ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

初出第3世代
効果
  • 自分の「こうげき」が1.5倍に、物理技の命中率が0.8倍になる
  • (『エメラルド』以降)手持ちの先頭にいるとき、レベルの高い野生のポケモンが出やすくなる
英語名Hustle

概要編集

第3世代(RSE)から登場した特性。

「こうげき」が上がるが物理技の命中率が下がってしまう。「ちからもち」「ヨガパワー」の下位互換(これらは補正が2倍。命中ダウンもない)。


当初は進化前など元々のステータスの低いポケモンが多く、「こうげき」を1.5倍にしても命中率の低下が大きなデメリットとなってしまうため、実戦で採用する場合としては「こうかくレンズ」等で命中率を上げる、必中のつばめがえしと合わせるしかなかったが、「つめとぎ」でデメリットを軽減できるアイアントが第5世代で登場。

さらに、「しんそく」とつばめがえしがタイプ一致で使えるトゲキッスも採用が見られたが、第6世代でノーマルがフェアリータイプになったことで火力不足に陥り採用率が低下してしまった。


しかし第8世代で登場したダイマックス3ターンの間全ての技が必中になるので、物理技を「威力1.5倍・デメリットなし」の状態でぶつけられることから一気に株が上昇。場面と枠を半ば独占するため読まれやすいが、決まれば強力。

アイアントのほか新登場のアップリューパッチラゴンなどがこの戦法で活躍。トゲキッスもじゃれつくを取得したことで再度はりきり型も採用の余地が生まれた。


仕様の詳細編集

上記のように「命中率が0.8倍になる」という説明のためややこしいが、はりきり補正がある場合の命中率は「技の命中率に0.8を掛けた数値になる」という意味である。


まず「必中以外の」物理技が対象なので、特殊・変化技や一撃必殺である場合・及び必中技の場合には計算を行わない。


編集

すてみタックル」のように命中率が100%の物理技を使う場合、当然だがその技の命中率(100%)×0.8=80%となる。

このため命中95なら76、90だと72、85で68と4%ずつ下がっていき、命中率が80%の「ストーンエッジ」は80%×0.8=64%で2/3弱まで落ちる。


命中率アレコレ編集

命中を上げるアイテムや「じゅうりょく」状態(1.67倍)の補正は、上記の計算結果に対して課される。

例えばこうかくレンズ(1.1倍)を持たせている時、先程のはりきり「ストーンエッジ」の命中率は64%×1.1≒70%となるが、「じゅうりょく」状態で64%×1.67≒106%となるため、確実に当たるようになる。


なお特性の影響で技が外れた場合でもからぶりほけんは発動するため、持たせるのも一考(ただしこれで上がるのは素早さ)。

素早さ2段階アップということで、うまく行けば発動から全抜きも夢ではない。運に自信があるトレーナーは挑戦してみよう。


所有ポケモン編集

太字は隠れ特性



関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン 特性

ちからもち ヨガパワー

プレッシャー(ポケモン)やるき…フィールド効果が同じ。バトル効果はそれぞれ「わざ一回でPPを2減らす」「ねむり状態にならない」

関連記事

親記事

とくせい とくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 802

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました