ピクシブ百科事典

フシギソウ

ふしぎそう

フシギソウとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.002
英語名 Ivysaur
ぶんるい たねポケモン
タイプ くさ/どく
たかさ 1.0m
おもさ 13.0kg
とくせい しんりょく/ようりょくそ(隠れ特性)


進化

不思議さん


初期中間最終
フシギダネフシギソウ(Lv.16)フシギバナ(Lv.32)

特徴

ポケットモンスター赤・緑』(第1世代)に登場したポケモン。
フシギダネの進化形。背中の種が成長し、つぼみになっている。
しかし分類は何故かたねポケモンのままである。

また、熱帯の植物のような幅広の葉が、つぼみの根元から4方向に生えてくる。
フシギダネは時おり後ろ足で立ち上がることがあるが、フシギソウは背中が重くなったために常に四つん這いであるとされる。
しかし、この系統で後ろ足で立っている図鑑のイラストが存在するのはフシギソウのみである。
養分を吸収していきつぼみが膨らみだすと、そこから甘い香りが漂い始める。それは花が咲く兆候であり、進化が近い証拠でもある。

名前の由来は、恐らく「フシギ(不思議)+ソウ(草)」。
"不思議そうな表情"と掛けているのだろう。
なお、現実にはオジギソウという植物があるのだが、葉の形が似ている事以外これといって共通点はない。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
606263808060405


能力はフシギダネの状態から順当に強化される。
但しフシギダネの時に自力習得できたタネばくだんは自力習得できなくなっている。

その他

大乱闘スマッシュブラザーズ

ポケモントレーナー」の手持ちポケモンとして『X』より登場。
ゼニガメリザードンと使い分ける形で操作できる。重量級を星にせしめる上スマッシュと空中下Aの脅威のふっとばし性能と、なによりそのかわいいハイトーンボイスで存在感をばっちり示す

声優は『X』では川上とも子氏が担当。川上氏の死後に発売された『SP』ではアニポケでも演じた犬山イヌコ氏が役を引き継いでいる。
『スマブラ』でフシギソウの魅力に開眼したファンも多いのではないだろうか。


スマブラX

ボタンワザ一覧
Bタネマシンガン
→Bはっぱカッター
↑Bつるのムチ
↓Bポケモンチェンジ
切りふださんみいったい

中量級の位置づけだが、地上・空中共にふっとばし力の高いパワフルな攻撃を持ち、リーチの長い技に飛び道具をも兼ね備え、中~遠距離が得意なファイター。ツタの部分にやられ判定が存在しないのも大きい。ただし全体的に攻撃の出が遅く隙も大きいため、接近戦は苦手。威力の高い技も当てるには慣れが必要。さらに体の上のつぼみにもやられ判定があるので相手からの攻撃を思いのほか受けやすく、復帰ワザも頼りなく使いどころが難しい。

スマブラfor

システム上、ポケモントレーナーが出せなかった為に、ファイターとしての参戦はなく、フィギュアとしてのみ登場している。

スマブラSP

ボタンワザ一覧
Bタネマシンガン
→Bはっぱカッター
↑Bつるのムチ
↓Bポケモンチェンジ
切りふださんみいったい

『スマブラSP』では炎弱点、水耐性は撤廃され、実質的に耐久力は強化された。
また『スマブラX』からワイヤー復帰自体の仕様が変わり、ガケに先客がいてもつるのムチをひっかけられるようになったり、使用してもしりもち落下にならなくなるなど、復帰面も多少フォローされているが、ワイヤーしか復帰ワザを持っていないのは変わらず、ガケに届かないと為す術なく落ちてしまうため、他ファイターと比べると復帰力は心もとない。
発売前~初期環境に於いてはその復帰力の無さから弱キャラ扱いだった(というかゼニガメがあまりにも強すぎた)ものの、それを差し引いての圧倒的爆発力が高く評価され、現在ではポケモントレーナー最強との呼び声が高い。
しかし、空中でも下必殺ワザでポケモンチェンジが可能になったため、フシギソウ単体の復帰力は低くとも、ふっとばされたら即リザードンに交代して復帰することも可能になっている。

ポケットモンスターシリーズ参戦ファイター

Noファイター初出演
08ピカチュウ64
12プリン64
19ピチューDX
24ミュウツーDX
33/34/35ポケモントレーナー(ゼニガメ/フシギソウ/リザードン)X
41ルカリオX
50ゲッコウガfor
69ガオガエンSP

32.アイクポケモントレーナー(33.ゼニガメ/34.フシギソウ/35.リザードン)→36.ディディーコング

ポケダン

一作目では進化前と進化後を含め、何故かカラーリングがライトグリーンだったが、二作目では本家に近付ける為、フシギソウとフシギバナは体色が青くなった。
ちなみにダンジョン中でフシギダネ系に話しかけると「ダネ」や「バナ」など名前を捩った語尾が付いた会話を聞けるが、フシギソウだけ普通の口調で喋る。

ポケモンレンジャーシリーズ

第1作から登場。ライラの森に生息しており、つるのムチで攻撃してくる。キャプチャ回数も6回と簡単だが、フィールド技はモンジャラで代用の効く「わたる」であり、正直、ブラウザの完成以外にメリットがない。
光の軌跡」ではドンツキみさきに住むポケモンとして登場。つるのムチはオミットされ、はっぱカッターやどりぎのタネで攻撃してくる。フィールド技も「きる2」に変更され、ポケアシストも前方にタネマシンガンを発射するようになり、非常に使いやすいポケモンになった。

ポケモンGO

本作ではフシギバナへの過渡期としての側面が強く、フシギソウ自体はそこまで強力なポケモンではない。
一応野生出現はするが、進化系の御多分に漏れず出現率はかなり低い。進化系共々色違いが実装されているので、捕まえる気はなくても見かけたら覗くだけ覗いてみよう。

レイドボス

2017年11月6日からは進化系のフシギバナと入れ替わる形でレイドボスに選ばれた。
レベルは★なので、ソロでも攻略可能。

進化先であるフシギバナがくさタイプの中ではそこそこ強力でバランスの取れた性能なので、カメールレイドよりかは使い道があるが、進化前であるフシギダネが御三家の中ではそこそこ高めの出現率を誇るので、需要は正直イマイチといったところ。
スポンサージムに居座っているところを狙うか、ミッション達成のタネにするぐらいが関の山だろう。

主な使用トレーナー

ゲーム

アニメ版

漫画版


※1:赤緑青バージョン及びリメイク版では最初にフシギダネを選んで進化させる。
※2:赤緑青バージョン及びリメイク版で最初にゼニガメを選んだ場合。
※3:最初にフシギダネを選んで進化させる。

関連イラスト

フシギソウ
お座りふしぎちゃん


Petal Dance



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ どくタイプ
ポケモン RGBP FRLG
001.フシギダネ002.フシギソウ→003.フシギバナ

カントー御三家・中間形態

くさタイプフシギソウ
ほのおタイプリザード
みずタイプカメール


草御三家・中間形態

ポケモン該当地方
フシギソウカントー御三家
ベイリーフジョウト御三家
ジュプトルホウエン御三家
ハヤシガメシンオウ御三家
ジャノビーイッシュ御三家
ハリボーグカロス御三家
フクスローアローラ御三家
バチンキーガラル御三家

関連記事

親記事

フシギダネ ふしぎだね

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フシギソウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2021412

コメント