ピクシブ百科事典

トウコ(トレーナー)

ぽけもんとれーなーのとうこ

トウコとは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の女主人公である。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の女主人公。

本作から主人公の名前を決める際の選択肢がなくなり、自由入力のみになった。
何も入力せずに始めることはできず、デフォルトネームはなくなっている。
ただし、選ばなかったほうの主人公がNPCとして登場する際に付けられている名前が実質的にデフォルトネームと同等の扱いとなっており、商品展開等でも使用されている。

バトルサブウェイのマルチトレインにて、プレイヤーが選ばなかった方の性別の主人公が「トウコ」という名前でパートナーとして登場する。

英語名は「Hilda」(戦いを意味する「Hild」を由来とする人名)。
このことから日本名の「トウ」の由来も戦闘の「闘」ではないかと思われる。
また、タイトルの「黒」「白」と関連した「透」説もある。

容姿

トウコを選びますか?▼はい
トウコ


服装はピンクと白のキャップ、黒いベストと白のトップス、ダメージデニム風のホットパンツ、黒い靴下、編み上げブーツ
女主人公で初めてデフォルトでキャップをかぶっている。
髪形は大きなウェーブがかかったふわふわの茶髪ポニーテール
後頭部には先の別れた癖毛が生えている。
髪と目の色合いは母親によく似ている。

年齢は従来の主人公より上の世代のイメージで、中学生くらい(14歳ほど)の設定らしい。(ファミ通インタビューより)

BW2において

続編である『BW2』では直接は登場しないものの「2年前イッシュを救ったカノコタウン出身のトレーナー」として存在が示唆される。
チェレンの「レシラムもゼクロムもイッシュにはいないはず」というセリフから、その所持者である主人公も設定上不在と思われる。
ただし、通信を使えば姿を見ることもでき、戦闘モーションも存在する。
「おもいでリンク」を行うと、カノコタウンの家の看板が『BW』で入力したものになる。

他媒体におけるトウコ

MV「GOTCHA!」

歴代主人公と共にシルエットで登場した際にメイの手を引く様子が確認できる。
また、チェレンベルと共に歩むシーン、Nと対峙していると思われる瞳のアップが描かれた。

ポケモンエボリューションズ

CV:夏目妃菜
第4話「ザ・プラン」に登場。
カラクサタウンでのゲーチスの演説に遭遇した場面や、Nの城でライトストーンを携えゲーチスやNと対峙する場面が描かれた。原作主人公としては珍しくはっきりと表情が見える箇所があり、一部分だが声も当てられた。
ちなみにカラクサタウンでのシーンは演説するゲーチスとその聴衆を描いたゲームフリークによる公式イラストをオマージュしたらしい要素があり、トウコがポカブを持っていたのもそのためだと思われる。(イラストの方は男主人公だがポカブ、チェレンがミジュマルと共に描かれていた)

ポケモンマスターズにおけるトウコ

CV:永井真里子

流行や面白いもの、なによりもポケモン勝負に目がない熱血少女。
各地を巡って強さをみがいている。

口調や雰囲気は原作でNPCとして登場した時のものをベースにしつつ、独自の要素も足されている。
バディはポカブチャオブーエンブオー
レアリティがEXになるとオレンジ・黄色・赤が基調+元の衣服の黒と白の配色が反転したカラーリングの衣装が追加される。

メインストーリーでは第18章にてトウヤチェレンとチームを組んで主人公と対戦する。
バトルヴィラではボスの一人として登場し、オノノクスを繰り出してくる。他の3はいずれもフロンティアブレーンである中の抜擢となっている。

実装時にはエピソードイベント「黒白(こくびゃく)の情熱ガール」が開催され、ツツジネジキとの交流が描かれた。
以降に開催されたイベント「トリック オア バトル」でのセリフによるとトウヤとバトルサブェイにて勝負をしたことがある模様。
「輝けバトル☆ステージ!」では、勝負に向き合う姿勢についてルチアに熱意をもって伝えるなど、彼女との交流がクローズアップされている。
「世界を彩る数式」ではパシオに来たNを真っ先に発見し、トウヤにそのことを知らせていた。

『ポケマス』ではトウヤのみを『BW』主人公の立ち位置としているため、彼女はNとは面識がない設定になっている。
ただ、イッシュ地方にプラズマ団がいた事、彼らがポケモン解放を主張する裏でトレーナーからポケモンを奪う悪事を働いていた事は知っており、イベント「世界を彩る数式」やバディーズエピソードでも言及している。
後の2周年アニバーサリーイベント「心つながる感謝祭」ではトウヤと並んでNと勝負をしたがる姿が描かれた。

この設定のために一部ではトウヤが主人公のルートが正史扱いされていると勘違いする者もいるが、これらはあくまで『ポケマス』だけで描写されているものであり、トウヤが主人公である世界が本編の正史となったわけでもなければ、トウコが主人公である世界や物語がポケモン公式全体から否定されたわけでもないことは留意すべし。


性能

性能はニトロチャージで素早さを上げ、素早さバフの2倍分攻撃バフをかけるトレーナー技を発動、そこからメインウエポンのフレアドライブで攻め、反動ダメージをキズぐすりで回復という一通り自己完結した技構成。
とはいえ、すべて1人で賄うのは無理があるので、ある程度のサポートは必須。あるいは自身がキズぐすりによるヒーラーに徹するのも面白い。

バディストーンボードには反動ダメージ軽減のパネルが3つもあるため、ポケマスの仕様により本家以上に反動ダメージが痛いフレアドライブのリスクを大幅に減らせる。
HPを大幅に削る必要があるが、自身で急所率を最大まで上げることも可能で、そこからピンチ時HP回復によるリカバリーも可能。
更に素早さ上昇分バディーズ技威力上昇もあり、バディーズ技の火力は物理炎バディーズで最強の位置にいる。EX強化との相性も良好。

トウヤ&ダイケンキはトウコが必要なバフをすべて揃えることができ、チームスキルも5つの内3つも発動できる最良サポート。

主人公をモデルにしたキャラクター

派生作品に登場する人物は、それぞれ主人公をモデルにした一人のキャラクターとして独立しているため、リンク先を参照し混同を避けることをお勧めする。

ポケットモンスターSPECIAL

詳細はホワイト(ポケスペ)を参照。

関連イラスト

トウコ
トウコ


【ポケモン】らくがき等
ジャ×3


さいきんのまとめ
勝負…する?



関連タグ

ポケモン ポケモンBW ポケモン女主人公
BW観覧車イベント 観覧車密室事件

友人・ライバル
トウヤ(トレーナー):同作の男主人公
チェレン ベル(トレーナー) N(トレーナー)
メイ(トレーナー):BW2の女主人公

カノコ組 イッシュ組

他の記事言語

Hilda (Trainer)

関連記事

親記事

ポケモン女主人公 ぽけもんおんなしゅじんこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トウコ(トレーナー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トウコ(トレーナー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117960256

コメント