ピクシブ百科事典

ワンパチ

わんぱち

ワンパチとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ぜんこくずかんNo.835
ガラルずかんNo.046
ぶんるいこいぬポケモン
タイプでんき
たかさ0.3m
おもさ13.5kg
とくせいたまひろい/びびり隠れ特性
英語名Yamper


進化

センシティブな作品


ワンパチパルスワン(Lv25)

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するポケモン。2019年の「E3」で試遊できた本作の体験版で存在が明らかになり、日本名が明らかになるまでは英語名の"Yamper"で呼ばれていた。
モチーフはおそらく、ガラル地方のモデルであるイギリス原産の犬種「コーギー」。

素早く動くものに強く興味を惹かれ、人間や他のポケモンを追いかけ廻し、乗り物にぶつかってしてしまうこともある。
体内に発電器官を持っていて、動き回ることで電気を生成する。生み出した電気を溜めておくことはできず、パチパチと音を立て放電しながら走り回っている様子が良く見られる。

新登場となる特性「たまひろい」を持つ。ワンパチが持ち物を持っていない時に限り、トレーナーが投げたが捕獲には失敗したモンスターボールの最初の1個を回収してくるというもの。かわいい。
なお、最初に使用した1個であればボールの種類は問わない。また、別のポケモンが場に出ているときに失敗した場合でも、ワンパチに交代させると交代したタイミングで回収してくれる。

剣盾では冒険の序盤から登場し、早くからほっぺすりすりを覚える。
このため前述のたまひろいと合わせ、捕獲のお供にはもってこいのポケモンだと言えるだろう。
ただし、ワンパチのままではカビゴンにも劣るほどの鈍足なので、意外な相手に先手を取られて返り討ちに遭ってしまう事も。繰り出す相手には要注意。

ちなみに鳴き声の表記は「イヌヌワン」である。どうしてそうなった。

アニメのワンパチ

本編

CV:犬山イヌコニャースと兼任)

「ワンパ!」「ワパワパ!」

アニポケシリーズに於いて、サクラギ博士の研究所にいるポケモンとして登場。
2話から登場しており、アニポケに最初に登場したガラル地方のポケモン。

普段はクチバシティにあるサクラギ一家の一軒家に住み着いており、いわば飼い犬ポジションである。家族によればサクラギ家での優先順位はコハル→ヨシノ→ソウタ→博士の順。
基本的に日中研究所にいるのは、両親が共働きゆえ自宅だと誰も面倒を見られないからだろう。
家でも毎朝寝起きの悪いコハルを起こそうとしたり、コハルから与えられたフーズしか食べないなどコハルに懐いている。
29話ではコハルが怪我をしたマメパトの世話をする姿に嫉妬したことも。

これはコハルがまだ幼かった頃、両親をワンパチにとられてしまうと思い強く怒ってしまった夜に、家出したワンパチをたった1人で探してくれた過去に起因する。このことは博士から「ワンパチ家出事件」と称されるエピソードになってるが、当のコハル本人は言われるまで忘れていた。

博士の娘であるコハルだけでなく、でんきタイプ同士からサトシのピカチュウとも仲良くしている。
一方サトシの場合は初対面直後に吠えて警戒するだけでなく、抱きしめらて電撃を浴びせる上、タイプの異なるヒバニーに対しても社交性がなかった。
警戒心が強いだけで、彼らに対しても回を追うごとに仲良くはなっている。

11話では研究所に侵入したゲンガーと対峙。コハルを救うべく技を繰り出した。

現時点で覚えている技は「スパーク」。

なお、先述の家族序列では博士が自信満々で「自分が一番」と答えようとしたほか(結局結果を聞いて落ち込んだが)、ゲンガーとの対峙では実際博士が技を指示していた(ものの聞き入れず、コハルの指示により披露した)様に、元々の持ち主トレーナーはサクラギ博士であることが解る。なお29話にて、ガラル地方に住む博士の友人からサクラギ家宛に貰い受けたポケモンだと説明されてる。
現時点(12~29話)では、コハルはワンパチのモンスターボールを所有しているという描写は無い(それどころか、ポケモントレーナーにすらなっていない)ため、「コハルのワンパチ」という呼称は当てはまらない。

アニメでは「イヌヌワン」とは鳴かず、上記のように従来のポケモンらしい鳴き声であった。

また、中の人である犬山氏にとってはレギュラーの中ではようやくの犬キャラデビューでもある。

第32話から新しいオープニングが使われるようになったのだが、その中でサトシのポケモンたちと共にワンパチが登場するワンシーンがある。サクラギ家のものなのか、それとも新たに捕まえられるのかは不明だが、今後サトシと共に歩むのかもしれない。

薄明の翼

第3話『相棒』で登場。
担当声優はメインシリーズでゼニガメ役等を担当したことでお馴染みの愛河里花子

こちらではとある老紳士の手持ちポケモンであり、ホップと喧嘩して家を飛び出してきたウールーを追い掛け回した。
なお、こちらのワンパチの鳴き声は「イヌヌワン」であり、字幕でも表記されている。(結構早口ではあるが)
ちなみに、声質についてはアニメのものと似ていたため判りにくいが、ウールーを演じていたのもまた愛河里花子であり、このシーンは云わば愛河の一人芝居でもある。クレジットを見てそれに気づいたという視聴者も少なくない(はずである)。

余談

その正しくコーギーの子犬とも言うべき仕草の数々から、発売後に人気がだいばくはつ
愛犬家や女性トレーナーを中心とした多くのプレイヤーをメロメロにしていった。
ポケモン剣盾のBGMも作っている、UNDERTALEで有名なあのトビー・フォックスにとっては何と一番好きなポケモンらしい。

また、どういうわけだか「うちのイヌヌワンを見てくれ」と飼いコーギーを自慢する流れがTwitterで起こっている。どうしてそうなった。

コーギーの飛び込みチャレンジパロ



コーギーを思わせる外見と『パチ』という擬音からか、あの有名な動画の『腹打ちコーギー』を連想する人が多いようである。


関連イラスト

ワンパチちゃん
ワンパチかわいいよね、という話


ポケモン盾まとめ
ワンパチ



関連タグ

ポケットモンスター でんきタイプ
ポケモン剣盾

犬ポケモン
ガーディ ヨーテリー イワンコ:分類が同じ

関連記事

親記事

犬ポケモン いぬぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワンパチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8737170

コメント