ピクシブ百科事典

ヘルガー

へるがー

ヘルガーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

すかんNo.229
英語名Houndoom
ぶんるいダークポケモン
タイプあく / ほのお
たかさ1.4m
おもさ35.0kg
とくせいはやおき / もらいび / きんちょうかん隠れ特性


進化

デルビルヘルガー(Lv.24)

しっぽふりふり


メガシンカ

ヘルガーメガヘルガー(「ヘルガナイト」を所持)

概要

初登場は第2世代(『ポケットモンスター金・銀』)。
名前の由来は、Hell(地獄)+ガー(鳴き声)またはタスマニアタイガー、海外版のHoundoomはHound(猟犬)+doom(滅亡)からと思われる。

デルビルから進化後、頭からが2本生え、背中には肋骨状の装飾ができ、胸には髑髏の様な装飾が付き、進化前と比べ、邪悪さと禍々しさはかなり増した。このツノが大きく反り返った個体が群れのリーダーである。なお、オスとメスでツノの大きさが異なり、大きい方がオスである。
尻尾も長く伸び、先端は悪魔を髣髴させる三角形状になっている。
足首の輪のような部位は実は剥き出しになった軟骨であり、衝撃を和らげる役割がある。

ヘルガーの遠吠えは「地獄から死神が呼ぶ声」と例えられるほど不気味で、聞いたポケモンは慌てて自分の巣に戻るらしい。
また、口から吐く炎は体内の毒素を燃やしたものなので、火傷を負うといつまでも傷口がうずいてしまう(これがスモッグヘドロばくだんを覚える原因だと思える)。匂いは独特の鼻を突き刺すような匂いがするらしい。二酸化硫黄の匂いだろうか…?
恐ろしい逸話に反して、群れの統率は取れており、捕獲した獲物はリーダーが独占することは無く、仲間たちで均等に分け合っている。群れをつくり、狩りを行うところはオオカミらしい。

図鑑の分類がダークポケモンであるせいかポケモンコロシアムではラルガタワーコロシアムの3人目がダークポケモンとして所持している(続編ではデルビルがダークポケモンとして登場する)。
余談だが、ヘルガー達の分類との言葉被りを避けるためか、上記ダークポケモンは海外では「シャドウポケモン」と呼ばれている。

体内に毒素を持つことから、このポケモンは当初ほのお・あくではなくほのお・どくだったのではないかとする説もある。
根拠はこの他に使い手のカリンがどくタイプも連れており、彼女の手持ちにいるブラッキーもまたどくタイプ説が存在すること、ロケット団の手持ちに元々どくタイプが多いことなど。
ちなみにほのおとどくの複合は第7世代になって初めて登場した。

第5世代から追加された『れんごく』という技が最もよく似合うポケモンであろう。煉獄とは元々小さな罪を清算し罪を浄化する場所である。
『れんごく』の技性能(というか命中率)が実戦に耐えられるものでないのが残念。

このようにひたすらダークな雰囲気を湛えるポケモンだが、炎タイプのポケモンの御多分に漏れず『ソーラービーム』や『にほんばれ』も習得する。それどころか、今となっては水タイプの氷技の如く炎タイプと言えばセットで覚えるソーラービームだが、第二世代当時にソーラービームを習得できた炎ポケモンは伝説のポケモンであるホウオウに、準伝説のエンテイを除けば一般ポケモンではヘルガー系統ただ一種であった。
他にも特性が追加された際には、夜の活動を彷彿とさせる『ふみん』でなく、むしろ昼に活発であることを想起させる『はやおき』だったり、後述のメガシンカを得た際にはその特性が『サンパワー』だったりと、その雰囲気に反して太陽と非常に縁の深いポケモンでもある。
もしかすると人間が変なイメージを抱いているだけで、案外明るい昼間の方が元気に活動できるポケモンなのかもしれない。

ポケモンレンジャー』第1作ではマイナン/プラスルを襲っていたところ、ハヤテにキャプチャされるという役所で登場。いわば本作のチュートリアル役。

性能

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ
7590501108095


珍しい「あく」と「ほのお」の複合タイプを持つ。この複合タイプは第六世代までヘルガー系統しか存在せず、現在でも他に第七世代の御三家であるガオガエンが存在するのみである。
攻撃面においては一方が半減されるタイプには他方が必ず等倍を取れる組み合わせである。一見等倍以上を取れる範囲が多い優秀な複合タイプに見えるが、同時に一方が半減されても他方で抜群を取れるタイプは存在しないためいわ・あくのように半減されるタイプ同士の組み合わせは例外なく一致技が全て半減に抑え込まれてしまう。不一致のサブウェポンや補助技の選定が重要になるタイプと言えるだろう。
防御面に関してはあくタイプとして見ればむし、第六世代からはフェアリーをほのおが半減するため等倍に抑えることができる。一方でほのおタイプとして見ると弱点が丸々残っている。後述の通り防御面の種族値はさほど高くないため、等倍でも油断することはできないこともあり、取り立てて優秀な複合タイプとは言い難いだろう。

あくタイプにしては珍しく「とくこう」の方が高い。そのためソーナンスには滅法強い。次いで「すばやさ」、「こうげき」と続く。
逆に「ぼうぎょ」は若干致命的とも言えるほど低く、弱点の「インファイト」や「じしん」などでなくともタイプ一致の物理技を食らえば一撃で沈んでしまうことも多い。
だが、その打たれ弱さを利用して「カウンター」を使用する戦術も多く見られる。

技はタイプ一致の特殊技かえんほうしゃ」、「だいもんじ」、「オーバーヒート」、更には「ねっぷう」や「あくのはどうの他、アイテムや状況に応じてソーラービーム」「ヘドロばくだん」をぶち当てるのも手。
タイプ一致の先制物理技ふいうちを覚えられる為物理特殊の二刀流も十分可能。意外な所ではきしかいせいも覚えられる。
補助ではカウンター」「わるだくみなどを覚えられ、更にXYにてみちづれが追加された。「きあいのタスキ」+「カウンター」で1匹持っていき、「みちづれ」でもう1匹、という芸当も可能。
特性はどちらも優秀なので迷いどころである。どちらかと言えば「もらいび」が優勢か。

隠れ特性は「きんちょうかん」。
相手の「オッカのみ」などの半減実などを気にせず技を使うことができる。「リンドのみ」を封じつつ「ソーラービーム」で苦手なラグラージなどを狩ることも可能。
出した瞬間に特性が相手にバレるのが最大の難点。

XYではめでたくメガシンカを獲得した
……のだが、道具(≒タスキ)が持てない、メガシンカ出来るのは1試合で1匹まで、更にメガシンカ後の微妙な性能もあって、普通に「きあいのタスキ」を持たせた方が強いという意見もある。「みちづれ」も加わってしまった為尚更である。
詳しくはメガヘルガーの記事にて。

因みに登場した第2〜3世代では、あく技が全て特殊技扱いだったこと、またあく技最高威力である「かみくだく」をタイプ一致で使える数少ないポケモンだったことが重なり、事実上最も「かみくだく」を使いこなせるポケモンだった。
ところが第4世代になって、それまで登場していたあく技が全て物理に移動してしまった為、事実上全あく技を没収されるという前代未聞の事態に見舞われた。
代替技として「あくのはどう」を用意されているものの、現在に至るまでこの技を一向に自力で覚えてくれない。
その為、この技のマシンが消滅していたBWでは習得が困難で、前作での厳選が必須なほか隠れ特性との併用はまず不可能(ハイリンクで厳選するしかない)という苦境に立たされた。
現在では教え技や技マシン復活もあって事なきを得ている。

BDSPにおいて

ハクタイシティ到着後に行けるようになる「地下大洞窟」の「ポケモンの隠れ家」において最初から入手可能であり、旅パで非常にオススメのポケモンとして、恐らく登場以来最も輝いていると言っても過言ではない。
というのも、今作は原作の完全再現の言葉通り、登場するポケモンがDPそのままに、殿堂入り前に地上で出会えるほのおタイプがヒコザル系列とポニータ系列のみなため、この選択肢が増えるのは非常に大きい(イーブイ及びブースターは殿堂入り後のみの入手、ブビィはシャイニングパール限定かつ進化が困難)。
くさタイプのハクタイジムで即戦力になれるのが大きいが、実はあくタイプとしてもバージョン限定、出現が後半、進化が必要、入手自体が困難というように癖のある面子が多い中で結構扱いやすい(恐らくこのあくタイプが使いにくい件が取り沙汰されにくいのは、ほのおタイプの少なさに話題を持っていかれたのと、レントラーギャラドス等の「かみくだく」でストーリー中は事足りるためか)。特にヨスガジムでメリッサが使ってくるポケモンのマジカルシャインが等倍に抑えられるのは嬉しい。
ストーリー中で使える特殊技が限られているが、「かえんほうしゃ」「ソーラービーム」はトバリシティでわざマシンが買えるし、何気に「ニトロチャージ」を自力習得できるようになったので、こうげき種族値が決して低いわけでは無いのも手伝い物理主体でもストーリー中なら難なく戦える。
ただ、序盤において異様に捕獲しにくいことは大きな難点。ハクタイシティ到着時点ではスーパーボールもダークボールも僅かに貰ったり拾えたりする程度でまだ買えず、状態異常も駆使しなければ最悪ボールが底を尽き兼ねない。…進化前のデルビルが出現していれば、こうはならなかったのでは。
また、出現する下限であるレベル16でも基本技にある「ひのこ」がレベル習得技で上書きされてしまっているため、個体によってはレベル30で「ほのおのキバ」を習得するまでほのお技を覚えることができない点も注意が必要。
一応思い出せば「ひのこ」も使えるのだが、本作では本編直近作である剣盾と異なり各ポケモンセンターで技を思い出せるわけでは無くノモセ大湿原までお預けとなる。普通はそこまで冒険を進めていれば「ほのおのキバ」を習得しているだろう。
特に肝心のナタネ戦では、ほのおタイプとしては耐性だけを活かし、どくタイプの「スモッグ」で弱点を突くか一致あく技で攻めるという本末転倒な立ち回りになりかねない点には注意したい。
ランダムで遺伝技を習得している個体がいるので、「ほのおのうず」か「ほのおのキバ」を習得している個体、あるいは攻撃種族値90からの一致補正込みで威力105というこの時点では反則的な火力を叩き出せる「ふいうち」を習得している個体を粘っておきたいところである。
ナタネ戦では草タイプのお家芸である多彩な変化技を受ける機会も多いため「ふいうち」をすかされやすいことを考えると、タマゴ技限定の「ふいうち」は捨てがたいが炎技を覚えている個体を捕まえる方が対ナタネ要因としては使いやすいだろう。

ポケモンGO

本作でももちろん登場するが、登場から一貫して非常に微妙な立ち位置に立たされている。

一応、現時点で本作唯一のあく・ほのおの複合なのだが、元々あくタイプ・ほのおタイプは強力なポケモンが多いことから、どちらのタイプに特化させても中途半端な性能に留まってしまうヘルガーにはこれといった活躍の場がない。最近になってメガシンカが実装され、メガヘルガーにパワーアップできるようにはなったが、本作のメガシンカは非常に扱いづらい仕様となっており、結局のところそこまでするくらいなら別のもっと強力なポケモンを育成して使った方が良いという結論になりがちである(一応、あく・ほのおタイプの技の威力を底上げして見方をサポートすることはできるが)。
決して使えない性能と言うわけではないが、ライバルがあまりにも多すぎるが故の悲劇であったと言える。

しかし、GOロケット団の実装後は、リーダーの1人であるシエラの切り札として扱われるようになったため、以前と比べるとスポットが当たるようになったとは言える。

主な使用トレーナー


元ネタについて

日本語の名前にある「Hell」、海外版の「Hound」から察するに、恐らく元ネタはイギリス伝承上の妖怪ヘルハウンドケルベロスだと思っているプレイヤーが多いが、ケルベロスは基本的に3本首であり、ヘルガーとはあまり似ていない
ヘルハウンドは別名ブラックドッグバーゲストと呼ばれていて、死の前触れとして出現し、不気味な遠吠えを上げるというという。これら黒い体色の犬のようなモンスターや不吉な遠吠えを上げるという特徴やなどがヘルガーの特徴と一致している。
残念ながらイギリスモチーフのガラル地方には出現しない。

実在の生物が元ネタだと考えた場合、姿形から犬の一種ドーベルマンがモデルだと推測される。
一方で、背中の骨状の部分を縞模様、進化前をタスマニアデビルをモデルにしていると解釈した場合、同じくタスマニア島に生息する有袋類タスマニアタイガー(フクロオオカミ)がモデルだと推測する説もある。
また、群れで狩りをし、獲物を均等に分け合うところはオオカミに似ており、ひょっとしたら昼行性かもしれないところは昼行性のイヌ科動物リカオンにも似ている。

余談

ポケモンスタジアム金銀の図鑑では、タイプが頭文字のみで表示されていた(例えばほのお・ひこうのリザードンなら『ほひ』といった感じ)
従って、「あく・ほのお」のヘルガーとデルビルは「あほ」と、とんでもない文字列が表示されていた。

関連イラスト

ヘルガー
ヘルガー



関連タグ

ポケモン一覧 デルビル ダークポケモン 骸骨 
犬つながり: ガーディ ウインディ ドーブル ハーデリア ムーランド トリミアン ヨーテリー グランブル ブルー イワンコ ルガルガン ワンパチ パルスワン ポチエナ グラエナ リオル ルカリオ ラクライ ライボルト ザシアン ザマゼンタ
わんわん!
悪魔つながり: ダークライ イベルタル 
太陽つながり: エーフィ ソルガレオ ソルロック キマワリ ルガルガン(まひるのすがた) 


ガオガエン……同タイプの後輩。あくタイプはないが進化前のニャビー、ニャヒートも赤と黒を基調とした色合いなので配色はヘルガーと似ている。
キュウコン……どちらもイヌ科(ヘルガーは犬、キュウコンは狐)でほのおタイプであり、そして高速低耐久であることからしばしば組み合わされて使われることがある。
ブラッキー……どちらも「イカサマ」 「バークアウト」を覚えるのでどちらを使うか迷う人も多い。他にも『毒素を含むもの(ヘルガーは炎、ブラッキーは汗)を出す』、『体色が黒で赤眼である』といった共通点もある。

他作品
ケルベロス繋がり(ヘルガーにはあまり似てないけど)……ケロちゃん 戌亥とこ かおベロス ケルベロス(けものフレンズ)

関連記事

親記事

デルビル でるびる

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヘルガー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヘルガー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7164132

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました