ピクシブ百科事典

エースバーン

えーすばーん

「ポケットモンスター」シリーズのポケモン。ソード・シールドから登場。
目次[非表示]

「ファイニー!!」

データ

図鑑No.No.815
分類ストライカーポケモン
タイプほのお
高さ1.4m
重さ33.0kg
とくせいもうか/リベロ(隠れ特性)
タマゴグループ陸上・人型


他言語版の名称

英語 Cinderace


進化

大きくなったねヒバニー


ヒバニーラビフット(Lv16)→エースバーン(Lv35)

概要

ヒバニーの最終進化形。
ウサギの獣人のような人間に近い体型で、炎御三家伝統の直立二足スタイル。バクフーン以来6世代ぶりの炎単タイプとなった。
走り回ることにより体温を上げると「ほのおエネルギー」が体内に循環し本来の力を発揮できるようになるらしい。

進化前からの高熱の脚も健在で。蹴り上げた小石にリフティングしながらほのおエネルギーを注いでゆくことで「炎のサッカーボール」を作り出せる。
バトルの際はその「かえんボール」を鋭くシュートして叩き込む攻撃を得意とし、蹴り込む時もフェイントをかけて相手のタイミングをずらしたり、ボールに回転を加え避けづらい攻撃にしたりと、攻守に優れた華麗な足さばきで相手を翻弄する。

その自慢の脚力は剣盾のDLCで復活した「つれあるき」でも見られ、通常の走りどころか自転車の走行にも余裕で付いてくる。プレイヤーと一緒に走る姿はさながらトレーニング中のコーチと選手。

性格も冷めていたラビフットから、再びヒバニー同様のやんちゃなものへと戻っており、応援されると更に燃えるが、スタンドプレーに走ってピンチを招くこともある模様。
待機時にも時折かえんボールを作り、リフティングするような仕草を見せている。

これらの点や「ストライカーポケモン」という分類からわかるように、ガラル地方のモデルであるイギリス発祥のサッカーがモチーフで、プロレスラーな前作の炎御三家に引き続き、スポーツの要素を意識している。
また、ジム戦でのダイマックスや勝利の雄叫びも、試合で得点を決めた選手のパフォーマンスを強く意識したものになっている。

名前の由来は「エース(エースストライカー)」+「バーン(Burn:燃やす)」。
英語版の名称「Cinderace」は、「Cinder(消し炭)」+「Ace(エース)」だと思われる。
Cinderはシンデレラ(灰かぶり)のものと同義。

なお、図鑑説明に「サッカー」という言葉が出てきたり、「サッカーを観るのが幸せ」と語るNPCがエンジンシティにいるなど、サッカー選手が存在するイッシュ地方と同様にガラル地方においてもスポーツとしてのサッカーは存在するようである。

2020年現在、ポケモン御三家の最終形態で最軽量であり、最重量級(310.0kg)のドダイトスと比べると10倍弱もの差がある。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ
80116756575119

多くが両刀型の種族値だった炎御三家のセオリーを破って高速物理アタッカーの配分となっており、ゴウカザル以来となる炎御三家最速を更新した。
インテレオン(すばやさ120)などにギリギリ届かないところが惜しいが、それでもほのおタイプ全体では3番目(1位が特殊条件下のこいつなので実質2番目)に速い。
耐久は決して高くはないがそこまで紙でもなく、良く言えば丁度「もうか」の発動を狙いやすい数値といったところ。こう見えてバシャーモより硬い。

かなり優秀な専用技かえんボールを習得するため、文字通り火力にも秀でる。
タイプ上、物理アタッカーの悩みの種であるやけどにもならない。
また、もう1つの専用技として、自分と相手の場の状態を入れ替えるという珍しい効果の「コートチェンジ」を覚える。

他の技の候補としては「とびひざげり」「ふいうち」「すてみタックル」「アクロバット」「しねんのずつき」「アイアンヘッド」「ダストシュート」「とびはねる」などが挙げられる。意外なことに(特殊技ではあるが)「シャドーボール」「エレキボール」を習得できる。この2つはサッカーを意識したチョイスか。
サッカー関連で言えばこの他に「ずつきヘディング)」「フェイント」「カウンター」「サイドチェンジ」「ちょうはつ」などを覚えられる。

反面、これまでの炎御三家が大体覚えられたいわじめんタイプの技は、非常に少ない。
詳しく説明するといわタイプの技は一切覚えられず、じめんタイプの技は「マッドショット」、「すなかけ」ぐらいなので、同タイプのポケモンに圧力を掛けにくい欠点もある。これに関しては後述の隠れ特性も影響していると思われる。
また、採用率が高い技に命中安定の技が少なく、更に大半がPPが5しかないという割と小さくない欠点がある(かえんボール、とびひざげり:命中90、とびはねる:命中85)。ダイマックス状態なら命中不安は解消できるが、じこさいせいみがわりで粘られる相手にはPP切れを狙われることもある。

そして実はおにび」を覚えない
ストライカーだけあってみみっちい事は嫌いなのだろうか?不意打ちはするけど。

進化前のヒバニーにはタマゴ技に「とびひざげり」があり、上述の通りいわ・じめんタイプの技を使えないために高威力のこの技がサブウェポンの有力候補となるのだが、構図としてはサッカー選手がボールではなく相手を蹴っているというシュールなものになってしまう。
まあ、過去にも本来なら禁じ手であるパンチを平気で駆使する力士もいたのだし、今更そのあたりにツッコむのも野暮というものか。

隠れ特性の「リベロ」はゲッコウガらの持つ強特性「へんげんじざい」と同様の効果を持つ。この特性の強さは第7世代までの対戦をやったことのある人なら説明不要だろう。この「リベロ」とは、サッカーで言えば「攻撃にも参加するディフェンダー」を表す用語である。
「ストライカーポケモン」という分類とは少し趣が異なるかもしれないが、そこはストライカーの役割もリベロの役割もこなせる多彩さを特性で表現した…ということなのだろうか。
なんと第8世代では、ダストシュートを使えば全ポケモンにて毒タイプ最強の物理火力を出せる

長らく、ガラル御三家の隠れ特性はバトルタワーでその存在を確認できるのみで、一般には未解禁であったが、6月2日にスマホ版ポケモンホームを利用することで遂に解禁される運びとなった。
特にエースバーンはその特性の優秀さから、兼ねてから大きな注目を集めており、解禁直後のランクマッチでも早速隠れ特性持ちのエースバーンを引き連れたプレイヤーが多数出現

「ダイナックル」「ダイジェット」で自己強化をしながら次々撃破していくエースバーンを止められるのは物理受けゴーストやエースバーンの上を取れるインテレオン程度であり大躍進、6月5日には何とあのドラパルトを押し除けランクバトル使用率1位の座に鎮座した。

強くなりすぎたエースバーン


何気にまで環境に食い込む御三家こそいたもののシングルバトルに於いて使用率1位になるのはエースバーンが初であり、大変目覚ましい記録と言える(ダブルバトルではガオガエンが使用率1位の記録を保持していた)。
解禁されるやいなやTwitterのトレンドやYahoo!の検索ワードランキングにも「エースバーン」がランクインする等、界隈では大きな盛り上がりを見せた。
・・・それどころかゲッコウガと比べたら物理型一本な為型の多さは劣るとはいえ、ゲッコウガ以上の火力をタイプ一致で打てる・キョダイマックスがんじょうばけのかわさえも無視するというあまりにも暴力的な性能から相応な物理受けでも止めることが出来ず生半可なポケモンが全員エースバーンに蹴り殺される事態が多発。ポケモンホームの統計だとエースバーンを含む1位~150位までのほぼ全てのポケモンがエースバーンに倒されている(このポケモンを倒したポケモンランキングにおいてほぼ全てのポケモンの項目で1位)というどこぞの親子の様な一強体制が出来上がってしまった(そもそもゲッコウガ自体、伝説のポケモンが蔓延る環境の中であそこまでの使用率を叩き出していた為、それらが出禁を喰らった今、エースバーン一強になるのも当然と言えば当然なのだが)。しかも対抗手段となり得るみずタイプ先制技ぶっ放しゴリラによって軒並み使用率を落としているという文字通り第6世代の対戦環境を彷彿とさせる魔境が出来上がっていた。

また、ガルモンの時と違い順位150位までデータが表示される事や止められるポケモンが軒並み出禁を喰らっていた為(もしくは現在も出禁)人によってはガルモンより酷いという声もあった。

ただ、ゲッコウガへんげんじざいの項目を見れば分かる通り、リベロは非常に強力ではあるものの、扱いがかなり難しい特性である。更に自身より速いみずタイプ(上記でも挙げたインテレオンやまだ未解禁ではあるもののエースバーン以上の器用さを持つゲッコウガは特に危険)や有効打のない耐久型(特にトーチカを持つドヒドイデやダイナックルの能力上昇の意味を無くすナマコブシヌオー等)には注意する必要がある。
その為、強いからと言って決して過信せず、サッカーの試合の様な冷静な判断で対戦を運ぶ必要がある。

反省させられるエースバーン


余りにも環境を荒らしすぎた結果として、ランクバトルのシリーズ6では、「ポケモンホーム」のバトルデータでランキング10位圏内に入ってしまった(=対戦環境で好んで使用される傾向にあると判断されてしまった)ために使用することができなくなってしまった
ただ、続くシリーズ7で禁止指定が解除されるだろうという予想が大半であり、苦手な相手であるカイリューボーマンダ(エースバーン側はこれらに対する有効打が無く、逆にあちら側はマルチスケイルいかくを盾にして起点にすることができる)、そしてエースバーン以上の暴れぶりを見せると予想されたランドロスに苦しみながらも上位に食いこむだろうと思われていたため、相変わらず警戒はされていた。

シリーズ7では大方の予想通り禁止解除。使用率の首位は一旦ランドロスに譲るものの、すぐさま追い抜き使用率トップに戻る。
とはいえ、上記のようにエースバーンを止められるポケモンが増えているため、以前のように何も考えずにダイマックスをして3タテできるわけではなくなった。
そのため、持ち物は依然としていのちのたまが半数を占めているが、こだわりスカーフきあいのタスキを持たせたダイマックスに頼らない型も増加した。
技に関してはカプ・レヒレに対する有効打としてダストシュートの採用が数を増やしている。

そしてシーズン12終了後に衝撃の事実が発覚する。ポケモンホームで観られる使用率はあくまでトレーナー全体の使用率の集計結果であり、シーズン終了後のランキング上位100位内トレーナーの手持ちポケモンだけで改めて集計すると、トップは原種サンダーが7割以上のトレーナーに使用されてダントツ1位。対するエースバーンは何とトップ5にも入れていなかった
その事実が明らかになったためか、シーズン13開始直後は使用率1位を保っていたものの、僅か数日でサンダーに抜かれて使用率2位に転落してしまった。

1体限りの禁止級解禁となるシリーズ8が開始されると、一時はシングル1位の座をサンダーから奪還する。
シリーズ8開始時に注目され使用率上昇に寄与したのは禁止級の中でもトップメタのザシアンに強いことだと言われている。エースバーンのかえんボールが、耐久無振りのザシアンに対して確定一発なのである。
ザシアンに素早さ種族値では及ばない為か、持ち物の採用率はこだわりスカーフきあいのタスキが前シーズンより更に増加。現在ではいのちのたまを上回っている。
しかし、耐久振りザシアンが流行り出すと使用率はまた徐々に下がっていき、シーズン15最終日にサンダーにまた追い抜かれて2位で終わってしまった。
シーズン16が始まると霊獣ランドロス一撃ウーラオスにまで抜かれて4位に甘んじている。
・・・といった感じで、エースバーンの一強状態は(一応)終焉を迎える事になった。

余談だが「サッカー選手なのに不正行為ばっかするのかオフェンスなのかディフェンスなのかどっちなんだよ」とツッコむ声も少なくない。

キョダイマックス

キョダイマックスエースバーン


<
タイプほのお
高さ27.0m~
重さ???.?kg
ストライカーポケモン・エースバーンがキョダイマックスした姿。
2020年6月実装のDLC「鎧の孤島」を進行することで、最初に貰ったパートナーへ後天的にキョダイマックスの素養を付与させる事ができる。

本体の見た目の変化は小さいが、ラビフットからの進化に伴い失われていた垂れ耳要素が復活し、短くなっていた耳の長さも背丈を超える程のものに成長した。

キョダイマックスのパワーにより、足元のかえんボールが自身よりも大きな「キョダイ火炎ボール」へと変化しており、自らはその上にガイナ立ちしたスタイルをとっている。
そして持ち前のテクニックでシュートを蹴り込むと、その闘志がボールにも乗り移り、まるで意思を持っているかのように相手を追い詰め丸焼きにしてしまう。

このボールは込められたパワー次第で更に大きくなるらしく、なんと直径100mを超えるサイズになった事例も確認されたとの事。

また、ポケモン中屈指であるその脚力も更に強化されており、たとえボールがなかったとしても、蹴り技一つで他のダイマックスポケモンを凌駕する戦闘能力を発揮するようだ。

このエースバーンが繰り出すほのおタイプの技は、専用の「キョダイカキュウ」へと変化する。
通常版の「ダイバーン」よりも高い威力を持つだけでなく、相手のとくせいによる防御を無効化するかたやぶり効果が付与されている。

ポケモンカード

「ポケモンカードゲームソードシールド」より最初期であるスターターセット炎とコレクションシールドに収録。
いずれも大ダメージを与えると引き換えに炎エネルギーをトラッシュするデメリットを持つが、中でもコレクションシールドに収録されているエースバーンは

  • 自分の番にベンチからバトル場に出たとき、トラッシュから炎エネルギーを2枚このポケモンにつけられる特性「リベロ
  • エネルギーを2枚トラッシュする代わりに190ダメージを与えられる「フレアストライカー」
  • 逃げる為に消費するエネルギーが1個だけ
…と単体で自己完結しているスペックを誇り、TAGTEAMやVポケモンに匹する火力から登場以降多くの炎デッキのメインとして採用され続けている。

アニメのエースバーン

ゴウのエースバーン

アニポケ 剣盾編Ⅳ


CV:林原めぐみムサシと兼任)
ポケットモンスター (新無印)』において、主人公の一人・ゴウのパートナーポケモンであるヒバニーが最終進化した姿。使用技は「かえんボール」「でんこうせっか」「ブレイズキック」。

45話でラビフットがオリーヴのミロカロスと対峙した際、ひのこに拘り続けたのを察したゴウがそれに報いるために技を続けた結果進化を果たし、同時に習得した「かえんボール」で瞬く間に勝利を決めた。

性格も設定通りヒバニー同様の「元気で明るい性格」に戻っており(公式HPにも表記がある)、表情や動きはより豊かに。逆さになり"足"で行う独自のハイタッチも復活した。
更には満面の笑みでゴウに抱きつき頬擦りする(イラスト参照)という、ラビフット時代ではあり得なかったスキンシップも披露する様になった。 雑誌媒体では「ゴウに甘えるのが何より好き」と紹介され、47話からのアバンではゴウに抱きついており、進化前とは打って変わって感情を隠すことはなくなった模様。

普段、同じくゴウの手持ちであるメッソンの面倒を見る事が多いなど面倒見が良く、抱き抱えている場面がよく見られる他、泣き喚くメッソンをあやすよう、急用で急いでいたゴウから丸投げされたり、ゴウがジメレオンの居場所を探そうとした時には呼ばれる前に全力疾走で駆けつけ請け負った事もある。
また、サトシのルカリオとは同時に進化したエース枠同士であり、バトルシーンにおいてはタッグを組んで良い連携を見せる事が多い。ただ、こちらがわんぱくで向こうが真面目と正反対の性格という事もあり、日常ではルカリオがエースバーンに振り回される場面があるなど、良くも悪くもデコボココンビとなっている。

なお、サトシの旅仲間手持ち御三家では、ゲット回から最終進化回までのリアルタイム日数が最も少ないポケモン (335日:5話~45話)である。

余談だが、進化を果たした45話以前から、進化に関する情報はサトシのルカリオと同様、各媒体で露出しており、32話からの新オープニングや番組キービジュアル、公式商品などに堂々と起用・商品化されていた。しかもアニポケ公式Twitterにおいても上記のキービジュアルに関するツイート (2020年11月6日)において「進化したルカリオ エースバーン」と公言されている。当該ツイート

その他

映画『ココ』でも登場。
ここではミリーファタウンの市民の手持ちポケモンで、街中で行われていたナットレイとポケモンバトルを行い、最後はかえんボールで止めを刺して勝利した(なお、このバトルの様子をサトシとココが観戦していた)。

関連イラスト

エースバーンさん
灰かぶりのエース


エースバーン連れ歩き妄想
【イナ】炎のエースストライカーが勝負をしかけてきた!【ポケ】



関連タグ

ガラル御三家 ヒバニー ラビフット
ほのおタイプ
炎御三家

ナゲツケサル……球技モチーフのポケモン繋がり
豪炎寺修也……共通点多数

ガラル御三家・最終形態

くさタイプゴリランダー
ほのおタイプエースバーン
みずタイプインテレオン


炎御三家・最終形態

ポケモン該当地方
リザードンカントー御三家
バクフーンジョウト御三家
バシャーモホウエン御三家
ゴウカザルシンオウ御三家
エンブオーイッシュ御三家
マフォクシーカロス御三家
ガオガエンアローラ御三家
エースバーンガラル御三家

関連記事

親記事

ラビフット らびふっと

pixivに投稿された作品 pixivで「エースバーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24228906

コメント