ピクシブ百科事典

犬ポケモン

いぬぽけもん

『ポケットモンスター』シリーズに登場する犬の姿をしたポケモンの総称。
目次[非表示]

概要

の姿をしたポケモンの総称。
中には犬というよりもイヌ科の動物のポケモンもいる一方でポケモンを犬ポケモンと呼ぶことはあまりない。
ピカチュウニャースのようなわかりやすい代表例がいないため注目されにくいが、製作側に重視されていると思われ、地味に新世代になるたびに新種が追加されている
第7世代ではイワンコとその進化系ルガルガンが注目を集めるが、公式もこの動きを強く後押ししており、ルガルガンはゲッコウガに次いで通常ゲームを進めただけでは手に入らない、アニメ由来の特別な姿を獲得するに至っている。
さらに第8世代のポケモン剣盾では序盤にこいぬポケモンのワンパチと作品の顔となる伝説のポケモン2体両方とも犬ポケモンが抜擢されるという犬好きにはたまらない展開となった。
しばらく犬ポケモンの進撃は止まらなそうである。

タイプはばらけており、犬ポケモンと言えばこれ、というものは存在しない。
最終進化形は攻撃が高い種族が多め。
かみつくかみくだくほえる、など犬の習性に合った技を覚えることが多いが、全ての犬ポケモンがそうというわけではない(ルカリオなど)。

ポケモンGOでは旧正月のキャンペーンで犬ポケモンが大量発生したことがある。

実はアローラ地方は犬ポケモンが多い。
メレメレ島で3~4種(ガーディ系、ドーブルイワンコ系、USUMのみトリミアン)、アーカラ島で1種(ヨーテリー系)、ウラウラ島で1種(ジガルデorデルビル系orラクライ系 ※1)、ポニ島で2種(ブルー系、リオル系 ※2)の犬ポケモンを捕獲でき、殿堂入り前の時点でパーティを全て犬系ポケモンで埋めることができる。
さらに、ポケモンライドのムーランドサーチは使い勝手がよく、冒険で用いる機会も多い。
第7世代は、犬好きの方はプレイして損なしである。

※1 殿堂入り前にジガルデが手に入るのはサン・ムーンのみ。デルビル系が手に入るのはウルトラサンのみで、ラクライ系が手に入るのはウルトラムーンのみ。好みで選ぼう。
※2 このうちリオル系は殿堂入り前は入手できない。

意外にも犬ポケモン好きを明言するトレーナーは出てきていない(犬ポケモンという分類自体が非公式のため、当たり前と言えば当たり前ではあるが)。
ただしククイ博士は自身の研究所に犬ポケモンを何体か連れている為、犬好き疑惑がある。

種族別犬ポケモン一覧

※伝説のポケモンは太字


※1タスマニアデビルもモチーフと思われる。
※2タスマニアタイガーもモチーフと思われる。
※3本来のモチーフはネコ科の動物だが伝説の三犬と呼ばれることが多い。

※1ハイエナもモチーフ。
※2ライオンもモチーフと思われる。

※厳密にいえばリカオンと思われる。


※1厳密にいえばフェンリルと思われる。
※2発見された地方はアローラ。

※厳密にいえばオオカミ

※厳密にいえばオオカミ

関連タグ

鳥ポケモン 猫ポケモン

関連記事

親記事

ポケモン組み合わせタグの一覧 ぽけもんくみあわせたぐのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「犬ポケモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127302

コメント