ピクシブ百科事典

ジヘッド

じへっど

ジヘッドとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.634
ぶんるいらんぼうポケモン
タイプあく/ドラゴン
たかさ1.4m
おもさ50.0kg
とくせいはりきり


他言語版の名称

英語Zweilous
イタリア語Zweilous
スペイン語Zweilous
フランス語Diamat
ドイツ語 Duodino


進化

モノズジヘッド(レベル50) → サザンドラ(レベル64)

みんな、おねむなんです



容姿

四足歩行型のポケモン。見た目は進化前から首が一つ増えた姿をしている。
体色は青色をしており、首から上をモフモフとした紺色の体毛で覆われ、顔もほとんど隠れている。
進化前同様に体毛によって目元が隠れている。背中にはのようなものが生えて上下に動かしているが、まだ飛行能力は持たないようだ。
ちなみに進化して頭頂部にある毛も2つはねている。

今日のジヘッドたんの様子



概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
モノズLv50になると進化することが出来る。
名前の由来は、恐らく「(ジ<di>:ギリシア語接頭辞で"2"を意味する)+ヘッド(<head>:"頭"を意味する)」

二つの頭は非常に仲が悪く、互いに争うようにエサを取りあったりする。
そのため、いつもエサを食べ過ぎてしまう。
また縄張りのエサを食べ尽くすと他の土地へ移動する。

育てると「やっとここまで来た」という思いも、「まだここか」という思いも感じさせられるポケモンである。BWでは第二形態にしてLv50も必要という鬼畜仕様であったが、BW2ではチャンピオンロードに野生で出現するようになった。
同じ経験値タイプに属するコモルーボーマンダに進化するのがちょうどLv.50なので、同じ600族でありながらコモルー系統の最終進化に必要な経験値分を稼いでようやく1段階進化ということになる。

その上この時点でのステータスは苦労の割にはそこそこといった感じで、努力が報われるのはもう少し先(経験値としてLv.50から最低171430)となる。

ゲーム上の特徴

進化したことで全体的にステータスが上昇している。進化前同様「こうげき」が高いため物理アタッカーとして育成するのが妥当なのだが、更に進化してサザンドラになると「とくこう」の種族値が急上昇し、「こうげき」の値を遥かに超えた明確な特殊アタッカーになってしまうのが難点。

また、進化後の特性がふゆうである事に対しジヘッドの特性ははりきりのため、特性込みの「こうげき」種族値は実質153相当にもなる。これは伝説メガシンカを除くとあくタイプ、ドラゴンタイプで最高の数値である。

この関係上、進化後の放つりゅうせいぐん」・「あくのはどうよりもジヘッドの放つげきりん」・「かみくだく」の方が威力が高い。

対戦でメジャーなのは圧倒的に進化後だが、進化前である事を活かしジヘッドに「しんかのきせき」を持たせればなかなか面白い戦いができるだろう。
命中不安とは割り切って付き合っていくしかない。

上記の以外の技候補としては、リスクも伴うがタマゴ技「もろはのずつき」も一級品の威力を秘めている。

難点としてはサザンドラが覚えて、ジヘッドが覚えられない技が多々あることである。
特にじしんを覚えられないのがなかなかの痛手。このためはがねタイプのポケモンを突破するのが困難である。
この点は遺伝技の「ほのおのキバ」である程度は軽減できるが、特性の「はりきり」による命中不安は更に増す事となる。

関連イラスト

ポケじゃらし

 

mogmog



関連タグ

ポケモン一覧 あくタイプ ドラゴンタイプ
ポケモン ポケモンBW
ドードー
ガバイトジヘッドヌメイル

関連記事

親記事

モノズ ものず

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジヘッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 330233

コメント