ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第7世代
効果

概要

第7世代から存在する特性

ポケモンの特性と言えば、戦闘中は一点に絞った効果を発揮するのが普通である。

そんな常識を破壊する特性が、この「すいほう」である

水泡だけあって所有者はシズクモオニシズクモのみ。


効果は上記のデータ通り。

ちなみにゲーム内で書かれているのは上の二つのみであり、公式攻略本で紹介されている効果もその二つに絞られている。

その時点でもたいねつみずのベールの効果を同時に所有していると言う点でおかしいのだが、実際に使用してみると特性に明記されていない3つ目の効果が存在するなど、一体誰が予想できただろうか……。


この特性によるオニシズクモの水技は攻撃70・特攻50とは思えぬ破壊力を誇り、みず技限定ならばあのちからもちマリルリを遥かに凌ぐ火力を叩き出す。

さらに本来等倍であるほのお技によって受けるダメージを半減に抑え、やけど状態による機能停止も未然に防止するなど、特性一つでオニシズクモの攻撃、耐久性能を飛躍的に高めてくれているのである。


問題は、オニシズクモの性能が良くも悪くもこの特性に頼り切りだという事。

みず技が通らなければ十分な打点が入らず、みず技以外の攻撃力はかなり頼りない。ここをどう補うかがトレーナーの腕の見せ所だろう。


地味にオニシズクモはなかまづくりも覚える為、ダブルバトルで味方にこの特性を与えるのも面白い…かも。

例えばギャラドスに押し付ければ実質攻撃種族値302の水技をぶちこめるようになるし、

ウオノラゴンに押し付ければ先制時実質威力510の水物理技を放てる。


なお、かたやぶりには貫通されるが、やけど状態から回復する効果もあるため特に問題ない。ただし、かたやぶり持ちのほのお技は半減できないのでそこは注意。といってもかたやぶり持ちのポケモンの都合上そこまで気にすることでもない。一応、同効果のターボブレイズ持ちのレシラムエースバーンキョダイカキュウにだけは注意。

…と思いきや第9世代のオーガポンかまどのめん)はかたやぶり持ちでほのお技のツタこんぼうを持っているので要注意。


関連タグ

ポケモン 特性

ほのおタイプ みずタイプ

シズクモ オニシズクモ

かんそうはだ:同様に複数の特性を合わせたような効果を持つ(ちょすいあめうけざら)。ただしこちらはデメリットも追加。


やけど状態関連の特性

みずのベール ほのおのからだ ねつぼうそう ねつこうかん

関連記事

親記事

専用特性 せんようとくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12811

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました