなかったものの、政府の失政などにより徐々に影響力を増していった。

ロン・ノル政権

シハヌーク政権が徐々に北ベトナムよりとなっていったことを受け、1970年にはロン・ノルクーデターを勃発させ北京にて療養中のシハヌークを追放、このクーデターは当時南ベトナムを支援していたアメリカ合衆国が強く支援したとされるが、この事象によりカンボジアは( 当時クメール・ルージュを支援していた )北ベトナムに侵攻され、さらにシハヌークはクーデターに反対するためにこの団体を支援したこと、さらにベトナム戦争の代理戦争状態の内戦となり、ロン・ノルは支持を失っていった。

政権奪取

代理戦争の影響により国内のインフラは壊滅、それまで農産物の輸出を行っていたにもかかわらず、輸入国に転落し、特に元農村部では飢餓状態になり、この団体の支持が強くなると同時に、中華人民共和国の支援を受け政府軍との戦争を続け、1973年にアメリカ合衆国がベトナム戦争から離脱、後ろ盾を失ったロン・ノル政権は速やかに崩壊する。

民主カンプチア

この団体は1976年には首都であるプノンペンを支配、「民主カンプチア」を成立させるが、この団体は共産主義、しかも毛沢東思想のそれを取り入れたこともあり、この「国家」は国のために全くならなかった。

  • 団体内部の粛清を開始
  • 都市の住民を強制移住させ何の知識のない農業に従事させる、移動中やその後飢餓で大量死
  • 何らかの知識のある人を大量虐殺
  • 帰国した留学生や知識階級も虐殺
  • 海外からの食料等の支援はなかった( 中華人民共和国でさえ! )
  • 1978年にはベトナムと断交
このように国を「洒落にならない」状況に追い込んでしまった。

崩壊

1978年、東部部隊粛清によりベトナムへの難民が発生、ベトナムはこれを反政府組織に仕立て上げベトナムの兵力とともに侵攻させたが、自らの政策等により弱体化していたこの団体にはそれに耐える力はなく、プノンペンは陥落、傀儡政権が成立したものの、この団体はタイ国境付近に逃亡し、そこで抗戦を図ることとなり、中華人民共和国のほかにアメリカ合衆国やイギリス等の支援を受けることとなる。

最後

傀儡政権の抵抗を合言葉にほかの勢力と合同し、抵抗を続けていたものの、1985年には兵力の多数を失い、さらにベトナムのドイモイ政策もあり、和平ムードとなり、1991年には総選挙により政権選択を行う流れとなったが、この団体はそれには参加せず非合法化し抵抗をつづけたが、1997年、派閥争いによりポル・ポトは拘束され、裁判により終身刑となり翌年死亡、1999年には中枢はほぼ死亡するか確保され、ほとんどの力を失ったとされる。

関連項目

カンボジア
ポル・ポト キュー・サムファン
ベトナム アメリカ合衆国 中華人民共和国
中越戦争

参照

wikipedia:同項目カンボジア内戦

pixivに投稿された作品 pixivで「クメール・ルージュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215

コメント