2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ラッタ

らった

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑No.020
英語名Raticate
分類ねずみポケモン
タイプノーマル
高さ0.7m
重さ18.5kg
特性にげあし / こんじょう / はりきり(隠れ特性)


進化

ねずみ


初期最終
コラッタラッタ(Lv.20)


概要

初代から登場しているコラッタの進化系。
元祖いかりのまえば使いである。

厳つい見た目通りの凶暴な性格をしている。
3本のヒゲで身体のバランスをとっているため、一本でも切られると動きが鈍くなる大事な器官。
後ろ足の3本の指には小さな水かきが付いているため、泳ぐのが得意とあるがなみのりは覚えない。
川を渡り広い範囲で水中の獲物を捕ることができる。
海も渡れるのでアローラ地方ではそうして島を渡り天敵から逃げていたという。
それでもなみのりは覚えない。

前歯は一生のび続けるので岩や大木、ブロック塀にコンクリートのビルなどの堅い物質をなんでもかじって簡単に削る。『オーキド博士のポケモン講座』によれば、虫歯になることもあるとの事であるが、自然界で彼らがどうやって虫歯を予防しているのかは不明。
たまに家の壁をかじることもある。
ポケモンレンジャーシリーズでは前歯の一撃で鉄の柵も容易に切断している…だが、はがねタイプにはいまひとつだ。
見た目よりもずっと凶暴で、顔の前に手を伸ばすと噛み千切られる可能性がある。
どんなに仲良くなった相手であってもヒゲを触られると怒って噛みつく。

ポケモンでありながら、現実世界の野ネズミに限りなく近いリアルな外見をしている。
名前も野ネズミやドブネズミを意味する【Rat(ラット)】が語源と思われる。コラッタが成体になったから子が抜けてラッタというシンプルなネーミングにもなっている。

ゲーム版

進化前のコラッタ共々、一般トレーナーやロケット団のしたっぱが使用することが多い。
特に初代のポケットモンスターのおつきみ山に登場するロケット団員はLv16のラッタを所持しており、この時点での能力とタイプ一致「ひっさつまえば」は脅威の威力を誇っており序盤の難所だった。
流石に初見殺し過ぎたからなのか、ピカチュウバージョンやリメイク版のFRLGでは手持ちが変更されている。
同じくライバルもコラッタ→ラッタを所持していたが、サントアンヌ号で登場したのを最後に手持ちから外れている。ポケモンタワーでの「おまえのポケモン死んだのか?」というセリフや、ラッタの枠だけ手持ちが空いていた事から、何らかの事情でラッタが死んでしまったのではないかという説がまことしやかに囁かれている。
ポケモンだいすきクラブの特集企画「本当は怖い?ポケモン」によれば、ライバルがポケモンタワーに来ていた理由を「もしかすると、かれが大事にしていたポケモンに、タワーまで会いに来ていたのかもしれないわね……。」オカルトマニアは考察しており、公式も死んでしまった説を認知している模様。

性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代55816050-※97343
第2世代以降558160507097413

※第2世代以前の「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた

はっ雑魚が!と思いきや、“タスキがむしゃら”と、“こんじょうかえんだまからげんき”という有効な戦術を持つ。
同じ事はより素早いオオスバメでもできるが、さらに「でんじは」「ちょうはつ」「ふいうち」「がむしゃら」など優秀な技を取りそろえ、そちらを警戒していた連中にくらわせられる。
甘く見ていると痛い目をみる、低種族値の主鑑とも言うべき存在。

ちなみに原種のみ、なぜか遺伝経由でかえんぐるまを覚える事が出来る。
かぐや姫や犬夜叉でおなじみの火鼠(ひねずみ)ないし、鼠車かねずみ花火辺りとかけたのだろう。

一方アローラのすがたの方は「燃えない皮衣」(かぐや姫にニセモノだとバレた原因。燃えたから。)として火鼠要素が反映されている。


リージョンフォーム

020)ラッタ


タイプあく / ノーマル
高さ0.7m
重さ25.5kg
特性くいしんぼう / はりきり / あついしぼう(隠れ特性)

ポケモンSMから登場した、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させた、ラッタのアローラのすがた
詳しくはアローララッタの記事を参照。


使用トレーナー

ゲーム版

※1サント・アンヌ号まで
※2ポケスタ金銀

アニメ版

漫画版

アニメ版

サトシのラッタ

サトシも短時間ではあったが手持ちにしていた時期があった。詳細はこちら

ゴウのラッタ

新無印第70話で路地裏にいたところをゲットされた。

  • ヤマトのラッタ
    • ヤマコサコンビにおけるニャースポジションとして出演。『ラッチューノ!』という明らかに人語としか思えない鳴き声を発している

その他

  • 無印42話:非公認ジムの門下生の手持ちが登場。
  • 無印100話:マンダリン島・ヤンベラの町に住むラルフとエミリの手持ちの2匹が登場している。
  • AG167話:ポケモンコンテスト初出場したアベリアタウンのミカの手持ちとして登場


無印42話・65話・83話・136話・228話
DP10話
SM80話
新無印20話・33話・49話
劇場版ミュウツーの逆襲時を超えた遭遇裂空の訪問者波導の勇者みんなの物語

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

イエローのラッちゃん

「どこにいこうか?」


・性別:♂ ・特性:根性 ・性格:頑張り屋
イエローの幼なじみポケ。レッドの指導の下、初めて手にした「お友達」でイエローが初めて「ポケモンの進化」を経験したポケモン。グリーンとの特訓中に進化したが、この際イエローは驚きのあまりに一日中泣き続けていた(以降、イエローはポケモンの姿が変わることを嫌がり、ワタルとの決戦まで預かっていたレッドの図鑑を使って進化キャンセルをし続けていた)。前歯を使った技が得意で、カンナの作り出した氷やビルの鉄筋コンクリートを砕き、船を切断するほどの威力がある。ヒゲは敏感なセンサーになっており、ワタル戦ではヒゲにピーすけ(キャタピー)の糸を付けて太陽の光で見えなくなったバブルこうせんの場所をピカ(ピカチュウ)に知らせている。

  • 9章でラムダの手持ちが登場。ドガースのガスの中を移動し、奇襲を仕掛ける事ができる。


関連イラスト

ひっさつまえば!
020


ノーマルタイプねずみポケモン
いかりのまえば




関連タグ

ポケモン一覧 ノーマルタイプ
ポケモン RGBP FRLG LPLE

019.コラッタ/アローラのすがた020.ラッタ/アローラのすがた→021.オニスズメ

序盤ノーマル一覧

No.初期No.中間No.最終
019コラッタ(アローラコラッタ)020ラッタ(アローララッタ)--
161オタチ162オオタチ--
263ジグザグマ(ガラルジグザグマ)264マッスグマ(ガラルマッスグマ)862タチフサグマ
399ビッパ400ビーダル--
504ミネズミ505ミルホッグ--
506ヨーテリー507ハーデリア508ムーランド
659ホルビー660ホルード--
734ヤングース735デカグース--
819ホシガリス820ヨクバリス--
831ウールー832バイウールー--
915グルトン916パフュートン--


同ノーマル単タイプ

ニャース/ペルシアン ベロリンガ/ベロベルト ピンプク/ラッキー/ハピナス ガルーラ ケンタロス メタモン イーブイ ポリゴン/ポリゴン2/ポリゴンZ ゴンベ/カビゴン
オタチ/オオタチ エイパム/エテボース ノコッチ/ノココッチ ヒメグマ/リングマ オドシシ ドーブル ミルタンク
ジグザグマ/マッスグマ ナマケロ/ヤルキモノ/ケッキング ゴニョニョ/ドゴーム/バクオング エネコ/エネコロロ パッチール ザングース ポワルン カクレオン
ビッパ ミミロル/ミミロップ ニャルマー/ブニャット レジギガス アルセウス
ミネズミ/ミルホッグ ヨーテリー/ハーデリア/ムーランド タブンネ チラーミィ/チラチーノ バッフロン
ホルビー トリミアン
ヤングース/デカグース タイプ:ヌル/シルヴァディ ネッコアラ 
ホシガリス/ヨクバリス ウールー/バイウールー
グルトン/パフュートン ワッカネズミ/イッカネズミ

関連記事

親記事

コラッタ こらった

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2470427

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました