ピクシブ百科事典

カビゴン

かびごん

カビゴンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.143
英語名Snorlax
ぶんるいいねむりポケモン
タイプノーマル
たかさ2.1m
おもさ460.0kg
とくせいめんえき/あついしぼう/くいしんぼう(隠れ特性)
Zワザほんきをだすこうげき


※めんえき……「どく」「もうどく」状態にならない。
※あついしぼう……ほのおタイプこおりタイプの攻撃技で受けるダメージを半減させる。
※くいしんぼう……本来HPが1/4以下で使うきのみを、HPが1/2以下になった時に使う。

進化

ゴンベカビゴン(十分なついた状態でレベルアップ)

スイーツカビゴンベ



概要

黒と白を基調にした、まん丸に太った大きな怪獣のような外見のポケモン。大抵目は閉じているが、『ポケモンスタジアム』等3Dモデルのゲームでは目を開くことがある。

外見通りとてつもない食欲の持ち主で、1日に400kgは食べないと気が済まない。
同時に極めてぐうたらな性質で、基本的に食べるか寝るかしかしない。食ってるはじから居眠りを始め、眠ったままでも食うという。
お腹の上を遊び場にしても全く怒らない朗らかなさをもつが、単に気にしていないだけとも言える。

胃袋の消化液はとても高性能。カビが生えていようが、腐っていようが、トゲだらけであろうがお構いなしで、腹痛も起こさない。なんとあのベトベトンの猛毒さえ、カビゴンにとってはスパイスにすぎないという。

このようにやる気など全く感じられないが、内に秘めたパワーは凄まじく、何かのきっかけ(主に食欲がらみ)で本気を出すとズバ抜けた身体能力を発揮する。

巨体による怪力は元より、自身の十倍以上の高さまでジャンプしたり、クロールで離れた島まで遠泳もするというハイスペックぶり。そのためか、ひでんマシンで『なみのり』を覚えられる。
バトルレボリューションではドロップキックモーションを披露したりと動けるデブっぷりを発揮している。

その見た目通り体重が重いことでも有名で、第二世代までは体重が最も重いポケモンだった。
今でこそコスモウムテッカグヤを筆頭に、グラードンバンバドロアクジキングギラティナディアルガメタグロスクレベースなどの重量級が増えたことで、上の中ぐらいに落ち着いている。

ゲーム上での特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
160110656565→110(金銀から)30540


「自力入手は困難だが、増やすのは容易で、GTSさえ使えばお手軽に入手できる」ポケモンの1種(第6世代まで)。
ポケモンずかん上ではレアリティについては何も書かれていないが、ぶっちゃけあのラプラスと大差ないレベルのレアリティ。初代では、ゲーム中に僅か2匹しか登場しなかった。
第2世代以降も、野生個体は原則固定エンカウントでしか手に入らず、しかもただ話しかけるだけではダメで「ポケモンのふえ」を使って起こす必要がある。
これが後述するGOでの入手難度の高さに繋がったと思われる。

DPt』より進化前のゴンベが登場したが、こちらも第6世代までカビゴンと大差ない……というか、場合によってはカビゴン以上に入手が面倒なポケモンだった。

第7世代のサン・ムーンでゴンベが草むら出現(しかも主人公の自宅近くの)になり、自力入手の難易度が大きく下がった。
ちなみに野生のカビゴンも(しかも固定シンボル以外で)出現する。乱入バトルというやや面倒な手続きは必要だが。

第8世代では固定シンボルではあるが、倒しても捕まえても1日経つと復活しているカビゴンがワイルドエリアに登場し、カビゴン自体のゲットも非常に楽になった。
ポケモン剣盾にはGTSが内蔵されていないので、それと帳尻を合わせた形になるか。
(ちなみに上で挙げたラプラスも、カビゴン程ではないがワイルドエリアに出没しやすくゲット容易になっている)

なお、カビゴンのグラフィック、初代から並べてみてみると、最初寝転がっていたのが少しずつ起き上がってきて、最後には立ち上がっているという地味な変化がある。

……まさかこれが、サン・ムーンにおいて、10年以上かかった伏線になるとは一体誰が想像できただろうか。

対戦において

対戦ではHPと物攻と特防に優れたノーマルタイプのポケモン。御三家を超える高い合計種族値でありながら、配分にも無駄がない。
弱点であるかくとうタイプは物理型に偏っており、そこさえ気を付ければ崩されることは少なく、非常に安定した戦いが望める。
反面、素早さは非常に低いが、それを逆手にとって「のろい」のデメリットを減らしたり、味方の「トリックルーム」と組み合わせて先手を取る戦法が強力。

メインウェポンはタイプ一致で安定した「おんがえし(orやつあたり)」が人気。他にも「すてみタックル」、「のしかかり」辺りが候補に挙げられる。第8世代で「おんがえし&やつあたり」が廃止になってしまった為、丁度いい火力の一致わざが無くなってしまったのは多少痛手ではあるが。
サブウェポンには、相性補完に優れた「じしん」・「かみくだく」・「ほのおのパンチ」あたりが採用される。また、意表をついて「じばく」や「カウンター」で攻めることも可能。
変化技は「ねむる」や「あくび」など、種類は少ないが有用なものを覚える。


初代ではあまり話題にならなかったが、第2世代ではトップメタとして君臨。当時の努力値の仕様では全ステータスの満遍なく振られるため長期戦になりやすく、多くのポケモンは堅牢なカビゴンを突破できずに葬られた。当時の仕様では「ねむる」+「ねごと」コンボでしぶとさは尋常ではなく、「はらだいこ」「じわれ」で一気に試合を決めることができた。

第2世代ではシロガネ山レッドも使用。「ねむる」と「のしかかり」のコンボで長期戦を狙ってくる。リメイク版では天候が「あられ」なので、必中となる「ふぶき」も使ってくる。

第3世代以降、対戦環境は火力偏重になり、さらにかくとうポケモンの台頭で徐々に苦しい立場に立たされるようになる(それでも十分に強ポケ扱いであったが)。

しかし、第7世代で回復量が強化された「フィラのみ」と特性「くいしんぼう」を組み合わせたコンボが流行し始め、「はらだいこ」や「リサイクル」を絡めることで長く強く戦わせることが可能になった。
また、専用のZクリスタル「カビゴンZ」を持たせることで、専用のZワザほんきをだすこうげき」を繰り出すことが出来る。元の技である「ギガインパクト」も強力であり、強引に押しきる戦術も存在する。

第8世代で「フィラのみ」の回復量が減った為、多少使い勝手が悪くなり、同じ耐久型のノーマルタイプである「ポリゴン2」の台頭により第一線からは退いているが、カビゴンの高いHPと相性が良い「ダイマックス」や優秀な特性、物理型なのも相まって差別化が容易であり、未だ採用率は高い方である。

キョダイマックス

キョダイマックスカビゴン


タイプノーマル
たかさ30.5m~
おもさ???.?kg

いねむりポケモン・カビゴンがキョダイマックスした姿。
第七世代では専用Zワザでアクティブに走り回ったカビゴンだったが、第八世代ではキョダイマックスを習得。

キョダイマックスのパワーにより、ものぐさ生活の中でお腹の毛にこぼし絡みついていた、小さなきのみの種や小石が爆発的に成長。お腹が草木の茂った土地の様になり、その姿はまるで山のように雄大。

腹部の重さの影響か、はたまた元来の習性か、バトル中はほとんど起き上がることなく少し上体を起こし手足をバタつかせて攻撃する。一見やる気がなさそうに見えるが、破壊力は絶大で、数あるダイマックスポケモンの中でも一二を争うという。

このカビゴンが繰り出すノーマルタイプの攻撃は「キョダイサイセイ」に変化する。相手にダメージを与えるだけでなく、自分と味方のポケモンがバトル中に食べた木の実を50%の確率で再生させる効果を持つ。

2019年12月から1月上旬までマックスレイドバトルに出現する。
…のだが、このキョダイマックス化したカビゴン、とりわけ☆5のものは悪名高きあのキョダイカジリガメやキョダイストリンダーに匹敵するほどの強さを持っている
キョダイサイセイは最大レベルでも個体によっては大半のサポートポケモンを一撃でひんしに追いやるほど強力で、しかもそれらに続くのは「いわなだれ」または「じしん」の全体攻撃
弱点のかくとうタイプで行こうにも、「しねんのずつき」やダイサイコがそれを巧妙に阻む。
マルチで蔓延するムゲンダイナザシアンザマゼンタのいずれの伝説ポケモンにもしっかりと対応策を講じており、耐久も高いため半端な火力では落としきる前にこちらが壊滅させられてしまう。

一応の対応策としては、攻撃が全て攻撃依存の物理ダメージなので、攻撃を1段階でも落とせれば少し楽になる。このため、「いかく」持ちのポケモンで挑んだり、運任せだが「じゃれつく」などの攻撃力低下が入れば成功の道が開ける。サポートではトシヒロのハリーセンがいかくを持つので、彼が入っていればしめたもの。
PTで挑む場合は、「でんじは」や「リフレクター」を使ってこちらをサポートできるポケモンが1匹いるだけでも攻略難易度は格段に下がる。特にオススメなのが特性「いたずらごころ」によりこれらの変化技を最速で繰り出すことが可能なオーロンゲ。相手のダメージを等倍以下に抑えることが可能な上に、相手の弱点を突けるかくとう技の「ドレインパンチ」でダメージを与えつつ回復しながら長く場に居座れるのも強み。ただし、素の耐久性は低いので、HPと防御に努力値を最大まで振っておくのを忘れないように。

アニメ上での特徴

無印40話「おきろ! カビゴン!」で初登場。こちらのカビゴンは、食糧不足に陥っていた村に流れる川の上流で眠っていた個体で、サトシたちはロケット団の協力を得てカビゴンをどかそうとするが(この際、カビゴンをどかすためとはいえ、サトシたちがロケット団の悪事に加担しているという珍しい場面が見られた)上手く行かず、最終的にポケモンの笛使いの老人(例のカビゴンのトレーナー)にカビゴンを起こして貰った。しかしカビゴンのせいでせき止められていたと思われていた川は、実はいばらが川をせき止めていたことが判明した。しかし先ほどのカビゴンがそのいばらを食べ尽くしたことで川は元の流れに戻り、村の食糧不足は解消されたのであった。

後にオレンジ諸島編第96話「おおぐいカビゴン! だいパニック!」でサトシがゲットする。サトシのポケモンとしての詳細は、サトシのカビゴンを参照。

DP第160話ではポケスロンに出場する少年・ユウタのポケモンとして登場。
カビゴンながら運動能力が高く、サトシのピカチュウと対決し、最後のハードル走で勝利した実力の持ち主。

サン&ムーン28話では、アローラ地方出身のポケベース選手オルオルのポケモンとして登場。
オルオルと共にポケモンスクールチームの一員としてロケット団チームとのポケベース対決に参加。

守備ではチームの足を引っ張っていたが、9回裏の攻撃でオルオルがZワザ「ほんきをだすこうげき」を発動させたことで物凄いスピードでグラウンドを駆け抜け、最後はキャッチャーのソーナンスを押しつぶして落球を誘い、スクールチームをサヨナラ勝利へと導いた。
アニメのカビゴンはトレーナーの育成次第ではスポーツマンもできるようだ。

新無印5話で初のキョダイマックスポケモンとしてワイルドエリア内で登場。線路を塞いだまま寝こけ、危うく事故を起こしかけたが、ゴウ達の奮闘によって回避された。


OVA『ピチューとピカチュウのふゆやすみ2001』の短編「ホワイトストーリー」にはピカチュウたちの作った雪だるまから誕生した「ホワイトカビゴン」(CV:水原リン)が登場。通常種とは異なり、全身が雪のように青白く、こおりタイプの技を得意としている。


ポケモンGOでのカビゴン

初ゲットはカビゴン!


野生の個体の出現率が非常に低く、入手難易度も相当に高い。
かつては出現率が低い10kmのタマゴから低確率で孵ることがあったが、2018年12月に進化前のゴンベが7kmタマゴから孵るようになってからは、カビゴンは直接孵らないようになった。

なお、ゴンベの孵化率はそこそこ(少なくともタマゴから孵化していた時のカビゴンよりかは高い)なので、間接的にではあるが以前と比べるとカビゴンの入手難易度は下がっている

2019年現在、レイドボスからも外れており、入手する際はタマゴから孵ったゴンベをコツコツ育てるか、超低確率で出現する野生の個体を捕獲するしかない。それだけに、入手できた時の喜びもまたひとしおだろう。
なお、2017年3月4日~13日までの間、熊本県全域および大分県の一部で復興イベントとしてカビゴンが大量発生していたことがある。

また、フィールドリサーチの大発見リワード(報酬)としてのしかかりを覚えたカビゴンが、2018年7月2日~8月2日の間に設定されていたこともある。
また、2018年11月、ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイの発売記念として、ラッキーラプラスと共に期間限定で7kmのタマゴから生まれたことも。


とか何とか言っていたら、2019年5月末にはそこら中にカビゴンが大量発生するという事態に。
新作ゲーム「ポケモンスリープ」発表記念らしく、捕獲前は必ず横になって眠っているモーションとなっている(捕獲後はいつもの体勢・動きに戻る)。

また、CP値の大小に関わらず、1投目・2投目は絶対に捕まらず(ただし逃げもしないので安心してほしい)、3投目は必ず捕まる仕様となっている。
ゆえにモンスターボール→モンスターボール→パイルの実を与えてからモンスターボールという投げ方をすることで驚くほど簡単にカビゴンのアメ6個(博士かピカブイに送れば7個)が入手できる。

なお、このイベントで入手できるカビゴンは、通常技で必ず「あくび」を覚えているケッキングでお馴染みのあの技である)。
とはいえ、実用性はほぼ皆無で、普通に「したでなめる」や「しねんのずつき」を覚えさせた方がダメージ効率が良いので、コレクション目的で残しておく等、余程の事情がない限りは、わざマシンで他の技に変えてしまった方が無難。

この現象の期間は5月29日から6月3日深夜(厳密には6月4日の午前5時)まで見られた。

性能

実装された当初から、優れた耐久性を誇るディフェンダーとして評価されている。

活躍のメインとなる舞台はジム防衛
ジム防衛の常連となるポケモンはシステム更新やCP値の修正に応じて移り変わっていくものだが、サービス開始最初期から今に至るまで常連であり続けるポケモンはカビゴン以外だとカイリューラッキーぐらいである。

最近はメタグロスなどの台頭に応じてジムにいない(6つの枠が他のポケモンで埋まってしまう)ことも増えたが、それはあくまで防衛要員として評価すべきポケモンが増えただけであってカビゴン自身が評価されなくなったわけではなく、定期的にジムに現れては厄介な耐久力を見せつけてくれる。

一方で、ジム攻略やレイドバトルでは弱点を突いた方が現状効率がよいのでアタッカーとしての採用率は低い。ポケモンの種類の少なかったレイド実装初期にはちらほら見られたが、現在はポケモンの種数が増えたことでアタッカーの数も増えたことで、相対的にカビゴンの出番もほぼなくなってしまっている。

レイドボス

2017年6月からはレイドバトルのボスとしても登場するようになった。
ランクはバンギラスラプラス等と並ぶ一般最高クラスの★★★★

持ち前の耐久力の高さや攻撃力にさらに磨きがかかっており、2,3人程度では体力を削り切る前に全滅するかタイムアップになるかの超絶的なタフネスと戦闘力を手に入れている。

特に一致技のはかいこうせんの破壊力は凄まじいの一言で、被弾すれば冗談では済まされないダメージを負わされる羽目になる。しかもノーマルタイプしか持たないので弱点がかくとうタイプ1つだけ

倒すのには苦労するが、その分、手に入れることができた時の見返りは非常に大きい。諦めずに頑張ってチャレンジしてみよう。

2018年3月に一度レイドボスから降板。その後、同年4月11日~4月17日に開催された「カントーウィーク」で復活。9月に行われた「グローバルチャレンジ」のウルトラボーナスの一つとして、9月14~9月30日の間に再度復活を果たした。
2019年には『名探偵ピカチュウ』公開記念のイベントの際にまたしても復活し、現在は再びレイドボスから外れている。

なお、レイドのクラス変更後は★★★レベルに格下げとなった。
このため、頑張れば1人でも突破することが可能となっている。

シャドウカビゴン

GOロケット団の下っ端(女性)も良いよね?


2019年7月にGOロケット団およびその配下のシャドウポケモンが実装されると、カビゴンもその1匹としてプレイヤーの前に立ちはだかることになった。

…のだが、その強さがこちらのの予想をはるかに超えたものになっており、多くのプレイヤーを唖然とさせた。

通常のカビゴンは耐久性が高い代わりに攻撃力がやや低いという性能になっているのだが、シャドウポケモンはステータスに細工が加えられており、通常の個体よりも異常なまでに高い攻撃力を手にしている。つまり、自身の最大の欠点である攻撃力の低さを克服してしまっているのである。

このため、通常のジム戦と同じような感覚で迂闊に耐久の低いカイリキー等を繰り出そうものなら、通常技の「しねんのずつき」の連打を浴びるだけでゴリゴリ体力を奪われてしまう。

もう一方の「したでなめる」も発生が早いので連発されやすく、「しねんのずつき」程ではないがダメージを受けやすい(しかも、ゴースト技なのでフーディンミュウツーといったエスパータイプのポケモンを出していると思わぬダメージを受けることになってしまう)。

しかも、1匹だけでもかなりの強敵だというのに、場合によっては一回の戦闘で2匹繰り出してくることも。勘弁してくれ
シャドウポケモンの種数が少なった初期の頃は、3匹連続でカビゴンだったなんていう悪夢のような事態が起こることも珍しくなかった。現在ではシャドウポケモンの種数が大幅に増えたため、このような事態はあまり起こらなくなっている(まったくないわけではない)。

安定して立ち回りたいのであれば、両方の通常技を軽減できるあくタイプのポケモン(特にかくとう技で弱点を突ける・ダークライイベルタルタチフサグマ)がおススメである。

スマブラ

全作品において登場している皆勤賞。

モンスターボールから登場すると、大ジャンプして画面上方に消えた後、なぜか巨大化して「のしかかり」をしてくる。攻撃判定も威力も大きいため、相手が出してきた場合は、素直に逃げたほうがいい。

ポケモンユナイト

戦略ゲームの一ジャンルであるMOBAとして開発されたポケモンユナイトにもプレイアブルキャラクターとして稼働時から参戦した。

分類は「ディフェンス」「近接」「攻撃」
わざ1がたいあたり→レベル6でヘビーボンバーorじたばた
わざ2がねむる→レベル8でとおせんぼうorあくび
とくせいはくいしんぼう
ユナイトわざは「ばくすいインパクト」

本作では鈍足・高耐久なステータスを持ち、豊富な妨害行動を用いて敵の戦線を押し返す防衛要員である。
原作イベントの「他者の通行を妨害する」という面が再現されており、敵の邪魔がとても得意。反面、ねむねご等の戦法は再現されていない。
試合開始直後はトップクラスのステータスを持ち、カイリキーやルカリオなどよりも攻撃が高い。その後のレベルアップでは攻撃値は伸び悩むもののHP、防御、特防は好調に伸びていき受け性能が高くなる。
また、通常攻撃の素の急所率が0%というあまり嬉しくない特徴も持っている。

わざ1はダメージディールのメインウェポンであり、広範囲・そこそこの単発火力・1秒間の敵妨害・長射程・出がかりと挙動全般が速い……とやたらに高性能なムーブ技の「ヘビーボンバー」か、「じたばた状態」になって自分の移動速度強化、通常攻撃に鈍足効果付与、+では更に体力回復を付与し、体力が減るほど攻撃の威力が上がる継続火力重視の自己強化技「じたばた」の選択式。
どちらを選ぶかで運用がガラリと変わるが、どの組み合わせでも一定の戦法ができるため柔軟性は高め。

わざ2の「とおせんぼう」は自身を妨害無効状態の壁にして当たった敵をスタンさせて吹き飛ばすいやらしい技で、特にフルパでは高い効果を発揮する。
もう片方の「あくび」は敵を眠らせて行動不能にするシンプルな技だが出がかりが遅く射程も短い。

短所としては移動速度の遅さ、接近しないとダメージを与えられない、無進化ポケモンだがわざの更新が遅い上にわざ2が回復技なので戦闘時に切れる手札がひとつだけのまま長期間戦うことになるという点などである。

運用の上では単騎で無理に突出せず、味方と連携を取ることが重視される。初心者向けとされており、技自体は比較的扱いやすいが戦果を出すには戦況の見極めと連携が必要なタイプ。
味方が集団戦の口火を切ってからヘビボンで突っ込むなど立ち回りには判断力がいる。
どちらかといえば真価を発揮させるためにはフルパ運用を前提としているところがある。


主な使用トレーナー

以下の通り、地方最高峰クラスのトレーナーに使われる傾向がある。


元ネタ

ゲームフリーク(ポケモンを開発した会社)の社員であるゲームプランナーの西野弘二氏がモデルになっている。

彼のふっくらした大柄な体型と、カビの生えた物でも平気で食べる奴だったという武勇伝から、仲間の間でカビゴンというあだ名をつけられたことがあり、そのままポケモンとして採用されたとのこと。

実際、初代ポケモン開発時の彼は、カビゴンの姿(特に顔)がそっくりである。
2018年5月に読売新聞にて行われたインタビューにて、西野氏がモデルであることが正式に明かされた。

関連イラスト

【リク絵】カビごん
カビゴンとコダック


リクエスト箱より1
カビゴン「ちょっと本気出す」



関連項目

ポケモン ポケモン一覧 ポケモン図鑑
となりのトトロ トトロ となりのカビゴン

筒香嘉智…似ているとネタにされる。
堀米雄斗…スケートボード選手。自室にカビゴンのぬいぐるみを置いており、大会で獲得したメダルを掛けているらしい。

関連記事

親記事

ゴンベ ごんべ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カビゴン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カビゴン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7347444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました