ピクシブ百科事典

フシギソウ

ふしぎそう

フシギソウとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.002
英語名 Ivysaur
ぶんるい たねポケモン
タイプ くさ/どく
たかさ 1.0m
おもさ 13.0kg
とくせい しんりょく/ようりょくそ(隠れ特性)


進化

フシギダネフシギソウ(Lv.16)→フシギバナ(Lv.32)

不思議さん



特徴

ポケットモンスター赤・緑』(第1世代)に登場したポケモン。
フシギダネの進化形。背中の種が成長し、つぼみになっている。
しかし分類は何故かたねポケモンのままである。

また、熱帯の植物のような幅広の葉が、つぼみの根元から4方向に生えてくる。
フシギダネは時おり後ろ足で立ち上がることがあるが、フシギソウは背中が重くなったために常に四つん這いであるとされる。
しかし、この系統で後ろ足で立っている図鑑のイラストが存在するのはフシギソウのみである。
養分を吸収していきつぼみが膨らみだすと、そこから甘い香りが漂い始める。それは花が咲く兆候であり、進化が近い証拠でもある。

名前の由来は、恐らく「フシギ(不思議)+ソウ(草)」。"不思議そうな表情"と掛けているのだろう。なお、現実にはオジギソウという植物があるのだが、葉の形が似ている事以外これといって共通点はない。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
606263808060


能力はフシギダネの状態から順当に強化される。
但しフシギダネの時に自力習得できたタネばくだんは自力習得できなくなっている。

その他

スマブラシリーズ

ポケモントレーナー」の手持ちポケモンとして『X』より登場。
ゼニガメリザードンと使い分ける形で操作できる。重量級を星にせしめる上スマッシュと空中下Aの脅威のふっとばし性能と、なによりそのかわいいハイトーンボイスで存在感をばっちり示す。

特に星になるときの悲鳴は必聴である

スマッシュブラザーズ出演によってフシギソウの魅力に開眼したファンも多いのではないだろうか。

声優は、『X』では川上とも子氏が担当。川上氏の死後に発売された『SPECIAL』ではアニポケロケット団のニャースを演じていることで有名な犬山イヌコ氏が役を引き継いでいる。

ポケダン

一作目では何故かカラーリングが真っ青だった。たぶん本家のあの青緑色の体色を再現しようとした結果ああなっのかもしれない(DSで発売されたシリーズでは進化前進化後は黄緑色のカラーリングになっていて割と安定している)。

ポケモンGO

本作ではフシギバナへの過渡期としての側面が強く、フシギソウ自体はそこまで強力なポケモンではない。
一応野生出現はするが、進化系の御多分に漏れず、出現率はかなり低い。

レイドボス

2017年11月6日からは進化系のフシギバナと入れ替わる形でレイドボスに選ばれた。
レベルは★なので、ソロでも攻略可能。

進化先であるフシギバナがくさタイプの中ではそこそこ強力でバランスの取れた性能なので、カメールレイドよりかは使い道があるが、進化前であるフシギダネが御三家の中ではそこそこ高めの出現率を誇るので、需要は正気イマイチといったところ。
スポンサージムに居座っているところを狙うくらいが関の山だろう。

主な使用トレーナー


関連イラスト

不思議草
フシギソウ



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ どくタイプ
ポケモン RGBP FRLG
フシギダネ フシギバナ メガフシギバナ

カントー御三家の1進化
ほのおタイプ:リザード
みずタイプ:カメール

他のくさタイプ御三家の1進化
ジョウトベイリーフ
ホウエンジュプトル
シンオウハヤシガメ
イッシュジャノビー
カロスハリボーグ
アローラフクスロー

pixivに投稿された作品 pixivで「フシギソウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1263227

コメント