ピクシブ百科事典

ポケモントレーナー(スマブラ)

すまぶらのぽけもんとれーなー

『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』に登場するファイターの1体。
目次[非表示]

「いくぞ!さんみいったい!」
「いっけえ!さんみいったい!」


概要

大乱闘スマッシュブラザーズX』および『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』に登場するファイター。
FRLG』の主人公をモデルとしている。(Xは男の子のみ、SPは女の子も追加)

スマブラX

ボタンゼニガメフシギソウリザードン
Bみずでっぽうタネマシンガンかえんほうしゃ
→Bからにこもるはっぱカッターいわくだき
↑Bたきのぼりつるのムチそらをとぶ

※:↓Bはポケモンを入れ替える『ポケモンチェンジ』最後の切りふだ『さんみいったい』というオリジナルワザになる。
自分は直接戦わず、ゼニガメフシギソウリザードンを切り替えながら戦うという異色のファイター。
必殺ワザの数は共通となる下必殺ワザ「ポケモンチェンジ」を除くと、各ポケモンごとに3つずつあるため、計9種類。
そのため多くのワザを持つが、その分各ポケモンを使いこなす必要がある。ある意味超上級者向けのキャラクターである。
また、蓄積ダメージとは別にスタミナが設定されており、同じポケモンを使い続けると疲れてしまう。

最後の切りふだは「さんみいったい」。3体のポケモンが同時に攻撃し、「こうかはばつぐんだ!!」と原作を再現したかのように力の入ったメッセージが入る。
ワザの構成は、ゼニガメがハイドロポンプ、フシギソウがソーラービーム、リザードンがだいもんじ

直接戦うファイターではないので、唯一この影響を受けない珍しい存在である。

スマブラfor

for』ではリザードンが単体のファイターとして参戦し、他の2匹やポケモントレーナー自身はフィギュアのみの登場となった。

桜井氏によると「本来は出す予定だったが3DSのマシンパワー不足で全く動かず、仕方なくリザードンのみを参戦させた」かららしい。また時代の仕様は『X・Y』になっており、唯一リザードンがメガシンカできる上、ゼニガメと同じタイプで最新世代のゲッコウガが参戦している事とフシギソウの中の人が亡くなっているのも参戦が難しかった要因と考えられる。とは言え単独キャラとなった以上スタミナが廃止された上、ポケモンチェンジが抜けた代わりに横必殺ワザがハイリスクハイリターンの「フレアドライブ」になった(「いわくだき」は下必殺ワザに変更された)事で決定力が上がり、むしろリストラされた事が強化に繋がっていると言えよう。
また、ポケモントレーナー自身のフィギュア説明文にはの名が記されている。

スマブラSP


ボタンゼニガメフシギソウリザードン
Bみずでっぽうタネマシンガンかえんほうしゃ
→Bからにこもるはっぱカッターフレアドライブ
↑Bたきのぼりつるのムチそらをとぶ
※:↓Bはポケモンを入れ替える『ポケモンチェンジ』最後の切りふだ『さんみいったい』というオリジナルワザになる。

SP』では再度ポケモンを交代させる仕様に戻り、残るフシギソウ・ゼニガメもファイターとして復活した。
いくつか仕様変更がかけられたが、中でもスタミナが廃止され、同じポケモンを使い続けていてもデメリットがなくなったことは大きい。

ポケトレ!
リーフちゃん


さらにカラーバリエーションとして『FRLG』の女主人公が追加され、男女のどちらかを選ぶ事が可能になった。モーションも男女によって異なる。
ちなみにこの2人は、原作『FRLG』では主人公として選ばなかった方が一切登場しない仕様のため、プレイヤー同士の対戦でもない限り出会う事がなかった。

特に大きな変化をしたのはゼニガメ。
『X』で問題だったふっとばし力はやや改善された他、攻撃モーションが三匹の中で多く変わった。得意の手数を駆使して攻める性能がより徹底的に。

リザードンは『X』のポケモンチェンジの復活で「いわくだき」が削除された。

オンライン対戦ではゼニガメは手数と機動力を生かし、フシギソウで遠距離攻撃とふっとばし力、リザードンはパワーとフレアドライブなどを生かすと非常に楽に戦える。又、その影響で使用率が比較的高め。
但し、リザードンのフレアドライブを何回か使用したときは交代は控えた方が良い。なぜなら、フレアドライブは威力が強力な反面、カウンター狙いされやすく使用すると自身のダメージも来る故で撃墜されやすいので無暗な使用は禁物。ダメージは引き継がれるので復帰力の低いゼニガメやフシギソウは簡単に撃墜される。リザードンのフレアドライブを使用する際にはアイクやルキナ、パルテナ、クロムなどのカウンター攻撃に注意必要がある。

ゼニガメの際にはふっとばされやすいのでクッパやガノンドロフなどの強力な攻撃を持つファイターやプリンなどの空中戦が得意なファイター、フシギダネはリンクやベレスなどの飛び道具に弱いのでそれらに注意して戦う必要がある。
逆に相手がポケモントレーナーの場合、ゼニガメなら空中戦、フシギソウなら飛び道具、リザードンならカウンターや反射能力を主軸として戦えば比較的優位に戦える。

勝ちあがり乱闘「未来のチャンピオン」は原作におけるチャンピオンへの道を追体験するルート。対戦相手は全てポケモン系で、ラウンド6では選ばなかった性別のトレーナーが登場する。
ピカチュウのルートと似ているが、ステージがポケモンスタジアム系・ポケモンリーグ系のみ、アイテムが一切出ないといった違いがある。
ボス戦は殿堂入り後ということで、ピカチュウと同じくミュウツー→マスターハンドとの連戦となっている。

なお、ファイター番号はポケモンごとに振られているが、ファイター総数で数えた場合は1体としてカウントされているため、扱いが少々ややこしい。これにはのちにDLCで参戦したホムラとヒカリにも同じことが言える。

関連イラスト

「行け!」
\モフモフ!!モフモフ!!/


リーフちゃんスマブラ参戦おめでとう!!
リーフ リザードン



関連タグ

ポケモン FRLG ポケモントレーナー
大乱闘スマッシュブラザーズX 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL
レッド(ポケモン)リメイクレッド
リーフ(トレーナー) スマブラガールズ
ホムラ/ヒカリ:SP(DLC2)に登場した変身するファイター。

リュカ(MOTHER)亜空の使者におけるパートナー

カラーバリエーション関連

『エメラルド』男主人公…『X』の緑カラー
『GSC』男主人公…『SP』の3Pカラー
『エメラルド』女主人公…『SP』の4Pカラー
『DP』男主人公…『SP』の5Pカラー
『BW』女主人公…『SP』の6Pカラー
『XY』男主人公…『SP』の7Pカラー
『USUM』女主人公…『SP』の8Pカラー

ポケットモンスターシリーズ参戦ファイター

Noファイター初出演
08ピカチュウ64
12プリン64
19ピチューDX
24ミュウツーDX
33/34/35ポケモントレーナー(ゼニガメ/フシギソウ/リザードン)X
41ルカリオX
50ゲッコウガfor
69ガオガエンSP

32.アイクポケモントレーナー(33.ゼニガメ/34.フシギソウ/35.リザードン)→36.ディディーコング

関連記事

親記事

ポケモントレーナー ぽけもんとれーなー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモントレーナー(スマブラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257108

コメント