ピクシブ百科事典

びびり

びびり

びびりとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第5世代
効果むしゴーストあくタイプの技を受けると、「すばやさ」が1段階上がる
いかくで「こうげき」が1段階下がると「すばやさ」が1段階上がる(第8世代)
英語名Rattled


概要

第5世代のポケモンBWで初登場した特性。

特定の3タイプの技を受けると「すばやさ」が1段階上がる。
ただしダメージの無効化はできず、「せいぎのこころ」の「すばやさ」版のような性能をしている。
第8世代では「いかく」を受けた時にも素早さが1段階上がるようになったが、攻撃力低下は防げない。要はビビリだまを持たせた時と同じ効果である。

せいぎのこころ」と同じく「ふくろだたき」のコンボが可能だが、あくタイプの技を半減できるのがグランブルアローラペルシアンのみなので使い勝手は悪い。
火力が上がるわけでもない上、どちらも他の優秀な特性を持っている為採用機会は少ない。
その他最終進化形で所有しているウソッキーノコッチの場合も、別の特性が優秀な為採用機会は稀。

効果自体は悪くないのだが、タイプや所有者の他の特性の兼ね合いもありこの特性が選ばれる事はまず無いだろう。
採用されるケースがあるとするなら「しんかいのキバ」を持たせたアタッカー型のパールルが、不用意な「とんぼがえり」に合わせて意表を突く形で採用される程度くらい(通常特性の「シェルアーマー」も今一つ冴えない為)。

…と思われていたが、2020年6月17日に鎧の孤島ノコッチが解禁され、ノコッチが新たに「バトンタッチ」を習得した事で「びびり」持ちで唯一の「バトンタッチ」使いという個性を得た。
「びびり」で上昇した素早さに加え、「とぐろをまく」「こうそくいどう」「ドわすれ」等を交えて「バトンタッチ」する唯一無二の役割を得て、ようやく「びびり」持ちで唯一死に特性から脱却出来るようになった(ただし安定性があるかどうかは別だが)。

第7世代までは隠れ特性限定であり、進化すると別の特性に変化してしまう例も多かったが、第8世代ではエレズンが通常特性として獲得している(ちなみにエレズンも進化すると別の特性に変化する)。

ちなみにむし・ゴースト・あくの3タイプ全てを抜群で受けるのはエスパータイプだが、エスパータイプにはこの特性の所有者がいない。
いたらいたで耐久が低ければ発動前に倒されてしまうが。

所有ポケモン


関連タグ

ポケモン 特性 隠れ特性
むしタイプ ゴーストタイプ あくタイプ
いかく
せいぎのこころ

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「びびり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1472

コメント