ピクシブ百科事典

ハーデリア

はーでりあ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑No.507
英語名Herdier
分類ちゅうけんポケモン
タイプノーマル
高さ0.9m
重さ14.7kg
特性いかく / すなかき
隠れ特性きもったま


進化

わんわんお


初期中間最終
ヨーテリーハーデリア(Lv.16)ムーランド(Lv.32)


概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)にて初登場のポケモン。
ヨーテリーが進化した姿で、これで最終進化……かと思いきや、更に進化を残している
序盤に登場するノーマルタイプが2段階進化をするのはシリーズにおいて異例である。
第8世代でガラルの姿のマッスグマから進化するポケモンが新たに登場した事で唯一ではなくなった。

名前の由来はおそらく「ハーディングドッグ(Herding dog:牧羊犬)」及び、犬の「ヨークシャーテリア」と思われる。
実際のヨークシャーテリアも成長すると胴の毛だけが黒くなる。
イギリス原産種だが、イギリスをモデルとしているガラル地方の本土にはハーデリアは生息していない(ヨロイ島に生息)。

とても忠実で他のポケモンの面倒も見てくれる正に忠犬。
ただし、自分に見合わぬと見なした相手の言う事は聞かない。
体を覆う黒い体毛は硬くそしてよく伸びる。具体的な硬さはポケモンの牙や爪を通さない程なので、図鑑解説ではトリミング代が掛かってしまう事にも触れられている。
人間との付き合いはガーディ同様に長く、その歴史は壁画が描かれていた古代にまで遡るという。


ゲームでのハーデリア

他の序盤ノーマルと同じく中盤辺りから野生で登場する。
見た目より攻撃力が高めで、早いレベルで「とっしん」を覚えるため敵トレーナーが使ってくるハーデリアは大抵「とっしん」を連打してくるのだが、これの威力がバカにならない。
いくら反動ダメージつきとはいえ、ノーマル技で此方のHPを4,5割もっていくのはいかがなものか。
特に序盤にパーティが脆いポケモンばかりだと一撃でやられてしまい、一般トレーナー相手にパーティ半壊という憂き目を見る場合がある。
ブラック・ホワイトのシナリオでは2番目のジムリーダーにして序盤の難敵と名高いアロエが先鋒として使用し、その強さの一端を担っている。
どうしようもない場合、ノーマルを半減でき丈夫ないわタイプダンゴロを壁として利用すればとりあえず何とかなるだろう。
かくとうタイプで弱点を突くのもいいが、物理寄りのポケモンは「いかく」のせいで攻撃を下げられてしまい反撃を受けやすい点に注意したい。

また、GTS等の通信、ポケシフターを行わない限り、特性「ものひろい」が使えるのはシナリオではヨーテリーのみで、進化すると「ものひろい」が使えなくなるので注意。
詳細は「ものひろい」の記事も参照。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
658065356560370


性能

同期のミルホッグよりも種族値合計で劣るが、特性「いかく」のお陰で物理攻撃に対しての耐性は高い。
進化前と同じく「ギガインパクト」を覚えるので、進化せずともそこそこ戦える。
新たに「なみのり」「かいりき」を覚えられるようになり、秘伝要員として申し分ない性能を持つ。
しんかのきせき」補正込みで終盤でも通用するが、アタッカーとしての運用ならムーランド、秘伝要員としての運用ならハーデリアと使い分けるのが無難な所か。


主な使用トレーナー



関連イラスト

はーでりあん
ハーデリア




関連タグ

ポケモン ポケモン一覧
ノーマルタイプ ポケモンBW ポケモンBW2
ガーディ ヘルガー グランブル トリミアン イワンコ パルスワン

序盤ノーマル一覧

No.初期No.中間No.最終
019コラッタ020ラッタ--
161オタチ162オオタチ--
263ジグザグマ264マッスグマ--
399ビッパ400ビーダル--
504ミネズミ505ミルホッグ--
506ヨーテリー507ハーデリア508ムーランド
659ホルビー660ホルード--
019Aアローラコラッタ020Aアローララッタ--
734ヤングース735デカグース--
819ホシガリス820ヨクバリス--
831ウールー832バイウールー--
263Gガラルジグザグマ264Gガラルマッスグマ862タチフサグマ

関連記事

親記事

ヨーテリー よーてりー

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハーデリア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハーデリア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 458006

コメント