ピクシブ百科事典

ダイヤストーム

だいやすとーむ

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する技
目次[非表示]

データ

初出第6世代
タイプいわ 
ぶんるい物理
いりょく100
めいちゅう95
PP5
直接×
範囲敵全体
効果50%の確率で防御が1段階上がる。攻撃を当てた敵1体につき1回判定が起こる。(第7世代では2段階上がる


概要

第6世代から存在する技。
ダイヤモンドの嵐を打ちつけて攻撃する、何ともうらやましい…もとい、強烈な攻撃技。
ほうせきポケモン・ディアンシーの専用技である。

いわタイプの物理ではトップクラスの威力100でありながら、命中率が95と技としてはストーンエッジの完全上位互換であり、非メガ進化でもホウオウを確1にできる。
またダブルでは全体攻撃なので、一応追加効果で差別化は出来ているもののいわなだれよりも高いダメージを狙う事ができる。

追加効果もなかなか優秀。
自身の防御力を上げる事がある技なのだが、この判定、実は「自身が技を使ったら」ではなく相手に攻撃を命中させられたら」起こるものである。
つまりダブル以上では対象が2体以上いるので一度に2段階上昇はザラ。下手すれば3段階上昇もありうるのである。

第7世代では上昇率が2段階にup、トリプルバトルが廃止されたが対単体でも十分に防御力を補えるようになり、メガ進化後の下がった防御をさらに回復しやすくなった。

但し何故か演出が
SE→ディアンシーの防御が上がった!→ディアンシーの防御(ry→ディ(ry
…とエフェクトが1度しか起きないのに何度も同じメッセージを見させられる
しかも第7世代では2段階上がるように強化された為、今度は「ディアンシーの防御がグーンと上がった!」を何度も見る事になる。

素の素早さが低いので「いわなだれ」のひるみに期待できないディアンシーはともかく、ひるみを狙えるほどの素早さを持つが防御面を落としてしまうメガディアンシーにとっても下がった防御の補強としては十分有用な技である。

…と、いわタイプの技としては文句を付けられない破格の性能を持っているのだ。
尤も、ディアンシーはそれ以外の物理技が貧弱で、特にじゃれつくを覚えないという別の欠陥を抱えているのだが…

関連タグ

ポケモン ポケモン技一覧
ディアンシー

pixivに投稿された作品 pixivで「ダイヤストーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 567

コメント