ピクシブ百科事典

ラッタ

らった

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.020
英語名Raticate
ぶんるいねずみポケモン
タイプノーマル
たかさ0.7m
おもさ18.5kg
とくせいにげあし / こんじょう / はりきり(隠れ特性)

※にげあし:野生のポケモンから必ず逃げられる。
※こんじょう:自分が状態異常のとき、こうげきが1.5倍になる。また、やけど状態でもこうげきが下がらなくなる。
※はりきり:こうげきが1.5倍になるかわりに、物理わざの命中率が0.8倍になる。また、手持ちの先頭にいると、レベルが高い野生ポケモンが出現しやすくなる。

進化

コラッタラッタ(Lv.20)

ねずみ



概要

コラッタの進化系。元祖いかりのまえば使いである。

3本のヒゲで身体のバランスをとっているため、一本でも切られると動きが鈍くなる大事な器官。
後ろ足の3本の指には小さな水かきが付いているため、泳ぐのが得意。川を渡り広い範囲で水中の獲物を捕ることができる。海も渡れるのでアローラ地方ではそうして島を渡り天敵から逃げていたという。

前歯は一生のび続けるので岩や大木、ブロック塀にコンクリートのビルなどの堅い物質をなんでもかじって簡単に削る。たまに家の壁をかじることもある。
見た目よりもずっと凶暴。顔の前に手を伸ばすと噛み千切られる可能性がある。どんなに仲良くなった相手であってもヒゲを触られると怒って噛みつく。

リージョンフォーム

アローラ地方ではリージョンフォームが登場。
詳しくはこちらへ。

ゲームでの性能

はっ雑魚が!と思いきや、“タスキがむしゃら”と、“こんじょうかえんだまからげんき”という有効な戦術を持ち、同じ事はより素早いオオスバメでもできるが、さらに「でんじは」「ちょうはつ」「ふいうち」「がむしゃら」など優秀な技を取りそろえ、そちらを警戒していた連中にくらわせられる。
甘く見ていると痛い目をみる、低種族値の鑑とも言うべき存在。

また、初代のポケットモンスターのおつきみ山に登場するロケット団員がLv16のラッタを所持しており、この時点での能力とタイプ一致ひっさつまえばは脅威の威力を誇っていた。
同じくライバルもコラッタ→ラッタを所持していたが、サントアンヌ号で登場したのを最後に手持ちから外れている。

ちなみにこいつ、なぜか遺伝経由でかえんぐるまを覚える事が出来る。…鼠車かねずみ花火辺りとかけたのか…?

主な使用トレーナー


サトシも短時間ではあったが手持ちにしていた時期があった。→サトシのラッタ

「どこにいこうか?」



関連イラスト

ひっさつまえば!
020



関連タグ

ポケモン一覧 ノーマルタイプ
ポケモン RGBP FRLG
コラッタ

出っ歯仲間

ビッパ ビーダル

レミーのおいしいレストラン アローラの姿は、これと設定&カラーリングが似ている

関連記事

親記事

コラッタ こらった

pixivに投稿された作品 pixivで「ラッタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1470077

コメント