ピクシブ百科事典

イッシュ御三家

いっしゅごさんけ

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおける、第5世代の御三家である。
目次[非表示]
しろくろ!



イッシュ御三家一覧

くさタイプ

ツタージャジャノビージャローダ

ほのおタイプ

ポカブ  → チャオブーエンブオー

みずタイプ

ミジュマルフタチマルダイケンキ

概要

第5世代における御三家。
また「5代目御三家」とも呼ばれる。

新シリーズでも従来通りくさタイプ・ほのおタイプ・みずタイプの3すくみ方式となっている。
が、ポカブのみ進化するとかくとうを併せ持つ複合タイプになる。
この組合せは3度目であるが、ほのお単だと不利になるダンゴロメグロコダルマッカには一応等倍以上のダメージを入れられたりするため、複合にする意味はちゃんとある。

アララギ博士からのプレゼントという形で出会い、主人公→ベル→チェレンの順にパートナーを選ぶ。
なおベルは主人公のパートナーに弱点を突かれるタイプ、チェレンは弱点を突けるタイプをそれぞれ選ぶ(前述の通り、チェレンは実質余りを取っているのでわざとではない)。
選択後は定番の即ポケモン勝負へと移行する。

当初はデザインが今までのそれとは少し違った雰囲気であったこともあり賛否両論あったが、今ではそういった点も含めて愛されている…と言うより、むしろそこが特徴の一つとなっている。

国をイメージした設定があるらしく、ツタージャは「洋風」、ポカブは「中華」、ミジュマルは「和風」とのこと。

ゲームでの性能

たねポケモン

HABCDS合計
ツタージャ454555455563308
ポカブ656345454545308
ミジュマル555545634545308

1進化
HABCDS合計
ジャノビー606075607583413
チャオブー909355705555418
フタチマル757560836060413

2進化
HABCDS合計
ジャローダ7575957595113528
エンブオー110123651006565528
ダイケンキ95100851087070528

イッシュ御三家は最終進化形の合計種族値が統一されており、平均種族値は全御三家中最下位となっている。
肝心の最終進化形の能力については後述するが、第5世代当時はいずれも微妙視されていた。
むしろ、この3匹が真価を発揮するようになったのは環境の大幅なテコ入れと隠れ特性が漸く解禁された第6世代(ORAS)以降からだろう。
いずれも他の御三家では出来ない芸当なので、それなりの差別化には成功したといえる。
第8世代現在は未解禁だが、新要素のダイマックスとの相性も気になる所。

ジャローダについて

ツタージャの最終進化形ジャローダジュカイン以来のくさ単タイプで「すばやさ」が高い以外は平均的な能力を持つ。
種族値配分も防御寄りの能力となっており、特に素早さは草御三家の中では2位(御三家全体だと4位)となっている。
耐久力に優れており搦め手に長けているが、攻撃面は低く技のレパートリーの少なさが欠点。
第6世代ではファイアローこそ怖いが、サブ技候補としてほぼ必須だっためざめるパワー(威力は下がってしまったが)が厳選環境の大幅改善によりタイプ指定がしやすくなっていた。
隠れ特性は解禁前から注目されていた「あまのじゃく」で「リーフストーム」による大幅能力アップの恩恵を受けられるように。

エンブオーについて

ポカブの最終進化形エンブオーは3匹目となるかくとう複合で「HP」「こうげき」がイッシュ御三家の中で最も高いが、逆に「ぼうぎょ」「とくぼう」「すばやさ」は低い。
HPは御三家全体で1位、攻撃は炎御三家の中で1位(御三家全体だと2位)の種族値を持ち、「とくしゅ」も炎御三家の中でワースト3の数値だが、御三家全体では低くないので特殊型も十分選択肢に入る。
しかし、同タイプの強力なライバルの存在が重く不遇であった。
隠れ特性は「すてみ」で元々自力で沢山習得可能な反動技の火力が上乗せされ、こだわりスカーフを持たせて中速ピンポイントで大ダメージを与える事が可能となった。
スカーフとの掛け持ちは厳しいが「ふいうち」を習得した事も大きい。

ダイケンキについて

ミジュマルの最終進化形ダイケンキオーダイル以来のみず単タイプで、「こうげき」「とくこう」が高い以外はバランスが良い種族値を持つ。
覚えられる技こそ多いものの、みず単タイプは器用貧乏というジンクスがこの世代でも明るみになってしまっている
物理特化だとオーダイルに劣り、特殊特化だとアシレーヌに劣り、結局水御三家の中でも中途半端になりがちとなってしまう。
隠れ特性は「シェルアーマー」で、自分は相手の攻撃から急所を守りつつ、急所率の変更によりうまく行けば自身は確定急所攻撃を連続で繰り出すことが可能となった。
また、高めのHPと低めの特防との相性がよい「とつげきチョッキ」の登場も大きい。

各シナリオでの評価

BW・BW2

3匹ともわざマシンで色々なわざを覚えられるなど器用な反面、あまり尖った部分がないためパンチ力がやや弱めである。
もっとも、今回は最初のジムが「こちらに強いタイプ」を出してくる特殊なジムであり、次のジムノーマルタイプであるのでどれを選んでも絶望することはない(これはBW1の話で、BW2は最初のジムはノーマル、次のジムどくタイプである)。
しかし、イッシュのポケモンは強烈な能力を持つものが多いため、御三家の立場を脅かせる性能のポケモンが野生で普通に捕まえられることが問題となる。
イッシュの野生ポケモンは全体的に強い分性能が尖っており得意苦手がハッキリしているため、御三家はパーティ内の調整役として運用することになりやすい。

ツタージャを選んだ場合

今までのくさタイプ同様、若干辛いものがある。
ジムにおいてもタイプ上有利なはずのカミツレひこうタイプ複合のエモンガ
ヤーコンはがねタイプ複合のドリュウズを使うため有利なジムがなく全体的に不利である。
また、破壊力のチュリネ、補助のモンメン、耐久のテッシード
とかく強力な競合相手が存在するのも辛い。

ポカブを選んだ場合

イッシュには海が少ないので後半困るという心配はとりあえず無い。
と言うより、かくとう複合になるおかげで抜群を取れる相手が多めで、地味に他2匹よりもストーリー上の恩恵はある(アーティハチクギーマに、さらにはゲーチスの切り札にも有利)。
砂漠にいる高威力炎物理ポケのダルマッカと、
高威力特殊ポケのほのお/ゴーストヒトモシが競合相手。

ミジュマルを選んだ場合

今回、イッシュには海が少ないため寄り道しないとオタマロぐらいしか出てこない。
そのため、寄り道してプルリルママンボウを拾ってこない限りは
みずタイプというだけでかなり役に立ち、先述の競合相手を入れればパーティは磐石となる。
手持ちにむしタイプがいない場合、ダイケンキになったら「メガホーン」を思い出させておくと
四天王やプラズマ団に対して有効打を与える事ができる。
その為、ストーリー進行においては歴代御三家でもトップクラスに役立つ

オメガルビー・アルファアサファイア

エピソードデルタクリア後、オダマキ博士を救出するイベントでどれか1匹を貰える。

サン・ムーン / ウルトラサン・ウルトラムーン

特定の曜日でしまスキャンをすることで野生の個体が出現する。
また、ウルトラサン・ウルトラムーンではしまスキャンしても出現しない。

関連イラスト

【ポケ】モノクロ御三家
イッシュ御三家タワー2nd


BW御三家最終進化
最初のパートナー 



他の地方の御三家タグ


関連タグ

アララギ博士
トウヤ トウコ チェレン ベル
キョウヘイ メイ ヒュウ
ポケモンBW BW ポケモンBW2

関連記事

親記事

ポケモン御三家 ぽけもんごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イッシュ御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1202853

コメント