ピクシブ百科事典

ヌメイル

ぬめいる

ヌメイルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.705
カロス図鑑マウンテンカロス/No.020
ぶんるいなんたいポケモン
タイプドラゴン
たかさ0.5m
おもさ17.5kg
とくせいそうしょく/うるおいボディ/ぬめぬめ隠れ特性


他言語版の名称

英語 Sliggoo
イタリア語Sliggoo
スペイン語Sliggoo
フランス語Colimucus
ドイツ語 Viscargot


進化

ヌメヌメヌメ


ヌメラヌメイル(Lv.40) → ヌメルゴン(雨の降る場所でレベルアップ※)
※Lv.50以上


概要

ポケットモンスターXY』で初登場したポケモン。ヌメラがLv.40異常になると進化する。
スライムのような以前の容姿に比べるとナメクジと首長竜を足して2で割ったような容姿になった。
……あれ、どこかでそんなポケモンを見たような。
ヌメラの頃と比べ大きな緑色の目になったが、代わりに視力を失っている。ヌメルゴンに進化することで再び目が見えるようになる。

ちなみに最終進化形への条件はレベル50以上で雨の降る場所でレベルアップというもの。
ORAS』では120番道路といううってつけの場所があるのだが、『XY』では雨が降る場所の降雨かどうかがランダムであるため、戦闘後になっても進化しないと思ったら雨が止んでいたという空しい事態も発生しうる。
したがって、『XY』では進化が難しいポケモンのうちの一体だったりする。
実は戦闘中ではなくフィールド上で雨が降っていればよく、その為フィールド上で雨を確認してから「ふしぎなアメ」を使うのが一番確実。面倒であればこの方法がよい。

サン・ムーン』ではウラウラ島のポータウンとその周辺では確実に雨が降るため問題ない。
……が、本作で一番問題なのはこいつ自身がそもそも中々出てこないこと。
それもそのはず、本作のヌメイルは進化前共々乱入バトル限定出現かつナッシーアイランドで戦闘中の天候が「あめ」の時にのみ登場というかなりのレアポケモンになっている。
進化前共々捕まえられたら大事にしてあげよう。

サトシのヌメイル

サトシのヌメラが、単身ブーピッグと戦う中で進化した姿。
XY61話からの登場。
ヌメラの初登場が55話である為、僅か6話で進化した事になる。
まあ、サトシのポケモンにはもっと早く進化した事例もあるのだが…

進化前は自身から攻撃する技を一切習得していなかったが、進化することにより新たに「りゅうのいぶき」を習得し、自分から攻撃する事ができるようになった。
なお、この技はヌメラが低レベルで覚えられる技ではあるがアニポケではよくある事。
同話からOPのヌメラの登場シーンはほぼ全てヌメイルに差し替えられている。

しかし、登場期間は進化を果たしてから更に短い僅か4話で終わってしまう。
サトシ道場のなせる技と言えなくもない。
そして上記の4話(1ケ月近く)が経った後、サトシは初めて600族を入手する事となる。

関連イラスト

愚かな憶測
Cuddles



関連タグ

ポケモンXY 
ポケモン一覧 ドラゴンタイプ
ヌメラ ヌメルゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「ヌメイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401881

コメント