ピクシブ百科事典

アローラ御三家

あろーらごさんけ

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおける、第7世代の御三家である。
目次[非表示]

アローラ御三家一覧

くさタイプ

モクロー一家


モクローフクスロージュナイパー

ほのおタイプ

火の猫たち


ニャビーニャヒートガオガエン

みずタイプ

アローラ水御三家


アシマリオシャマリアシレーヌ

概要

第7世代における御三家で、名前の由来はアローラ地方を舞台にしている為である。
また「7代目御三家」と言ったりもする。
しまキングハラ(『SM』)またはククイ博士(『USUM』)からいずれか1匹を託されることになる。

従来通りくさタイプ・ほのおタイプ・みずタイプの3すくみ方式となっている。
2016年5月10日に公式発表、同10月4日に1進化、同10月27日に2進化目が発表された。
初の両生類爬虫類型ポケモン不在の御三家でもある。
アローラ地方のモデルとなったハワイ州に土着として存在する動物のはモクローのみ(アシマリはアシカであり、ハワイアンモンクアザラシとは少し違う)。

ゲーム中の性能としては、シンオウ御三家カロス御三家と同じく、3匹とも最終進化形でタイプが変化するという共通点がある。
ジュナイパーは「くさ/ひこう」から「くさ/ゴースト」、ガオガエンは「ほのお」から「ほのお/あく」、アシレーヌは「みず」から「みず/フェアリー」にそれぞれ変化する。
ちなみに御三家以外では、彼らと同じタイプのポケモンが存在する

シリーズおなじみのストーリー上の格差であるが、アローラ御三家はそれほど大きな差はないと考えてよい。
各タイプのZクリスタルも、各々の専用Zクリスタルもそれほど変わらないタイミングで手に入る。
強いて言うなら、全試練中一二を争う難関と名高いスイレンの試練に対しほのおタイプのニャビーは不利になるが、難易度の高さゆえ、他のポケモンを育てての対策を強いられるのは他の2匹を選んだトレーナーも変わらない。最初の1匹だけでクリアといった縛りプレイでもしていない限りは、それほど労力に差が生じることはないだろう。

ちなみに最初の進化はLv.17とイッシュ御三家同様若干遅めだが、最終進化はLv.34と若干早めに設定されている。

アニメでは、トレーナーとの出会いが昔話に似た展開になっているとネットで話題を呼んでいる。
モクロー→みにくいアヒルの子
ニャビー→猫の恩返し
アシマリ→浦島太郎

また、最終進化形はそれぞれ、

がモチーフとされている。

本作は、私たちに最も大切なものを教えようとしている…のかもしれない。

尚、もう一つの解釈として一部のプレイヤーの間では子供達が憧れたヒーローがモデルになっているとの解釈もある。

光の巨人大怪獣をリスペクトしたと言われるカプ神ウルトラビーストがいる事を考えるとなかなか興味深い解釈である。カプ神と共にアローラの危機に立ち向かう彼らは正しくヒーローと言えるだろう。

対になるもの
マザービースト

ちなみに歴代御三家では現状唯一野生の個体が存在しない。このためモンスターボール以外のボールに入った個体が存在しない。
所謂「おしゃれボール」は不可能なので注意すること。
また隠れ特性は2018年3月に一律で解禁された。

関連イラスト

ポケモンSM 御三家
アローラ御三家の遊び


Decidueye, Incineroar, Primarina
子守り



他の地方の御三家タグ

ポケモン御三家


関連タグ

ポケモンSM ポケモンUSUM ポケモン一覧 ポケモン御三家 アローラ
ヨウ ミヅキ

pixivに投稿された作品 pixivで「アローラ御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1791825

コメント