ピクシブ百科事典

ちからもち

ちからもち

ちからもちとは、ポケットモンスターシリーズに登場するポケモンのとくせいの一つである。 ※画像はイメージで…す…?
目次[非表示]

データ

初出第3世代
効果攻撃の実数値が2倍になる(~第4世代)
物理攻撃の威力が2倍になる(第5世代~)


概要

第3世代から存在する特性。
その効果は「こうげきの値が本来のステータスの2倍になる」と、シンプルかつ強力。
実は第5世代から漢字表記が追加された影響なのかゲーム内の表記は「物理攻撃の威力が上がる」になっている。ちなみに第6世代でも同様。
この「攻撃ステータスが2倍」から「物理攻撃の威力が2倍」に変更された事で、混乱時の自傷ダメージに特性の補正が乗らなくなった
なお、同世代から存在するヨガパワーも効果が全く同じである。

所有者は少なく、ルリリ系統・ホルビー系統(夢特性)・メガクチートのみ。
メガクチート以外は素の攻撃性能が低め。
というか素の攻撃の値が高いポケモンにこの特性を持たせるのは危険極まりない
尤も、メガクチート(攻撃種族値105)が登場したので後の祭りなのだが。

ただ「攻撃が2倍になるだけだろう」と侮ってはいけない。
この中でも攻撃が一番低いマリルリでも特化した時の攻撃の実数値は224となる。
これは伝説のポケモンの中でも攻撃種族値150という極めて高い攻撃力を誇るゼクロムグラードンを攻撃特化した時よりも上(この2体の特化実数値は222)である。
マリルリは高火力の技が多くない為、実際の火力は上記の2匹には劣ってしまうもののそれでも脅威であることには変わり無い。

メガクチートに至っては無振りでも実数値250・特化すれば実数値344になる。
ここまで来るとまともなポケモンでは誰もこの攻撃力を越える事ができない
※あくまでもLv50・攻撃個体値∨の時の実数値。

ちなみに、この特性による攻撃力2倍化は能力ランクではない
つまり攻撃力はさらに6段階(×4倍)上げる事ができる
なお、マリルリははらだいこホルードとメガクチートはつるぎのまいを覚える。
6段階積んだ攻撃特化メガクチートの攻撃力は驚きの(実質)1376

青い悪魔


ここまで来ると最早ポケモンと言う名の何かである。

欠点は何らかの要因で特性を失うと、途端に火力が激減してしまう事
素の数値も悪くないメガクチートならともかく、マリルリやホルードは特性を失うだけで一気に機能停止に陥ってしまう。
スキルスワップいえきなかまづくり等の技には細心の注意を払おう。
またやけどにも非常に弱くなる点にも気をつけたい。からげんきで誤魔化すのもあり。

この通り強力な特性ではあるものの、初登場の第3世代ではむしろ不遇であった。
なにせ当時はルリリ系統の専用特性。
そして当時のみずタイプの技は全て特殊。つまりタイプ一致では全く活かせない状態だった。
その上当時はアクアジェットなんて無いものだから、鈍足のマリルリでは物凄く戦いづらかった。
その為この特性が日の目を見るのは物理・特殊が分別され、アクアジェットも追加された第4世代からである。

その見た目のかわいらしさととくせいのギャップからメイン画像のようなネタが生まれるのは必然と言えよう。
ホルードもかわいい、よね?

ちからもち超火力ホルード



関連イラスト

マリルリのかわらわり!!!
マリルリー



関連リンク

ポケモン 特性
マリルリさん ビルドアップ

pixivに投稿された作品 pixivで「ちからもち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212100

コメント