ピクシブ百科事典

ふくろだたき

ふくろだたき

「ふくろだたき」とは、ポケットモンスターシリーズに登場する技の一種。いわゆるリンチだが現在のポケモン界においては正義感の強いポケモンのテンションを上げる技になっている。
目次[非表示]

データ

初出第2世代
いりょく10(〜第4世代)→後述(第5世代〜)
PP10
めいちゅう100
タイプあく
わざ分類ぶつり
攻撃範囲相手1体
直接攻撃
備考ひんし及び状態異常になってない手持ちポケモン全員で攻撃


概要

第2世代初登場の連続技。

ダグトリオの あなをほる !!


何と手持ちポケモン全員で相手を攻撃するという、あくタイプらしさが滲み出た技になっている。早い話が集団リンチ
しかし第4世代までは威力たったの10。しかも1発ごとに味方の名前が堂々と出てしまい、自身の手持ちがばれてしまう無視できないデメリットを抱えていた。
味方にニックネームをつけていなかったら一巻の終わりである。
そして当時(タマゴを除くと)習得できたのは特攻の死んでるニューラのみ。あまりにもハイリスクローリターンだった。

だがしかしあんまりにもあんまりすぎる性能だった為か第五世代で調整がかかった。
ダメージ計算が特殊なものになり、それぞれの攻撃種族値と防御種族値を使うようになった。
その為厳密な威力は設定されなくなり、「てだすけ」以外の効果を受けなくなった。
ついでに地味な変化として味方の名前が出なくなった。どうせ見せ合いの時点でばれているのだが。


と言っても威力は期待できないので、主な使い方はダブルでの「せいぎのこころ」持ちの強化

ふくろだたき


あくタイプの技なので特性「せいぎのこころ」を持ったポケモンに使うと攻撃がぐんぐん上昇するため、いわタイプかつ「いわなだれ」を覚えるテラキオン等を袋叩きにして超火力から「いわなだれ」を叩き込む戦法が生まれた。
ちなみに味方を攻撃した場合自分も攻撃に参加するので叩かれるポケモンがドM扱いされるとかないとか。

一応「じきゅうりょく」と「びびり」持ちのポケモンでも似たような事が出来る。
「じきゅうりょく」の場合はバンバドロの高い防御力を大幅に上昇出来る為非常に有用。
ただ「びびり」の場合は、最終進化形の所有者のスペックの兼ね合いもあり、あまり有用でない。

関連タグ

あくタイプ ポケモン技絵

関連記事

親記事

ポケモン技一覧 ぽけもんわざいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ふくろだたき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55417

コメント