ピクシブ百科事典

ヤングース

やんぐーす

ヤングースとはポケモン第7世代から登場の新ポケモンである。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑番号No.734
分類うろつきポケモン
高さ0.4m
重さ6.0kg
タイプノーマル
特性はりこみ/がんじょうあご/てきおうりょく(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Yungoos
イタリア語Yungoos
スペイン語Yungoos
フランス語Manglouton
ドイツ語 Mangunior
韓国語  영구스
中国語 貓鼬少


進化

ヤングースデカグース

概要

ポケモンSMで新登場のノーマルタイプのポケモン。
名前の由来は恐らくyoung(英:若い)+マングースと思われる。某野球チームは関係ない。
見た目はマングースに似ており、サメのようにギザギザした鋭い歯と一昔前のヤンキーのような金髪に似た毛を持つ。

とにかく食欲が旺盛で、空腹を感じると凶暴になるという何ともクセのある性格。
それもそのはず頑丈な顎でどんなものでも嚙み砕き、身体の大半が胃袋という正に食欲のために生まれてきたような存在。 だからどんなに食ってもなかなか満たされないということだろうか。
アローラ地方に広く生息しているが故に、割と簡単に捕まるらしい。


しかし、このヤングースここまで聞けばまだ可愛い。

問題はここからである。
実はヤツらは外来種である。 もう一度言おう。 外来種である。
マングースがモチーフなだけあって、大昔にラッタコラッタが大量発生した際に別の地方から連れてこられたという事らしい。
実際にアローラ地方のモデルであるハワイでは船に乗ってやってきたネズミを駆除するためにマングースを導入した結果、マングースによる被害が多発している。(ハワイには元々爬虫類はいない。)
外来種を外来種で駆除しようとした結果がこれだよ!何とも皮肉である。

これがきっかけで、コラッタは別の姿に変化した模様。

ちなみに外来種のポケモンは以前にも確認されており、こちらも被害が尋常ではないヤツがモチーフだったりする。

マングースモチーフのポケモンも第3世代で既に登場しており、ネタ被りじゃないの? と思われるが、一応こちらの方が元ネタにより近い姿をしている。
食欲が旺盛で凶暴という点と見た目からマングースだけでなくラーテルもモチーフなのかもしれない。ラーテルもマングースと同じく食する動物は蛇とかネズミである上にマングースとラーテルは同じ猫目の動物であるという共通点がある。
恐らく頭の毛と食欲の旺盛さはラーテルから、名前と細長い体躯はマングースから持ってきたということだろうか。

そもそも、モチーフが被ること自体はポケモンでは珍しい事でもなんでもない。カエルがモチーフになったポケモンは4系統も存在するし、ネコモチーフに至っては全世代に存在している
それでもなおこのポケモンのネタ被り感が強いのは、タイプが同じのみならず、先代と名前が1文字しか違わないという事に尽きるだろう。しかも母音は完全に一致。紛らわしい事この上ない。
ついでに英語表記でも2文字しか違わない。脅威のシンクロ率である。

特性は「がんじょうあご」と新しく追加された「はりこみ」を持つ。
「はりこみ」は交代で出してきたポケモンに対して、2倍の威力でダメージを与えられるというもの。

余談

海外のポケモンファンのあいだでは、頭頂部の金色の毛や攻撃的な性質からドナルド・トランプに似ていると話題になった。詳細はこちら

関連タグ

ポケモンSM 外来種 マングース

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤングース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61948

コメント